ゴルフGTI正面左

ホットハッチの原点、VWゴルフGTIのカーコーティング

フォルクスワーゲン ゴルフGTI (ピュアホワイト)

福島県郡山市 H 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

 

ラディアス郡山の渡辺淳一です。

フォルクスワーゲン ゴルフGTIの施工が完了しました。

ゴルフGTI左側面前方

ゴルフGTI右側面前方

ゴルフGTIボンネット

ゴルフGTI右フェンダー

ゴルフGTI左フェンダー

ゴルフGTI右側面

ゴルフGTI右側面後方

ゴルフGTI右クォーターパネル

ゴルフGTIフロントバンパー

ホットハッチといえばゴルフGTIです。ヨーロッパをはじめ日本でも人気が高いホットハッチですが、その歴史の始まりはゴルフGTIの誕生にあると思います。

お車は納車になってから間もないご入庫となりました。まず洗車をして高輝度照明の下で塗装面をチェックすると、どのパネルにもうっすらと小傷があり、万全といえる状態ではありませんでした。ボディカラーがホワイト系の新車は、このように小傷が多くついてしまっているケースがよくあります。どうしてもホワイト系は傷が目立たないためか、納車前の扱いが黒や濃色系などにくらべてやや粗くなる傾向があるようです。でも問題ありません。独自の下地処理技術によってこれらの小傷は難なく除去することができます。

最近のフォルクスワーゲンのソリッドカラーは、肌のきめが細かく、より緻密になっています。今回のゴルフGTIのピュアホワイトも、従来のキャンディホワイトと同じくこれといった癖がなく、こちらの研磨に素直に応えてくれる感覚がありました。ドイツ車らしい実直な塗装です。全てのパネルを磨き終えると、それまでの小傷はきれいになくなり、ソリッドカラーならではの混じり気のないスカッとした輝きが表れました。

ピュアホワイトの性質に合わせた下地処理で塗装面を整えた後は、全体にリボルト・プロ被膜を形成いたします。これによって透明感と膜厚感が加わり、特有のしっとりした艶が生まれます。石油系溶剤を一切含まない無機の完全硬化型ガラス被膜ですので、酸化劣化が起こりにくく、耐久性や防汚性においても一般的なガラスコーティングの性能を凌駕します。

これからはセオリーに沿った洗車を継続することで、この美しさを長期に渡って楽しんでいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

車のガラスコーティング ラディアス郡山


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です