これがホントのギャラクシーブルーシリカ。スバル エクシーガのガラスコーティング。

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)

福島県石川郡 A様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県石川郡よりお越しのA様のスバル エクシーガが仕上がりました。

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)左全体

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)ボンネット右より

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)ボンネット上

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)左正面

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)リア右

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)右斜め前

こちらのエクシーガのA様は、弊社で施工いただきましたI様からのご紹介でご入庫くださいました。
A様は、車に精通したI様に全幅の信頼を寄せておられ、そのI様が「コーティングならラディアス」と太鼓判を押していたということに加え、弊社で施工されたI様の全てのお車を実際にご覧になり、仕上がりの美しさと汚れを寄せ付けないコーティング効果に納得されたことで「間違いない」とご自分のエクシーガをおまかせいただくこととなりました。

お車は、納車から1年半ほど経過していましたが、スバル特有の柔らかめの塗装ということもあり、スクラッチ傷や洗車傷が多めで猫のツメ跡も付いてしまっておりました。また、ルーフには水シミもできており、くすんで本来の状態にはありませんでした。

ここは腕の見せ所です。無闇に塗装を削るような荒い研磨ではなく、スバルの塗装の特性に最適なマシーンとコンパウンドを工程ごとに使い分け優しく磨き上げます。
下地処理において傷やクレーターを深追いして塗膜を減らしては意味がありません。深めの傷は傷の角を丸めてぼかし、洗車傷などの浅い傷は、さっぱりと除去します。下地処理の目的は塗装の持つ本来の美しさを最大限に引き出すことにあることを忘れてはいけません。
繊細かつ慎重に下地処理を進めますと、エクシーガは明らかに変わり、すでに美しい光沢をたたえています。

塗装本来の色つやを取り戻したエクシーガに「リボルト・プロ」の硬化型ガラス被膜を定着させますと、さらに陰影もはっきりし複雑な形状のボンネットなどは、まさにヌメヌメといった仕上がりとなりました。

お引き渡しの際、オーナー様には「頼んで良かった」と本当にお喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です