レクサスCT200h仕上がりました

レクサス CT200h(ブラックオパールマイカ)
福島県郡山市 b様
ガラスコーティング
Newリボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工
福島県郡山市よりお越しのb様のレクサスCT200h Fスポーツが仕上がりました。
オーナーのb様は、3月の新車納車時にコーティングをされましたが、想像しておられた
ブラックオパールマイカの微妙な色合いが、充分に引き出されていないということに
ご不満をお持ちで、当店の下地処理で本来のカラーを引き出すことができるのでは?
とご相談にお見えになりました。
お車を拝見致しますと、新車ではあるものの全体がくすんでおり、色合いもごく普通の
ブラックメタリックといった感じで、レクサスの塗装のクオリティの高さがあまり感じ
られませんでした。
レクサスの塗装は、ご存知のように非常にクオリティが高く、申し分ありません。
正しい下地処理できちんと本来の姿を引き出すことができたなら、コーテイング前の
下地処理を終えた段階で、すでに透明な被膜をまとったかのような美しさとなるはず
です。
ラディアス独自の下地処理技術である「Revolt adjust system」
(リボルト アジャスト システム)は、輸入車でも国産車でも、メーカーや車種に
よって異なる塗装の特性に合わせた施工を行っており、最小限の研磨で最大限に
塗装の美しさを引き出します。
今回のCT200hの施工においても、新車のブラックオパールマイカに合わせた
コンパウンド、ポリッシャー、バフの最適な選択と最小限の研磨で、しっかりと
本来の美しさを引き出しております。
お引き渡しの際、愛車をご覧になったオーナー様は「パールがきいて、特有の
紫色がでてますね」と大変お喜びになりました。
目の肥えたオーナー様にご満足いただくことができて、私もうれしい限りです。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
110605CT200h01.jpg
110605CT200h02.jpg
110605CT200h03.jpg
110605CT200h08.jpg
110605CT200h10.jpg
110605CT200h06.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です