VWパサート仕上がりました。

フォルクスワーゲン パサート  福島市 K 様
ガラスコーティング
窓ガラス撥水加工 / ホイールコーティング
パサート00
パサート03
パサート04
パサート07
VWパサートが仕上がりました。
オーナー様は、こちらのパサートを2回ほど業者に出してコーティングされましたが
どうしてもご自分のイメージした仕上がりに到達せず、ご相談においでになりました。
塗装の状態を専用照明で、一緒にご覧いただきながらご説明致しますと
納得していただき、今回の施工となりました。
ドイツ車は、かなり前から水性塗料を使っていることもあり
塗装が国産車と比較して、硬いという特性があります。
これをキチンと仕上げるには、それ相応の知識と技術が必要となりますが
施工店の多くは、それらが不足しているように思えます。
いつも申しておりますが、ガラスコーティングのクオリティは下地調整の
技術に依存されます。
確かに高品質なコーティング剤は、絶対に必要です。
しかし、いくら良いコーティング剤を持っていたとしても土台となる塗装面の
下地作りがお粗末では、本物のツヤと輝きは得られません。
当店では、下地調整の重要性が良くお分かりいただける実物のサンプルを
ご用意いたしておりますので、
コーティングをお考えのオーナーの皆様、是非ご覧においで下さいませ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です