進化し続ける車、三菱 ランサーエボリューションXのカーコーティング。

ランサーエボリューションX (ホワイトパール)

福島県田村市 E様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県田村市よりお越しのE様の三菱 ランサーエボリューションXが仕上がりました。

三菱 ランサーエボリューションX 正面

三菱 ランサーエボリューションX 左前方

三菱 ランサーエボリューションX ボンネット正面

三菱 ランサーエボリューションX ボンネット右

三菱 ランサーエボリューションX リア

三菱 ランサーエボリューションX 右サイド後方

オーナーのE様は、ご購入にあたりスバル WRX STIとどちらにするか、かなり迷われたそうですが、「ツインクラッチSST」が決め手となってランエボお選びになったそうです。
どちらも日本を代表するスポーツモデル、悩ましくも楽しい時間は、車好きなら何度でも味わってみたいものですね。うらやましい限りです。

さて、お車の状態ですが、納車まで丁寧に扱われていた様子で、シミや傷などは比較的少なめでした。
しかしながら、三菱の塗装にありがちな塗装の「モッサリ感」が強くでており、本来の輝きからは程遠い状態にありました。

でも心配ご無用です。この三菱の新車の塗装の「モッサリ」を「くっきり透明」に仕上げることは、ラディアスの得意とするところです。
新車の塗装の「ホーロー層」といわれる硬く強い表面の層を意識しながら、塗装の肌のうねりの凹凸も優しくもしっかりと磨き上げ、塗装本来の色艶を引き出して行きます。

専門ショップ中にも「新車のホワイトは磨かなくていい」などと言っている所もあるようですが、これはまったくの間違いで、正しい下地処理を行えばホワイトの新車もはっきりと変わります。
新車に対する正しい下地処理を理解していない、あるいはできない施工店に限って、そう言っている所が多いようです。確かに、新車の塗装に対して「削る」研磨しかできないのであれば、下地処理は行わない方が良いかも知れません。

正しい下地処理を行ってから硬化型ガラス被膜のリボルト・プロで被膜を形成して仕上がったE様の愛するランエボXは、クッキリとしたプレスラインと量感豊かな曲面が相まってポテンシャルにふさわしい迫力たっぷりの仕上がりとなりました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


強さと優しさの高級車、トヨタ ヴェルファイア ハイブリッドのガラスコーティング。

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド(ブラック)

福島県郡山市 M様

ガラスコーティング
リボルト・プロ

福島県郡山市よりお越しのM様のトヨタ ヴェルファィア ハイブリッドが仕上がりました。

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 正面左

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック ボンネット

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 右フェンダー

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 右クォーター

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 右上

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 左フェンダー

最近のミニバンの進化には、本当に目を見張るものがあります。スタイル、走行性能は言うに及ばず、環境性能も高めたハイブリッドの登場で、さらにもう一段進化しました。
今や、若い世代から家族を大切にするファミリー層まで「憧れ」の存在になっています。

ステータスに満ちた高級車であるヴェルファイアですから、オーナーになられた皆様は、しっかりとしたクオリティの高いコーテイングを施工して、長く大事に乗りたいとお考えでしょう。

そんなオーナー様のご期待にお応えできる正真正銘のガラスコーティングは、ラディアスグループが誇る「リボルト・プロ」であると自信をもってお勧めすることができます。
「リボルト・プロ」は、独自に研究開発された塗装の美しさを最大限に引き出す下地処理技術と、低分子タイプで塗装に強力に密着し、今までにない耐久性と保護性能を実現した完全硬化型の濃度100%の「美しさ」と「強さ」を合わせ持った次世代コーティングです。

M様のヴェルファイア ハイブリッドは、ごまかしの利かないソリッドカラーの「ブラック202」でございますが、塗装の特性にベストマッチの下地処理で本来の色艶を引き出した後、クオリティを最優先で開発されたリボルト・プロのガラス被膜を形成し、しっかりと保護致しております。

仕上がりは202ならではの、ため息のでるような美しさとなり、お引き渡しの際M様には大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


圧倒的なパフォーマンスと日常の利便性を追求。BMW M5のボディーガラスコーティング。

BMW M5 F10 (ブリリアントホワイト)

福島県いわき市 N様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県いわき市よりお越しのN様のBMW M5(F10)が仕上がりました。

BMW M5 F10 正面左

BMW M5 F10 ボンネット右

BMW M5 F10 右クォーター

BMW M5 F10 左サイド前方

BMW M5 F10 ホイール

BMW M5 F10 正面下方

サーキットやニュルブルクリンクで鍛え上げられ、圧倒的なパフォーマンスを誇るBMW M5。動力性能もさることながら、セダンとしての造形の美しさも紛れもなく一級品ですね。惚れ惚れしてしまいます。
カラーはホワイトですが、アルピンホワイトではないブリリアントホワイトという希少なパールホワイトで、オーナー様のセンスとこだわりが感じられます。

数あるショップの中から、ラディアスでの施工をお選びいただきましたので、特別なハイパフォーマンスセダンにふさわしい最高のクオリティに仕上げて、オーナー様のご期待にお応えいたしましょう。

まずは丁寧に洗車をしてから、下地処理に入ります。
下地処理では、BMWの塗装特有の肌と特性に合わせた技法で丹念に磨き上げ、塗装本来の美しさを引き出して行きます。丹念といいましても、旧態然とした圧力をかけて塗装に負担をかける削る磨きではなく、塗装肌のうねりにも対応した繊細な磨きです。
下地処理を終えて優しく磨き上げられたM5は、塗装の質感はそのままに、プレスラインはシャープさを増して、ボディーの造形がクッキリと浮かび上がりました。

下地処理の後は、ラディアスが独自に開発した低分子量タイプの硬化型被膜であるリボルト・プロを定着させます。バージョンアップしたリボルトプロは、作業性やコストを犠牲にしクオリティを最重要視した無溶剤・濃度100%で、膜厚のアップ、耐久性の向上、艶・輝きアップ、硬化時間の短縮など、ガラスコーティングに求められるあらゆる性能において、一般的な量販型ガラスコーティングを大きく凌いでいます。

お引き渡しの際オーナー様には、流れるようなボディーラインがいっそう美しさを増した仕上がりを大変ご満足いただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


人気沸騰。トヨタ プリウスαのボディーガラスコーティング。

トヨタ プリウスα(ブラック)

福島県伊達市 O様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県伊達市よりお越しのO様のプリウスαが仕上がりました。

トヨタ プリウスα ブラック 右上

トヨタ プリウスα ブラック 左斜め前方

トヨタ プリウスα ブラック ボンネット

トヨタ プリウスα ブラック 左サイド後方

トヨタ プリウスα ブラック 左フェンダー

トヨタ プリウスα ブラック 右上全体

オーナーのO様は、プリウスαのご購入にあたり、あるショップでのコーティングを検討されていらっしゃっいましたが、そのショップにカラーを「202ブラック」と伝えたところ施工を敬遠されてしまったそうです。

ソリッドカラーのブラックは、オーナー様のお手入れも大変ですが、施工する側の業者にとっても仕上げるのが難しいとされるカラーで、いわゆるこの「ソリ黒」を敬遠する業者も少なくありません。
専門の業者であってもソリッドブラックをしっかり仕上げられるお店は、本当に少ないのも確かです。

ラディアスでは、難しいとされるソリッドブラックであっても、最新で最良の研磨システムを確立しているため、まったく問題なく、ブラック本来の深みのある美しさを最大限に引き出すことができます。
ひとくちにブラックといっても、メーカーや状態によって塗装の特性は違います。もっと言えば、同じトヨタの「202ブラック」でも年式、車種などによって特性は微妙に違います。
これほど繊細な塗装ですから、仕上がりの善し悪しは、施工者の技量によって大きく左右されます。
ガラスコーティングの仕上がりの最大のポイントは、下地処理にありますから、ブラックをきちんと仕上げることができないような未熟なショップにコーティングを依頼しても、決してクオリティの高いガラスコーティングには到達できないといえます。
ガラスコーティングをお考えのオーナー様は、是非このあたりをご理解いただき、充分にご検討いただいてから施工するショップをお選びいただければと思います。

こちらのプリウスαのオーナーO様には、吸い込まれるほどの美しさとなった「202ブラック」の仕上がりを大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


「きれい」から「美しい」へ。アルファード ハイブリッドのガラスコーティング。

トヨタ アルファード ハイブリッド(ホワイトパールクリスタルシャイン)

福島県 須賀川市 Y様

ガラスコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県須賀川市よりお越しのY様のトヨタ アルファード ハイブリッドが仕上がりました。

トヨタ アルファード ハイブリッド 左前方

トヨタ アルファード ハイブリッド ボンネット

トヨタ アルファード ハイブリッド 右サイド後方

トヨタ アルファード ハイブリッド 左上全体

トヨタ アルファード ハイブリッド 左正面

トヨタ アルファード ハイブリッド 右フェンダー

トヨタの最高級ミニバン、アルファード。デザイン、居住性、走行性能とどれをとっても非常にハイレベルですが、今回のハイブリッドの導入で最先端の環境性能も手に入れましたね。
人気のアルファードのハイブリッドということで、ますます人気に拍車がかかりそうです。

さて、こちらのアルファード、お車の状態は、傷やシミも少なくきれいで良好な状態でした。
しかし、あえて言えば、肌がきれいな上に粒子も細かく整っているため、逆にパールの利きがいまひとつといった感もあります。

トヨタの定評あるホワイトパールクリスタルシャインの良さを最大に引き出すためには、塗装の特性にあわせた最適な下地処理を行うことが重要です。削るような粗い研磨は、絶対にしてはいけません。
ラディアスでは、「最小限の研磨で最高の美しさに到達する」ということにポイントをおいた下地処理を行っていますので、塗装に余計な負荷をかけることなく塗装そのものの美しさを引き出すことができます。

下地処理をしっかりと行ってから、硬化型二層被膜のリボルト・プロのガラス被膜を定着させたY様のアルファードは、「きれいだけどもう少し」といった状態から「パールが利いた上品な美しさ」へと大きく変貌を遂げました。

お引き渡しの際オーナー様は、その変化をはっきりと認識され、大変お喜びになりました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山