進化し続ける車、三菱 ランサーエボリューションXのカーコーティング。

ランサーエボリューションX (ホワイトパール)

福島県田村市 E様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県田村市よりお越しのE様の三菱 ランサーエボリューションXが仕上がりました。

三菱 ランサーエボリューションX 正面

三菱 ランサーエボリューションX 左前方

三菱 ランサーエボリューションX ボンネット正面

三菱 ランサーエボリューションX ボンネット右

三菱 ランサーエボリューションX リア

三菱 ランサーエボリューションX 右サイド後方

オーナーのE様は、ご購入にあたりスバル WRX STIとどちらにするか、かなり迷われたそうですが、「ツインクラッチSST」が決め手となってランエボお選びになったそうです。
どちらも日本を代表するスポーツモデル、悩ましくも楽しい時間は、車好きなら何度でも味わってみたいものですね。うらやましい限りです。

さて、お車の状態ですが、納車まで丁寧に扱われていた様子で、シミや傷などは比較的少なめでした。
しかしながら、三菱の塗装にありがちな塗装の「モッサリ感」が強くでており、本来の輝きからは程遠い状態にありました。

でも心配ご無用です。この三菱の新車の塗装の「モッサリ」を「くっきり透明」に仕上げることは、ラディアスの得意とするところです。
新車の塗装の「ホーロー層」といわれる硬く強い表面の層を意識しながら、塗装の肌のうねりの凹凸も優しくもしっかりと磨き上げ、塗装本来の色艶を引き出して行きます。

専門ショップ中にも「新車のホワイトは磨かなくていい」などと言っている所もあるようですが、これはまったくの間違いで、正しい下地処理を行えばホワイトの新車もはっきりと変わります。
新車に対する正しい下地処理を理解していない、あるいはできない施工店に限って、そう言っている所が多いようです。確かに、新車の塗装に対して「削る」研磨しかできないのであれば、下地処理は行わない方が良いかも知れません。

正しい下地処理を行ってから硬化型ガラス被膜のリボルト・プロで被膜を形成して仕上がったE様の愛するランエボXは、クッキリとしたプレスラインと量感豊かな曲面が相まってポテンシャルにふさわしい迫力たっぷりの仕上がりとなりました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です