アルファロメオ ジュリエッタ正面左

本来の鮮烈な輝きへ。アルファロメオ ジュリエッタのカーコーティング

 

このたびリボルトブランドへの統一に伴い、当店「ラディアス郡山」も「リボルト郡山」へとブランド変更となります。運営会社及びスタッフには変更ございませんので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

アルファロメオ ジュリエッタ ( アルファレッド )

福島県 福島市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アルファロメオ ジュリエッタの施工が完了しました。

アルファロメオ ジュリエッタ正面左

アルファロメオ ボンネット左

アルファロメオ ジュリエッタ正面右

アルファロメオ ジュリエッタボンネット

アルファロメオ ジュリエッタ右側面前方

アルファロメオ ジュリエッタ右フェンダー

アルファロメオ ジュリエッタ右側面

アルファロメオ ジュリエッタ右側面後方

アルファロメオ ジュリエッタ右クォーターパネル

アルファロメオ ジュリエッタフロントバンパー

こちらは2015年式のアルファロメオ ジュリエッタです。オーナー様はご購入から約1年が経過し、そろそろリフレッシュしてお乗りになりたいとのことでご用命いただきました。

ぱっと見るとコンディションは良さそうでしたが、専用の高輝度照明下で確認してみると、全体に小傷が多く、ボンネットやルーフにはバフ目やオーロラマークといった複数の磨いた痕跡が見つかりました。

特に磨いた痕跡は厄介で、屋外では分かりにくいいものの、太陽光などの光の当たり具合でふと気づくことがあります。新車時に他社コーティングを施工されていたジュリエッタでしたが、下地処理が万全ではなかったことが考えられます。

下地処理はガラスコーティングの仕上がりを決めてしまうといっても良いくらい大切な工程です。お店によっては今回のように磨いた痕跡を残したまま仕上げてしまうケースもありますが、当店ではこれを残さず、またすでに付いている場合も取り除いて、塗装そのものの美しさを存分に表現させます。

アルファレッドの性質に合ったポリッシャー、バフ、コンパウンドを組み合わせ、じっくりと研磨を進めていくと、それまでのバフ目、オーロラマークをはじめ、小傷もスッキリなくなり、本来の鮮烈な輝きに変わっていきます。全てのパネルが美しく仕上がったところで、最後にリボルト・プロ被膜の形成です。耐久性や防汚性に優れるだけでなく、紫外線軽減機能も備わっているこの低分子硬化型ガラス被膜により、ボディがしっかり保護されます。

お引渡しの際には、オーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です