レクサスRX450hのカーコーティング。しっとりとした艶と光沢を湛えた極上の美しさへ。

レクサス RX450h(シルバリーグレーメタリック)

福島県福島市 I 様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

福島県福島市よりお越しのI様のレクサスRX450hが仕上がりました。

レクサス RX450h シルバリーグレーメタリック 右上

レクサス RX450h シルバリーグレーメタリック 左正面

レクサス RX450h シルバリーグレーメタリック ボンネット

レクサス RX450h シルバリーグレーメタリック 左サイド後方

レクサス RX450h シルバリーグレーメタリック 右クォーター

レクサス RX450h シルバリーグレーメタリック 左前方

オーナーのI様は、本当に車好きで、車に関するあらゆることに精通していらっしゃいます。
その知識の深さは、当然のことながら洗車やコーティングにまで及び、コーティング施工も全国の著名なショップで数多く経験されていらっしゃいます。

そんなI様にラディアス郡山をお選びいただけたことは、とても光栄なことでありますし、ラディアスのガラスコーティングのクオリティの高さを知っていただける絶好のチャンスでもあります。

今回ご入庫いただきましたのは、奥様がお乗りのレクサスRX450hで、シルバリーグレーメタリックという落ち着いたシックなカラーです。

さすがI様のお車だけあって良いコンディションを保たれていらっしゃいましたが、まだコーティング未施工ということもあり、艶も輝きもまだまだグレードアップできる状態にありました。

カーコーティングの善し悪しは、下地処理の段階で塗装の美しさをどれだけ引き出すことができるかで決まりますが、下地処理についても、オーナーのI様は熟知されております。
ラディアスの下地処理方法についても、全幅の信頼をお寄せ下さっておりましたので、しっかりと施工させていただくことができました。

リボルト・プロは、一般的な量販型ガラスコーティング剤と違い、コスト、作業性を犠牲にしてクオリティ最優先で開発されております。
無溶剤、濃度100%を実現しており、膜厚、耐久性、艶、輝きなど一般的なコーティングの数段上の実力を誇ります。

今回の施工も「高度な下地処理 + 高品質なコーティング被膜」が達成できたことにより、仕上がりは、上品な光沢を湛えた極上のものとなりました。

新次元のリボルト・プロ、真のカーマニアであるI様にも、美しさだけでなく、お手入れのしやすさについてもご満足いただけることと確信致しております。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


VWゴルフGTIのガラスコーティング。下地処理がカーコーティングのクォリティを決します。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI(ディープブラックパールエフェクト)

福島県 郡山市 H様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのH様のフォルクスワーゲン ゴルフGTIが、仕上がりました。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 正面

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI ボンネット

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI ボンネット左フェンダー

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI ボンネット左サイド後方

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI ボンネット右サイド後方

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI ボンネット左サイド前方

グリルの赤いラインとボディーカラーのブラックのコントラストが絶妙で、迫力と精悍さが際立つH様のGTI。
ラディアス最高のコーティングコースであるリボルト・プロをご用命いただきましたので、下地処理からガラス被膜の形成までしっかりと施工して、誰よりも美しいGTIに仕上げさせていただきます。

さて、いつも下地処理の重要性について書いていますが、下地処理を施す塗装の厚さはどれくらいあるかご存知でしたか?
答えは、90ミクロン~140ミクロンぐらいです。ミリに直すと0.09mm~0.14mmということになります。
コピー用紙2枚分の厚さが約120ミクロン(0.12mm)ですから、イメージしていたよりもだいぶ薄いと感じるのではないでしょうか。

下地処理を行うのは、このうち塗装の表面から30ミクロン程あるクリアーと呼ばれる透明な層ですが、実際に処理するのは、塗装によって1ミクロン以下の場合もありますし、多くてもせいぜい数ミクロン程度です。
その僅か数ミクロンを磨き上げる工程が、コーティング被膜を形成する前の下地処理ということになりますが、そこに知識と技術を注ぎ込むことで車は明らかに変わります。
色やツヤ、輝きはもちろん、そのクルマのデザインそのものまではっきりと引き出すことができるのです。
「数ミクロンをどう仕上げるか」にこだわって、ラディアスが独自に研究開発した下地処理技術は、限りある塗膜をむやみに削ることなく、塗装肌のうねりの凹凸を均一に磨き上げることを可能にしています。

今回施工させていただきましたゴルフ6GTIにつきましても、ガラスコーティング施工の両輪である「下地処理」と「被膜形成」が、高次元で達成されたことによって、シャープなプレスラインとRの組み合わせによる無駄のないパネル構成の美しさを、最大限に引き出すことができたと自負致しております。

オーナー様、量販型コーティングでは決して味わうことのできない本物の美しさ。存分にご堪能くださいませ。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


ゴルフRのカーコーティング。ライジングブルーメタリックを深く鮮やかに。

フォルクスワーゲン ゴルフR(ライジングブルーメタリック)

福島県東白川郡 M様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県東白川郡よりお越しのM様のフォルクスワーゲン ゴルフRが、仕上がりました。

フォルクスワーゲン ゴルフR(ライジングブルーメタリック)ボンネット右上

フォルクスワーゲン ゴルフR(ライジングブルーメタリック)左前方

フォルクスワーゲン ゴルフR(ライジングブルーメタリック)フロント

フォルクスワーゲン ゴルフR(ライジングブルーメタリック)右サイド後方

フォルクスワーゲン ゴルフR(ライジングブルーメタリック)右クォーター

フォルクスワーゲン ゴルフR(ライジングブルーメタリック)右前方

こちらのM様のゴルフも新車ですが、新車を購入されるお客様から多くいただくご質問に「新車のコーティングでも下地処理(磨き)は、必要ですか?」というご質問があります。

新車であれば、下地処理なしでコーティングができない訳ではありませんので、オーナー様がリーズナブルでお手軽なコーティングを望まれるのであれば、もちろんそれでいいと思いますし、ラディアスにも「リボルト・ライト(新車コース)」というコーティングコースのご用意もございます。

しかし、オーナー様がよりクオリティの高いコーティングを望まれるのであれば、新車であっても塗装の状態は100%ではありませんので、しっかりとした下地処理を行ってからコーティングすることが必要になってきます。

新車といいますと傷ひとつないまっさらのピカピカを想像しがちですが、実際は、ラインで塗装の不具合を修正した痕跡が残っていたり、輸送や保管時にダメージを負っていることもあります。
そして何より新車の塗装は、メーカーやカラーなどで差はあるものの、曇ったような「ボケ」があり、本来の色艶にはありません。ですから、新車の最高に美しい状態は、「ベストな下地処理」を行った上でコーティングすることによって初めて達成されると言えます。

オーナーのM様も、以前に施工された某コーティングには満足されていらっしゃらなかったそうですが、下地処理の重要性を充分にご理解頂いてお選びいただきました今回の「リボルト・プロ」には、大変満足され「これほどまでにきれいに仕上がるとは思はなかった」とお喜び頂くことができました。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


レクサスの高品位塗装をさらなる高みへ。CT200hのカーコーティング。

レクサス CT200h(ホワイトパールクリスタルシャイン)

福島県 福島市 K様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県福島市よりお越しのK様のレクサスCT200hが仕上がりました。

レクサスCT200h カーコーティング ボンネット左

レクサスCT200h カーコーティング 右斜め前方より

レクサスCT200h カーコーティング 右サイド後方

レクサスCT200h カーコーティング 右クォーター

レクサスCT200h カーコーティング フロントグリル

レクサスCT200h カーコーティング 右上全体

レクサスのプレミアムコンパクトCT200h。先進のハイブリッドでありながら、スタイリッシュで俊敏な走りと軽快なハンドリングは、多くのファンを魅了していますね。
当ラディアス郡山でも、昨年の発売以来、販売台数に比例して多くのCTオーナー様にご入庫いただいております。

レクサスの高品質な塗装には、いつも感心していますが、ラインオフ~オーナー様への納車までの品質管理についても、レクサスは、ブランドに恥じない管理がなされていると感じます。
新車でも、目を覆いたくなるようなダメージを負った状態でご入庫されるお車もある中、レクサス車については、それほど悪い状態の個体を見ることはほとんどありません。
コスト的な問題もあるのでしょうが、他のメーカーやディーラーも、是非そうあってほしいものです。

こちらK様のCTも納車から少し日数が経過しているものの、小傷やシミなども少なく比較的良好な状態にありました。
しかし、それはあくまで「クリーン」というレベルでで、オーナー様のご期待はさらに上の「ビューティフル」にありますので、レクサスの塗装に最適な下地処理で塗装そのものの美しさを引き出し、低分子硬化型ガラス被膜のリボルト・プロでしっかりと保護被膜を形成いたしました。

お引き渡しの際、オーナー様は満面の笑みで「満足です」とおっしゃって下さいました。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


プジョー3008(パールホワイト)のボディーガラスコーティング

プジョー 3008(パールホワイト)

福島県郡山市 K様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス・グラスルーフ撥水加工
ホイールコーティング

福島県郡山市よりお越しのK様のプジョー3008が仕上がりました。

プジョー 3008 パールホワイト 左上

プジョー 3008 パールホワイト ボンネット右上

プジョー 3008 パールホワイト ボンネットルーフ

プジョー 3008 パールホワイト 左クォーター

プジョー 3008 パールホワイト 右上全体

こちらのオーナーK様には、3年程前にパサートをご入庫いただきましたが、3年が経過した今でも美しい状態を保っておられ、施工いただきましたガラスコーティングを大変気に入っていただいております。

この度、奥様がお乗りになる3008をご購入され、ラディアス最高峰のコーティングコースであるリボルト・プロをご用命いただきました。
一度施工されたオーナー様に再びご用命いただけることは、弊社のコーティングを信頼していただいている証といえますから、本当にうれしく思いますし、同時にご期待にお応えしなければと気も引き締まります。

お車のご購入にあたり、K様ご夫妻にはお子様がいらっしゃいますので、広い後席の室内空間と乗り降りや抱っこがスムーズな高さという点で、ゴルフ トゥーランと比較検討されたそうですが、3008の走りと乗り味が想像以上に良かったという点が決め手になり、3008をお選びになったようです。
ドイツ車をメインでお乗りのオーナー様にとっては、初のフランス車ということで、半信半疑の所もお有りのようですが、斬新なスタイルはとても新鮮ですし、オシャレな奥様にはピッタリだと思います。

ご入庫いただいた時点では、新車の「塗装のボケ」によって、せっかくのパールホワイトが表現しきれておらず、やや残念な状態でしたが、プジョーの塗装に最適な繊細な下地処理にて優しく磨き上げ、濃度100%・無溶剤の低分子タイプのリボルト・プロのガラス被膜を形成いたしますと、パールがクッキリと浮かび上がって、3008のデザインの美しさががいっそう引き立つ上品な仕上がりとなりました。

お引き渡しの際、K様ご夫妻には大変お喜びいただくことができました。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山