「スポーティー&ラグジュアリー」ジャガーXFのガラスコーティング

ジャガー XF(ポラリスホワイト)

福島県郡山市 M様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのM様のジャガーXFが仕上がりました。

ジャガー XF(ポラリスホワイト)左上全体

ジャガー XF(ポラリスホワイト)右正面

ジャガー XF(ポラリスホワイト)ボンネット

ジャガー XF(ポラリスホワイト)右サイド前方

ジャガー XF(ポラリスホワイト)右テール

ジャガー XF(ポラリスホワイト)右サイド後方

こちらのXFは、5.0L V8エンジン搭載の2012年モデルです。ヘッドライトのデザインも変わって精悍さが増し、文字通り肉食系の走りを連想させます。
オーナー様は、性能はドイツ車の方が・・とおっしゃっておられましたが、独特のエンジン音やしなやかでコシのある「ネコ足」は健在のようです。「スポーティでラグジュアリー」はジャガーの真骨頂ですね。

さて、お車のカラーはポラリスホワイト。ソリッドのホワイトですが、塗装のボケと輸入車の宿命といえる小傷が全体についておりピリッとしない状態で、ジャガーの美しいシルエットが今一つ表れていない印象です。

まずは、下地処理でジャガーの塗装本来の美しさを引き出さなければなりません。ジャガーの塗装は、ドイツ車とは特性が異なりややクセがありますので、そのあたりを充分に考慮した繊細な磨きが必要です。一般的なショップで多く用いられている技法では、塗膜を削ってしまいダメージを負ってしまうこともあります。
ラディアスでは、独自の下地処理技術「リボルト アジャストシステム」を採用しておりますので、ジャガーのデリケートな塗装でも最小限の研磨で最高の美しさを引き出すことができます。

「リボルト アジャストシステム」によって下地処理を終えたXFは、もうこの段階で眩いばかりの光沢をたたえるほどになりましたが、仕上げに低分子完全硬化型のガラス被膜「リボルト・プロ」でがっちりと保護被膜を形成します。

リボルト・プロは、手塗り工法です。手塗り工法は、濃度100%無溶剤の完全硬化型ガラス被膜であるリボルト・プロを定着させるためにはどうしても必要な工法で、作業性は犠牲となりますが、スプレーガンなどを使用して吹きつけるタイプのコーティング剤などでは得られない十分な膜厚が確保できるというメリットがあり、美しさに加えて耐久性、保護性能の大幅な向上に寄与します。

仕上がったM様のXFは、明らかにガラスの膜厚を感じられる透明な輝きを放ち、ハイパフォーマンスサルーンにふさわしい高級陶磁器のような美しさとなりました。
「塗装の特性にマッチした最適な下地処理」と「高性能ガラス被膜の形成」ふたつが融合して仕上がりましたジャガーXF。美しさを存分にご堪能くださいませ。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


アウディ初のハイブリッド、アウディA6ハイブリッドのガラスコーティング。

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)

福島県安達郡 W様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県安達郡よりお越しのW様のアウディA6ハイブリッドが仕上がりました。

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)右上

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)右前方

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)ボンネット

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)ルーフ

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)リア左サイド

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)左上

A6ハイブリッドは、2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンにモーターを組み合わせたアウディ初のハイブリッドです。
このクラスのハイブリッドもレクサスGS450hやBMWアクティブハイブリッド5など、魅力的な車がいろいろ出てきました。ハイブリッドのシステムや価格、装備など、このクラスのハイブリッドを購入を検討されているオーナー様にとっては、楽しい悩みとなりそうです。

さて、こちらW様のA6ハイブリッド、輸入車にありがちな修正痕もなく傷も少なめで状態は良好でした。しかし、グレイシアホワイトメタリックというこのカラー、塗装が曇ってすっきりしない感じで、いつものアウディの塗装と比べると今一つといったところでした。

アウディの塗装は、こんなものではありませんので、しっかりとした下地処理でアウディの塗装本来の美しさを引き出します。
一般的な施工店の下地処理技法では、塗装肌の高い部分に圧力がかかって削りすぎ、低い部分はしっかり磨けないという現象が起こります。ラディアスでは、特殊な動きをする機材に最適なバフとコンパウンドを組み合わせて塗膜を極力減らすことなく塗装肌の「うねり」を均一に磨き上げます。このやさしく均一に磨く技法により塗装の質感を変えることなく、塗装本来の美しさを最大限に引き出すことが可能となります。

塗装が本来の美しさを取り戻した後は、ラディアスオリジナルのリボルト・プロの強力な被膜を定着させます。リボルト・プロは、従来の量販型コーティング剤とは違い極めて短時間で完全硬化しますので、施工直後に雨が降っても洗車しても被膜に影響がでることはありません。また、低分子量タイプであるため塗装の隅々までしっかりと入り込みますので耐久性も大幅に向上しております。

お引き渡しの際、オーナー様には仕上がりの美しさを大変お喜びいただきましたが、後日、早速洗車されて「汚れが簡単に落ちて洗車が楽になった。撥水も素晴らしい」とお喜びのメールを頂戴致しました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


下地処理で完全復活。レクサスRXのカーコーティング。

レクサス RX(ブラック)

福島県 岩瀬郡 鏡石町 F様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

福島県須賀川市よりお越しのF様のレクサスRX270が仕上がりました。

レクサス RX (ブラック)正面左

レクサス RX (ブラック)ボンネット

レクサス RX (ブラック)右フェンダー

レクサス RX (ブラック)右クォーター

レクサス RX (ブラック)右サイド後方

レクサス RX (ブラック)左前方全体

オーナーのF様は、こちらのブラックのRXに魅せられてご購入されましたが、お手入れが想像していた以上に大変で、何とかならないものかとご来店されました。
お話しを伺いますと、少し洗車をおろそかにすると汚れが目立ち、洗車をしても汚れがとりきれないどころか逆に洗車傷が入ってしまうとのことでした。
早速お車を拝見致しますと、オーナー様が気にされていた通り汚れやシミが固着し、洗車で付いてしまったと思われる小傷も無数に付いてしまっておりました。 まだ、ご購入から半年ちょっとでこのような状態になってしまったことにオーナー様は反省され、コーティングでリセットしてピカピカの状態を取り戻したら、 正しく洗車して良いコンディションに保ちたいと今回ご入庫いただくことととなりました。

洗車後、細部にまで及ぶ丹念なクリーニングで固着してしまった汚れをさっぱりと除去してから、レクサスのブラック(212)に最適な繊細な下地処理 でシミや傷を処理しながら磨き上げますと、くすんで輝きを失っていたボディーは、なめらかな漆黒のボディーへと完全復活を遂げました。
コーティング被膜には、もちろん「リボルト・プロ」を形成致します。リボルト・プロは、ラディアスが独自に開発した次世代のガラス被膜で、低分子タイプで あるため塗装にしっかりと入り込み密着しますので、艶・輝きだけでなく耐久性においても従来の高分子タイプを大きく凌ぐ性能を発揮します。

お車の美観を維持するためには、セオリーにしたがった正しい洗車がとても大切です。リボルト・プロは、美しさとお手入れの簡単さを追求したガラス コーティングです。洗車は圧倒的に楽になりますから、お休みの日には楽しみながらしっかり洗車して下さいませ。今までとの違いにきっと驚かれるはずです。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山