マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット1

伝統のスポーツサルーン。マセラティ クアトロポルテのカーコーティング

マセラティ クアトロポルテ GTS (ネロリベーレ)

福島県 郡山市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット1

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット2

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット4

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ グリル

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ヘッドライト

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ リアバンパー1

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ リアバンパー2

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ リアバンパー3

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ テールレンズ

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット3

リボルト郡山の渡辺淳一です。

イタリアのスーパースポーツカーブランドとして、フェラーリやランボルギーニと肩を並べるマセラティ。クアトロポルテはそのマセラティから1960年代に誕生し、半世紀に渡り歴史を積み重ねてきたいわば同社を代表する存在と言えます。マセラティならではの美しく気品あるデザインはもちろんのこと、フェラーリと同じイタリア北部にあるマラネロ工場で製造されているエンジンにも惹かれます。ご入庫いただいた際、こちらのクアトロポルテ GTSが奏でていたV8の排気音は、官能的で刺激にあふれていました。

さて、お車は2014年式で新車から約3年が経過しています。コンディションをチェックしてみると、年数経過なりの微細な汚れの蓄積や細かい傷などが全体に見られ、これらの影響のためボディはくすんでいました。クアトロポルテの優美なフォルムを存分に味わっていただくために、まずは下地処理で塗装面を万全に整えていきます。

今回のクアトロポルテ GTSのネロリベーレ、緻密で適度に硬さのある塗装です。かつてのイタリア車の塗装は、カラーによっては癖や磨きにくい感じがありましたが、クアトロポルテの場合は5代目の頃からそういった傾向は徐々に見られなくなり、近年はドイツ車の塗装に近い質感になってきているように感じます。ネロリベーレの持ち味を最大限に表現させるために最も相性の良い技法で下地処理を施すと、今まのくすみが消え去りクリアで深みのある塗装面に変わりました。美観を損ねていた細かい傷なども除去されたことで、メタリックの存在感も増して輝きに奥行きが生まれます。

下地処理を経て美しく仕上げられたボディには、低分子・ガラス濃度100%の硬化型被膜であるベースコートと、紫外線軽減効果(UVカット機能)のあるトップコートを形成させ、2層式ガラスコーティングの「リボルト・プロ」でこの状態をしっかり保護いたします。また、これにより膜厚感が加わりますので、お車の艶と輝きがさらに引き立ちます。
お引き渡しの際には、ご入庫時を遥かに凌ぐ美しさとなったクアトロポルテ GTSに、オーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です