トヨタ プリウス仕上がりました

トヨタ プリウス(ホワイトパールクリスタルシャイン)
福島県いわき市 F様
ガラスコーティング
リボルト
福島県いわき市よりお越しのF様のトヨタ プリウスが仕上がりました。
圧倒的な支持を受け記録的な販売台数を誇るプリウスですが、速くも2012年には
プリウスのプラグインハイブリッドが販売されるというニュースを見ました。
EVとHVのいいとこ取りで、EVの走行可能距離の問題をHVと組み合わせることによって
しっかりカバーできるということで、これまた売れるのは間違いないところですね。
プリウスの人気は、エコだけではなくデザインや走行性能の良さも見逃すことは
できないのではないでしょうか。
実際、プリウスのオーナー様にお話を伺うと燃費の良さはもちろんですが、スタイルや
走行性能の良さも必ずといっていいほど話題に上ります。
今回はプリウスのそのすぐれたデザインに文字通り磨きをかけて、新車以上の新車に仕上げ
させていただきました。
もちろん日常のお手入れは、洗車のセオリーにしたがった洗車で簡単スピーディに
済ませることができます。
ワックスやポリマーなどとはひと味違う本物の美しさをお楽しみ下さいませ。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
101223PRIUS00.jpg
101223PRIUS01.jpg
101223PRIUS07.jpg
101223PRIUS08.jpg
101223PRIUS09.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山


トヨタ ヴァンガード仕上がりました

トヨタ ヴァンガード(ブラック)
福島県西白河郡 K様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
福島県西白河郡よりお越しのK様のトヨタ ヴァンガードが仕上がりました。
トヨタ車の中でも圧倒的人気を誇るカラーのブラック(202)ですが、塗装のレベルはきわめて高いものの
汚れや傷が目立ちやすく、お手入れが大変という弱点もあります。
知り合いのカーディーラー関係者でさえ「黒は新車の納車前はかなり気を使うし、できれば触りたくない」
と言っておりました。
このようにデリケートなブラックですから、新車時に質の高いコーティングをして塗装を保護しておくことは
とても大事なことだと思います。
新車といいましても、工場のラインで修正されて修正痕が残っままの場合も数多くありますし、屋外の
モータープールに長期間寝かされて汚れやシミが固着してしまっていたり、雑な洗車を繰り返されたりして
「これでも新車?」というほど状態が良くないものもあります。
せっかくの新車ですから、このような不具合をしっかり直した上で最高のコーティングをしてベストの状態で
乗り出したいですよね。
そのためには、きちんと塗装面の状態を把握した上で、新車の塗装を極力減らすことなく最大限に美しく仕上
げる下地処理が必要となるのは言うまでもありません。
ラディアス郡山では、高輝度専用照明によって塗装面の状態を的確に判断し、専門ショップならではの
下地処理技術とガラス被膜形成技術を駆使し、最高のクオリティをご提供することが可能です。
こちらのヴァンガードも、納車時よりも格段に美しい仕上がりでお引き渡しすることができ、オーナー様には
大変お喜びいただくことができました。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
101219VANGUARD01.jpg
101219VANGUARD02.jpg
101219VANGUARD03.jpg
101219VANGUARD06.jpg
101219VANGUARD08.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山


アバルト 500仕上がりました

アバルト 500(グリジオカンポボーロ)
宮城県仙台市 A様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
宮城県仙台市よりお越しのA様の アバルト 500 が仕上がりました。
「サソリの毒」が入ったアバルト チンクエチェント。
本当に走らせてみたくなりますね。サソリの毒にはどんな刺激があるのでしょうか?
こちらのアバルトは、外観は非常に控えめでカラーも独特のソリッドのグレーということで
いかにもという感じではなく、いわばおとなのアバルトですね。
オーナー様のセンスが感じられます。
ご入庫された時点では、新車特有のボケがきつくモッサリとした感じで、ツヤがあまり感じられません
でしたが、下地処理できちんと曇りをとり本当のカラーを引き出すことができたら、仕上がりのクオリティは
格段にアップ致します。
ラディアスグループは全国に8店舗あるグループメリットを生かし、気候、メーカー、塗装などの
などあらゆる情報が集まってきますので、1台1台それぞれ異なる塗装の特性や状態にもリアルタイムで
施工に対応することが可能です。
こちらのイタリア車のグレーのソリッドという、ややクセのある塗装も下地処理からコーティング被膜の
形成までベストな方法で進めて、塗装本来の透明感あふれるツヤを最大限に引き出すことができました。
この度は仙台市よりのご用命、誠にありがとうございました。
101216ABARTH00.jpg
101216ABARTH04.jpg
101216ABARTH07.jpg
101216ABARTH06.jpg
101216ABARTH03.jpg
101216ABARTH02.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山


BMW325i ブラックサファイア仕上がりました

BMW325i(ブラックサファイア)
福島県郡山市 W様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング

福島県郡山市よりお越しのW様のBMW325iが仕上がりました。

BMW3シリーズは、世界中のスポーツセダンの指標的な存在であり続けていて、シルキーシックスと称される直列6気筒エンジンやFR50:50の重量配分などの伝統に加え、たくさんの新しい技術も搭載されて効率も相当に追求されていますね。

「伝統と革新」を融合し、アイデンティティーを継承しながら進化し続けることで、ブランドの価値を一段と高めていく姿勢は、ドイツのメーカーの凄いところだといつも思います。

さて、お車は新車のブラックサファイアでございますが、輸入車の宿命と申しますか、たくさんの小傷、スクラッチがついておりました。

納車時は油脂分の強いワックスなどによって、あまり目立つことはないのですが、下地処理前の最初の洗車で、それらを完全に落として確認致しますと次々と出てきてしまいました。

しかし、専用の高輝度照明下でそれらを見逃すことなくしっかりと処理してから、最適な下地処理で仕上げていきますと、曇りのない深みのある塗装面となり、ブラックサファイア本来のプレミアムな美しさを引き出すことができました。

コーティング被膜には、完全硬化型のガラス被膜のベースコートとガラス樹脂被膜のトップコートで2層に保護被膜を形成し、塗装面をしっかりとガード致しております。

オーナー様にお引き渡しの際は、大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

101213BMW325i01.jpg
101213BMW325i02.jpg
101213BMW325i10.jpg
101213BMW325i03.jpg
101213BMW325i07.jpg
101213BMW325i05.jpg

車のガラスコーティング ラディアス郡山


ニッサン ジューク仕上がりました

日産 ジューク 16GT FOUR(ラディアントレッド)
ガラスコーティング
リボルト・ライト(新車コース)
窓ガラス撥水加工
福島県石川郡よりお越しのF様の日産 ジュークが仕上がりました。
日産の新しいジャンルのコンパクトスポーツクロスオーバー、ジュークは発売以来
メーカーの販売目標を大きく上回る販売が続いているようです。
こちらの16GT FOURもオーナー様が、だいぶ前から予約を入れられておりましたが
今月ようやく納車となりました。
中でも満を持して発売となった16GT FOURは、よりジュークの魅力が堪能できる
モデルで、走りを楽しまれるオーナー様にはピッタリですね!
リボルト・ライトは、下地処理を行わない新車限定のリーズナブルなコーティングコース
であるものの、コーティング被膜は、ケイ素を主成分とした完全無機のガラス樹脂の
被膜を形成させるため、一般的な石油系溶剤のコーティングと比較して数段上の被膜性能を
持ち合わせております。
ジュークの個性がいっそう際立つ仕上がりとなったラディアントレッド、存分にお楽しみ下さいませ。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
101212JUKE07_20101213084058.jpg
101212JUKE03.jpg
101212JUKE04.jpg
101212JUKE06.jpg
101212JUKE01.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山