梅雨の時期でも洗車は欠かせません

リボルト郡山の渡辺淳一です。

福島県内も梅雨の真っ只中、すっきりしない天気が続いていますね。

お車をきれいに維持していくためには、ご存知の通り定期的な洗車は欠かせませんが、この時期、洗ってもまたすぐに雨が降って汚れるからといって、洗わずにしばらく放置してはいませんか?

170703梅雨時期1

170703梅雨時期2

汚れたまま放置してしまうと、その間に塗装面はほぼ例外なくダメージを受けてしまいます。

雨には窒素酸化物や硫黄酸化物をはじめとした酸性物質も少なからず含まれておりますので、これは車の塗装にとっても当然良くありません。

雨が降ってボディが濡れる

雨が止んでボディ上の水分が蒸発する

水分は蒸発しても、酸性物質はそのままボディ上に残留してしまう。

雨が降ったり止んだりの今の時期、洗車しないでそのまま放置していると上記の流れを繰り返し、ボディ上には酸性物質がどんどん蓄積してきます。その結果、塗装面は酸性物質の影響を受けやすくなってしまい、表面を溶かし始め、それにより徐々にシミが発生してきます。これが進行してしまうと酸性クレーターという深いシミとなり、そうなると研磨しても完全に除去できなくなることもあります。

後々のお車の美観のためにも、またすぐ汚れるからといって洗わないのではなく、梅雨の時期であってもこまめな洗車を心がけていただければと思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です