フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)のカーコーティング

フィアット 500 マジェンタ(マゼンタレッド)

福島県 I様

ボディーがラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県よりお越しのI様のフィアット500マジェンタが仕上がりました。

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)ボンネット左上

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)左前方

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)正面

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)ボンネット右

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)左クォーター

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)右上全体

眺めて乗って、とにかく楽しいチンクエチェントですが、こちらは100台限定のモデルで、カラーは鮮やかなマゼンタレッドです。
エンジンは、直列2気筒 マルチエア インタークーラーターボで、オーナー様によると「エンジンが活発で、バイクに乗っているみたいに楽しい」そうです。
小さくて軽く効率の良いこのエンジンは、確かにチンクエチェントにうってつけだと思います。これならチンクの魅力的な走りを存分に味わうことができるのではないでしょうか。

個性たっぷりのチンクエチェント マジェンタ。ラディアスのリボルト・プロで、さらに魅力的に仕上げさせていただきます。

早速、高輝度専用照明下でチェックさせていただきますと、仕方のないことですが、やはり塗装はボケボケです。
ガラス被膜を形成させる前の下地処理の段階で、この「塗装のボケ」をどれだけクッキリさせることができるかが、美しく仕上がるかどうかの鍵を握ります。

チンクエチェントも大変ご入庫の多いお車で、多くの台数を施工させていただいておりますが、お車の状態は一台一台違います。
ベストな下地処理を行うためには、データや経験を生かしながらも、あくまで個体に合わせた下地処理を行うことが重要です。
こちらのマゼンタレッドは、従来のチンクエチェントの塗装と同じ傾向ではありましたが、細かい部分の特性は微妙に違っておりましたので、今回は、面圧の調整で研磨がコントロールしやすいコンパウンドとバフをチョイスし、塗膜を減らすことのない優しい研磨でありながらも、きつめのボケをしっかり解消できる下地処理を行いました。

塗装の特性にマッチした技法によって下地処理を終えたあと、無溶剤、濃度100%の低分子タイプの硬化型ガラス被膜リボルト・プロを定着させますと、マゼンタレッド本来の色が姿を現し、クッキリ鮮やかで艶やかな仕上がりとなりました。
オーナー様、これが本来の「マゼンタレッド」です。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です