美しさの鍵を握るのは下地処理。アウディQ7のカーコーティング

アウディ Q7 ( オルカブラックメタリック )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アウディ Q7 オルカブラックメタリック フロントバンパー1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック フロントバンパー2

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ヘッドライト

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ボンネット1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ホイール1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ホイール2

アウディ Q7 オルカブラックメタリック 右ドア

アウディ Q7 オルカブラックメタリック リアバンパー

アウディ Q7 オルカブラックメタリック エンブレム

アウディ Q7 オルカブラックメタリック グリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アウディ Q7のご入庫です。オーナー様は今回のQ7のご購入前に、同クラスのBMWやメルセデスベンツ、レクサスのSUVを何度も比較試乗されていましたが、そんな時、初めて試乗したQ7に今までにない大きなインパクトを受けられ、すぐに購入をお決めになったそうです。

さて、お車ですが、全体に洗車傷レベルのうっすらした小傷が多く見られ、予想していたよりもダメージが見られました。ご入庫いただいた際に、当店の高輝度専用照明下でオーナー様と状態を確認いたしましたが、「新車でもこんなに傷があるものなんですね。」とおっしゃっておりました。最良の美しさでお乗りいただけるように、まずは下地処理によってこの状態を改善し、オルカブラックメタリックが持っている輝きを存分に引き出していきます。

硬いと言われるドイツの自動車メーカーの塗装ですが、その中でも硬さにはいくぶん差があります。個体差もありますが、メルセデスベンツの塗装の硬さを10とすると、ポルシェ、アウディ、フォルクスワーゲンの塗装の硬さはだいたい7といったところでしょうか。また、どのメーカーにも言えることですが、塗装の質感には多少なりとも常に変化があり、同じカラーであっても数年前と今ではその性質はガラッと変わっているという場合もあります。そのためコーティング専門店としては、日々変わりゆく各メーカーの様々な塗装の性質に対応し、どんなカラーであってもそのものの良さ、持ち味を最大限に引き出すことができるように、下地処理の技法を常に研究し続けるということが必要不可欠になります。

Q7のオルカブラックメタリックの質感は、従来のオルカブラックパールエフェクトやファントムブラックパールエフェクトとほぼ同じ傾向がありました。性質に大きな変化は見られなかったため、今までこれらの塗装に用いてきた技法を踏襲しつつ、最新のポリッシャーとバフ、コンパウンドを組み合わせ、より最適化された下地処理でボディ上の小傷を除去いたしました。

全ての塗装面を美しく整えた後は、リボルト独自開発の2層プロテクションガラスコーティング「リボルト・プロ」の形成に入ります。低分子・ガラス濃度100%の硬化型被膜であるベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートによって、お車に優れた保護性能が付加されると共に、膜厚感のあるしっとりした艶が生まれます。

当店こだわりの施工によって最上級の美しさとなったQ7に、オーナー様にもお喜びいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


スペシャルカラーのマイアミブルー。ポルシェ911ターボSのカーコーティング

ポルシェ 911 ターボS ( マイアミブルー )

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ボンネット1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ボンネット2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ヘッドライト1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ヘッドライト2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー フロントバンパー1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー リアバンパー1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー エンジンフード

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー リアバンパー2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー テールレンズ

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー フロントバンパー3

リボルト郡山の渡辺淳一です。

ポルシェ 911の最高峰、ターボSのご用命です。ご入庫いただきマイアミブルーを纏ったその姿を実際に目の前にしますと、これがイメージしていた以上によく似合っていました。       こういったカラーが映えるのもポルシェ 911だからこそなのでしょう。ただでさえ視線を集めること間違いなしの911 ターボSにマイアミブルー。あまりに目立つ色のためか、オーナー様はディーラーの担当者の方から「本当にこの色でいいんですか?」と何度も確認されたそうです。

さて、お車は納車されてから少し期間が経過してのお預かりとなりましたが、状態を見て気になったのは全体的に多く付いていた細かい傷です。マイアミブルーはソリッドなだけに、たとえ浅めの小傷でもメタリックカラーに比べてどうしても目立ちやすいところがあります。よく黒や濃色系は傷が目立つと言われますが、こちらのような明るめの青や、赤などのソリッドカラーにも同じことが言えます。よって今回のターボSを本来あるべき美しさへと導くためには、塗装面に存在する無数の細かい傷をしっかり取り除くことが鍵となります。

その鍵を握るのは下地処理。この工程が仕上がりのクオリティに直結します。特に911伝統の丸みを帯びたフォルムは、ポリッシャーの当て方ひとつとっても多くの繊細な調整が求められますので、技術の差が如実に表れます。そういった意味で911をはじめポルシェの施工実績も豊富な当店は、経験に裏打ちされた下地処理による確かなクオリティをご提供させていただくことが可能です。

マイアミブルーは、ポルシェの塗装の中でも少し柔らかめのきめ細かい肌でしたので、通常の硬めのドイツ車の塗装を研磨するのとはまた違う技法を用いました。ポリッシャーの角度、面圧、回転数、動かすスピードを、パネルの形状に合わせてそれぞれ最適となるよう調整しながら、全ての塗装面を丁寧に研磨していきます。

下地処理を経て小傷が除去されると、それまでとはまるで違うまばゆくひときわ鮮やかな輝きに変わりました。塗装面を一点の曇りもなく美しく仕上げたことにより、躍動感のあるボディが一段と強調されます。その上で全体に「リボルト・プロ」被膜を定着させると、この状態が保護されると共に艶と輝きにさらなる厚みがもたらされます。

至高のハイパフォーマンスモデルに相応しいこの上ない美しさとなったポルシェ 911 ターボS。これからはセオリーに沿った定期的な洗車によって、付着した汚れもみるみる落ちていきます。きっとお手入れをするたびに、ますますお車への愛着が湧いてくることと思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


視線を奪う優雅なフォルム。BMW 640iグランクーペのカーコーティング

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ( ブラックサファイア )

福島市よりお越しのお客様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア フロントバンパー1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ボンネット1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ホイール1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ボンネット2

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ヘッドライト1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ヘッドライト2

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア キドニーグリル1BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア トランク

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア テールレンズ

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア キドニーグリル2

リボルト郡山の渡辺淳一です。

伸びやかで優雅なフォルムが印象的な640iグランクーペ。BMWをこよなく愛するオーナー様は、他にも複数のBMWを所有されていらっしゃいます。このたび、その中の一台である5シリーズセダンからのお乗り換えとなりました。愛車のBMW、いつもご用命いただきましてありがとうございます。

ディーラーの展示車であったこちらの640iグランクーペ、コンディションとしては水シミは比較的少ないものの、洗車傷レベルの細かい傷は多く、色がブラックサファイアということもあっていくぶん目立っていました。

これらを除去し、ボディカラー本来の艶、輝きをしっかり表現させるのが下地処理です。ごまかしのきかないガラスコーティングは、この下地処理の技術が最終的な仕上がりに直結しますので、ハイクオリティな仕上がりとなるかはこの工程で決まると言っても過言ではありません。リボルトでは、あらゆる塗装の性質を網羅した独自の高度な下地処理技術(Revolt adjust system)を確立しておりますので、どんなカラーでもその持ち味、美しさを最大限に引き出すことが可能です。

BMWの塗装はどの車種も共通して硬めですが、肌の質感はそれぞれ微妙に異なります。1~4シリーズやXシリーズなどと比べると、6、7シリーズの肌はよりきめが細かい傾向があります。今回の640iグランクーペのブラックサファイアもまさにそうで、硬さときめ細やかさが相まったBMWの中でも一段と上質な塗装でした。

この性質に合う技法を用いて丁寧に下地処理を施したことで、水シミや細かい傷は一掃され、ブラックサファイアに今までにない透明感と深みが生まれました。メタリックもより鮮明に表れ、このカラーの持ち味を十分に引き出したら、この状態を保護すべく「リボルト・プロ」被膜をコーティングいたします。これによって膜厚感のあるしっとりした艶が増し加わり、美しく整ったお車がさらに引き立ちます。

今後はいつも通りのセオリーに沿った洗車を継続することにより、今回の640iグランクーペも長い期間に渡ってこの艶、輝きをお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


「世界を魅了するプレミアムSUV」レンジローバー イヴォークのカーコーティング

レンジローバー イヴォーク ( ユーロンホワイト )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト フロントバンパー1

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト フロントバンパー2

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト ホイール1

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト ボンネット1

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト ボンネット2

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト ヘッドライト

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト ボンネット3

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト 右ドア

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト リアバンパー

レンジローバー イヴォーク ユーロンホワイト ヘッドライト2

リボルト郡山の渡辺淳一です。

ランドローバーの高級SUVシリーズを担うレンジローバー。近年はランドローバーからひとつのブランドとして格上げになっているようです。イヴォークはそのレンジローバーから2012年に販売が開始されましたが、レンジローバーとしての優れた走破性を備えているのはもちろん、その美しくスタイリッシュな姿は世界中で高く評価され、その年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー・デザイン賞の栄誉に輝いています。

そんな素晴らしいデザインのイヴォーク、当店で最も多くご用命いただいております最上級コースの「リボルト・プロ」によって、美しさをさらに引き立たせいっそう魅力的な一台に仕上げていきます。

ボディカラーのユーロンホワイトは、お車に柔らかで上品な印象を与え、イヴォークにピッタリの色です。コンディションは所々に微細な傷や軽度の水シミがある程度で、まずまず良好でした。ただ、塗装の曇りは少ないながらも全体的に見られ、若干のクスミがありましたのでまだまだ改善の余地はあります。

塗装面を限りなく美しい状態に整えるリボルトの下地処理は、ただやみくもに磨きまくるというわけではありません。あくまで塗膜にかかる負荷は可能な限り抑え、質感を大切にしながら進めていきます。かつての肌をなくして平らにする鏡面仕上げは、塗装が薄くペラッペラになってしまいますし、塗装自体の強度も低下してしまいます。また、肌を変えてしまっては本来の輝きを引き出すどころか、それとはほど遠い何とも異様な艶になってしまいます。

塗装そのものが持っている美しさを存分に表現させるためには、その塗装の性質に合わせた技法を用いるのはもちろんのこと、肌、質感を変えないことが絶対条件です。こちらのイヴォークも、ユーロンホワイトの性質を捉えた 下地 処理によって、質感を保ったまま本来の輝きをしっかり引き出しております。

きめ細やかなメタリックが今までになくクッキリと表れ、全体が煌びやかな輝きに包まれた後は、リボルトの独自開発である2層式ガラスコーティング、「リボルト・プロ」被膜をコーティングいたします。まず1層目に形成させるのは、低分子・完全硬化型ガラス濃度100%のベースコートです。低分子であるがゆえ塗装表面の繊細な凹凸にまで隅々行き渡り強固に定着します。そして、その上に形成させる2層目のトップコートには紫外線軽減効果があり、紫外線からもお車を守ります。

全ての工程を終えたレンジローバー イヴォークは、美しいボディラインに最高の艶、輝きが加わり、仕上がりをご覧になられたオーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


白さが違います。ポルシェ マカンSのガラスコーティング

ポルシェ マカンS ( ホワイト )でご用命のN様

ガラスコーティング リボルト・プロ
ホイールコーティング

 

ポルシェ マカンS ホワイト フロントバンパー1

ポルシェ マカンS ホワイト ボンネット1

ポルシェ マカンS ホワイト フロントバンパー2

ポルシェ マカンS ホワイト ボンネット2

ポルシェ マカンS ホワイト ホイール1

ポルシェ マカンS ホワイト ホイール2

ポルシェ マカンS ホワイト 右ドア

ポルシェ マカンS ホワイト マフラー

ポルシェ マカンS ホワイト 左ドア

ポルシェ マカンS ホワイト ヘッドライト

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今、世界的に人気のコンパクトSUV。当店でもレンジローバー イヴォークやBMW X1、レクサス NXなど、コンパクトSUVはたくさん施工させていただいておりますが、最近はマカンのご用命も増えてきています。普段の街乗りにおける実用性を備えつつも、ポルシェならではのスポーティで高次元な走りが約束されていますから、ポルシェファンはもちろんクルマ好きなら誰もが惹きつけられると思います。

こちらのマカンSのオーナー様には、以前にもメルセデスベンツEクラス ステーションワゴンの施工をお任せいただいており、このたび2台目のご用命となりました。いつも遠方よりお越しいただきましてありがとうございます。約300キロのロングドライブ、マカンなら楽々ですね。

お車は納車されてから間もないお預かりとなりましたが、一部に塗装を修正した時に付いたと考えられる磨かれた痕跡があるものの、小傷や水シミは非常に少なく、輸入車の新車の中では比較的良好といえる状態です。パッと見るともちろんきれいと思えるレベルにありましたが、ここからリボルト独自の下地処理(Revolt adjust system)によって、塗装そのものが持つ美しさをもっと余すところなく表現させ、一般的な新車とは一線を画するクオリティへと引き上げます。

今回のマカンのホワイト、質感はやや硬質で肌のきめも細かく、ドイツ車らしい実直な塗装といった印象です。下地処理を進めていくと、こちらの研磨に素直に応えてくれる感覚がありました。肌をより滑らかに整え、ホワイトの良さ、持ち味を表現させていきます。そして磨かれた痕跡もしっかり取り除き美しく仕上げたボディには、低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートによる2層式の「リボルト・プロ」被膜を形成させ、お車を保護いたします。

仕上がりましたマカンは、下地処理によって余すところなく引き出されたソリッドのホワイト特有の眩い輝きに、「リボルト・プロ」の膜厚感あるしっとりした艶が加わり、ご入庫の際とは白さが違う別格の美しさとなりました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


カーコーティング・プロショップ/リボルト郡山のオフィシャルブログ