トヨタ クラウンアスリート ボンネット

自己修復型塗装のお車にもぜひコーティングを!

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今回は自己修復型塗装のお車の施工についてです。

自己修復の特性を持つ塗装は、塗装の最表面のクリア層に柔軟性と弾力を持たせてあり、通常の塗装にくらべて日常使用で生じてしまう浅めの傷がつきにくくなっています。また、ついてしまってもある程度の浅めの傷なら、時間の経過とともに塗膜が変形し復元するという性質があります。

ただ、実際生じてしまった傷についてはイメージしているほど消えて元どおりにはならないというのが率直な感想です。今まで当店で施工させていただいた自己修復型の塗装のお車を振り返ってみても、ほぼ全て例外なく浅めの小傷は見られましたし、そこまで絶対的なものではないと思います。

本来の美しい状態を引き出し維持するためには、自己修復型の塗装だからといって過信せずに、小傷などを適切な下地処理によって除去し、コーティング被膜を定着させるのが必須です。

ここ数年、自己修復型の塗装は増えてきていますが、一般的に多く行われている従来型のコンパウンドや磨き方では、自己修復型塗装には適さなくなってきています。

そのため、自己修復型塗装の特性をしっかり踏まえた下地処理が求められます。

トヨタ クラウンアスリート ボンネット

トヨタ クラウンアスリート ルーフ

リボルトグループでは独自の下地処理技術の確立により、自己修復型の塗装であっても、その特性に合わせてコンパウンド、バフ、ポリッシャーを組み合わせ、塗装面をベストコンディションに整えコーティングいたします。

日産のスクラッチシールドやトヨタのセルフリストアリングコートなど、自己修復型の塗装(耐すり傷向上塗料)のお車もぜひお任せ下さいませ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です