トヨタ FJクルーザーのコーティング。ソリッドのベージュが個性的に輝きます。

トヨタ FJクルーザー(ベージュ)

宮城県白石市 K様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

宮城県白石市よりお越しのK様の トヨタ FJクルーザー が仕上がりました。

トヨタ FJクルーザー 左上

トヨタ FJクルーザー 右前方より

トヨタ FJクルーザー 左ヘッドライト周辺アップ

トヨタ FJクルーザー 左クォーター

トヨタ FJクルーザー ルーフ

トヨタ FJクルーザー 左サイド

こちらのFJクルーザー、東京オートサロンの「TEAM FJ」のブースに出店されたオリジナル制作のものにオーナー様がさらにこだわりのチューンアップを施されて仕上がった特別なお車です。
FRPトップ風に塗られたクォーターパネルからリアドア上部などは、ランクル70あるいは40といった雰囲気を醸し出していて、かつてのランクルの匂いがぷんぷんです。これはたまりませんね。

ご入庫いただいた時点では、オーナー様がおっしゃっていたように、曇りとボケが強く、あまりパッとしない印象でした。
各パーツが塗装を施されていますので、ある程度予測をしてはいましたが、触ってみますと塗装の際のミストが降りかかってざらざらで、磨き傷とスクラッチ傷も多く見うけられる状態でした。

まずは隅々までしっかりと洗車してから、塗装ミストの除去にとりかかります。すべて手作業ですので、なかなか時間と根気のいる作業となりましたが、完璧に除去しすることができました。

下地処理では、磨き傷とスクラッチ傷を見逃すことなく処理しながら、くもりを取って塗装本来の美しさを引き出さねばなりません。
一般的に行われている従来の下地処理では、こういった状態のボディを仕上げるには、かなりの工程を経なければなりませんが、ラディアスで行っている最新の下地処理においては、最小限の研磨で、「塗装肌のうねりの凹凸」もしっかりと均一に仕上げることができますので、塗装に負担をかけることなく質感もそのままに美しく仕上げることができます。

美しく仕上がったボディーには、無溶剤、濃度100%の硬化型ガラス被膜の「リボルト・プロ」を定着させてしっかりと保護させていただきました。

ソリッドのベージュにホワイトという一見地味なカラーですが、仕上がってみますと、ヘビーデューティーでありながら上品なセンスに溢れていて、かなり個性的ですね。

お引き渡しの際、オーナー様には「全然違う!」と大変お喜びいただくことができました。
この度は宮城県よりご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


メルセデスベンツ SLK230(ブリリアントシルバー)R170 のボディガラスコーティング

メルセデスベンツ SLK230(ブリリアントシルバー)

福島県郡山市 A様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しの、A様の メルセデスベンツ SLK230 (R170) が仕上がりました。

メルセデスベンツSLK230(R170)ボンネット右上

メルセデスベンツSLK230(R170)ボンネット左斜め前

メルセデスベンツSLK230(R170)左クォーターより

メルセデスベンツSLK230(R170)トランク

メルセデスベンツSLK230(R170)右正面

メルセデスベンツSLK230(R170)左サイド

オーナーのA様は、今までたくさんのベンツやBMWを乗り継いでこられましたが、どうしてもR170のSLKにお乗りになりたくて、全国を探しに探し、やっとの思いで極上のR170SLKを手に入れられました。
よほどの悪天候でない限り、常にオープンで走行されておりSLKの魅力を存分に楽しまれていらっしゃるようです。

洗車も大好きなオーナー様ですが、シンプルなお手入れで艶と輝きが維持できることを望まれており、この度のコーティング施工となりました。
極上のSLKとはいえ約8年しておりますので、厳しい目で見させていただきますと、それなりの洗車傷と酸化劣化のためブリリアントシルバーが、やや黄色みを帯びておりました。

このような塗装の状態のメルセデスを美しく仕上げるのは、ラディアスの得意とするところです。
ここでは、独自の「欧州車シルバーカラー専用下地処理」によって高度な下地処理を行っておりますが、一般的なポリッシャーとコンパウンドを使用した、塗装を「削る、減らす」技法では決して成しえない「塗装の質感を変えることなく本来の美しさを引き出す」ことに成功しています。
下地処理を終たSLKは、ボディの黄色みもすっかりとれて若々しくなり、この段階ですでにしっとりとした艶を湛えるまでに生まれ変わりました。

すっかり変貌を遂げたボディーには、耐久性、膜厚、艶などバージョンアップで大幅に進化した、低分子硬化型ガラス被膜の「New リボルト・プロ」でしっかりと保護被膜を定着させております。
ホイールも窓ガラスもコーティングさせていただきましたので、美しさはもちろんですが、日頃のお手入れも驚くほど簡単になります。

お引き渡しの際、オーナー様は「乗るのがもったいないくらいだ」と大変お喜びになりました。走ることが大好きなオーナー様にそう言っていただくことができて、私も本当にうれしく思います。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


BMW 335iクーペ(E92) 特有の質感を変えることなく新車以上の新車へ

BMW 335iクーペ(E92)ブラックサファイア

福島県伊達市 I様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県伊達市よりお越しのI様の、BMW 335Iクーペ(E92)が仕上がりました。

BMW335iクーペ(ブラックサファイア)右上方

BMW335iクーペ(ブラックサファイア)ボンネット右

BMW335iクーペ(ブラックサファイア)左クォーター

BMW335iクーペ(ブラックサファイア)ホイール

BMW335iクーペ(ブラックサファイア)正面

BMW335iクーペ(ブラックサファイア)左前方

保護フィルムが貼られたままの状態で、ディーラーから車載車にてご入庫いただきましたが、保護フィルムを剥がしてみますと、ボンネットには塗装の不具合を直した際のバフ傷とオーロラマークが、グリングリンとついておりました。

輸入車の宿命とはいえ、新車がこの状態ではちょっと悲しくなります。
一般的には、バフ傷やオーロラマークなどの磨き痕は、油脂分の強いガードワックスなどを塗り込めば、ある程度見えにくくなるため、そのような処理をしてオーナー様に納車されることが多いものです。
でもそれは、ワックスでごまかしているだけですから、1~2ヶ月してワックスが切れてくるとこの磨き痕は、そのまま露出してきます。

納車から1~2ヶ月たって「新車で納車された時は、こんな感じじゃなかった」という経験はありませんか?
せっかくの新車ですから、最高の状態にして乗りたいものです。

ラディアスでは、専用の高輝度照明で新車の塗装の修正痕などを見逃すことなく、コーティング前の下地処理を行います。
また、修正痕をきれいにするだけにとどまらず、独自の繊細な下地処理で、新車の塗装の質感を変えることなく塗装本来の美しさを引き出します。BMWの塗装肌には、独特の「うねり」がありますが、こちらの335iも、その「うねり」を無闇に削り落とさず、凹凸に対しても均一な磨きで、BMWの特徴的な塗装肌を変えることなく仕上げております。

最高のブラックサファイアを引き出した後は、無溶剤・濃度100%の完全硬化型の「リボルト・プロ」で強固なガラス被膜を形成致します。
バージョンアップした「リボルト・プロ」は、硬化速度が速く被膜の定着作業に神経を使いますが、膜厚のアップ、耐久性の向上、艶・輝きのアップなどオーナー様が享受できるメリットは盛りだくさんです。

完成したE92 335iのブラックサファイアは、星がまたたく夜空を連想してしまうほどの美しさとなりました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


レクサス IS250C(カトレアマイカメタリック)塗装本来の美しさを引き出しました

レクサス IS250C(カトレアマイカメタリック)

栃木県 M様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

栃木県からお越しのM様のレクサスIS250Cが、仕上がりました。

レクサス IS250C ボンネットの映り込み

レクサス IS250C 左フェンダー

レクサス IS250C クォーターパネルの流れるような美しさ

レクサス IS250C クォーターパネルのクッキリとした映り込み

レクサス IS250C 端正なフロントマスク

レクサス IS250C 左前方より全体

オープンでもクローズでも、上質な走りと美しいデザインが楽しめるIS250C。私もCピラーからリアへ向かって流れていくようなデザインが大好きです。
レクサスの肌理が細かく極めてうねりの少ない塗装肌は、本当に見事というほかありません。この塗装のレベルの高さが、美しいパネルの造形をいっそう引き立てていることは、間違いありません。

オーナー様は、今年の初めにこちらのIS250Cを新車でご購入され、コーティングもされておりましたが、レクサスの塗装の美しさをさらに引き出そうと、改めてクオリティの高いコーティングを探しておられ、ご友人のレクサスCTが、弊社でコーティングなさったこともあってご入庫下さいました。

オーナー様が、マメにお手入れされていたことで、きれいな状態ではありましたが、きれいなだけでは満足されないオーナー様のために「きれい」から「ビューティフル」へと変身させて、お喜びいただくことと致しましょう。

こちらのお車は、傷がやや多めにありましたが、浅い小傷はさっぱりと除去し、深めのスクラッチについては無闇に深追いせず、塗膜を減らすことのない「傷の角を丸める」技法で光の反射を緩やかにして、ほぼ見つけられないレベルに処理いたしました。
下地処理では、傷を取ることだけがすべてではありません。傷の除去にとらわれ過ぎれば、限りのある塗膜を減らしてしまい塗装の質感が変わるだけでなく、塗装が弱くなりダメージを受けやすくなってしまいます。これでは本末転倒ですね。
塗装の状態をしっかりと見極めたうえで、その塗装の特性に合わせた最適な下地処理を行い、塗装本来の美しさを引き出すことこそが、下地処理の最大の目的であるということを忘れてはいけません。

下地処理を終えて本来の美しさを取り戻したボディに無溶剤・濃度100%の完全硬化型の「New リボルト・プロ」を定着させます。
分子配列から見直して、バージョンアップした「New リボルト・プロ」は、従来型の高分子タイプのコーティング剤とは一線を画す高性能を持ち合わせており、膜厚、耐久性、保護性能など他の追随を許しません。

ガラス被膜と一体となり完成したISのボディは、明らかに透明な膜厚が感じられ、私の好きなCピラーからリアへ向かうラインはため息が出るほどの美しさとなりました。

お引き渡しの際、オーナー様には大変お喜びいただくことができました。
今後は、お伝えさせていただきました洗車方法で、洗車をされれば長期間に渡りこの美しさを楽しむことができます。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山