フォルクスワーゲン ゴルフVII のガラスコーティング

フォルクスワーゲン ゴルフVII(ピュアホワイト)

福島県郡山市 E様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのE様のフォルクスワーゲン ゴルフが仕上がりました。

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)正面左

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)左上全体

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)フロントグリル

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)右フェンダ

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)右クォーター

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)ルーフ

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)ボンネット

フォルクスワーゲン ゴルフ(ピュアホワイト)右サイド後方

こちらのゴルフ7、オーナー様は女性ですが、本当に車好きで、お話しを伺っておりますと車への愛情がひしひしと伝わってまいります。週に一度は必ず洗車し、下回りやドアの内側、エンブレムにいたるまで馬毛ブラシや専用クロスを使ってお手入れする徹底ぶりです。その方法も理にかなった正しいお手入れをされており、本当に感心してしまいました。

そんな訳で、お車の状態は、とてもきれいな状態にありましたが、輸入車の新車にありがちな鉄粉、水シミ、小傷があり、オーナー様ご自身のお手入れだけではどうにもならないものが多くありました。グリース汚れなどを除去し、隅々までクリーニングしてからゴルフの塗装に最適な下地処理で塗装面を整え、リボルト・プロのガラス被膜を形成いたしました。

E様なら、3年後、5年後もこの美しさを維持できることと確信いたしております。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

お土産どうもありがとうございました。さすが地元の有名店ですね。今まで食べた中で一番の味でした。


レクサスのフラッグシップセダン LS460のガラスコーティング

レクサス LS460(ダークブルーマイカカラークリア)

福島県福島市 I様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

福島県福島市よりお越しのI様のレクサスLS460が仕上がりました。

レクサスLS460(ダークブルーマイカカラークリア)右正面

レクサスLS460(ダークブルーマイカカラークリア)正面左

レクサスLS460(ダークブルーマイカカラークリア)ボンネット

レクサスLS460(ダークブルーマイカカラークリア)左フェンダ

レクサスLS460(ダークブルーマイカカラークリア)左サイド

レクサスLS460(ダークブルーマイカカラークリア)ルーフ

レクサスLS460(ダークブルーマイカカラークリア)左サイド後方

こちらのLS460は、2008年式ですが、走行距離も少なくガレージ保管の上、オーナー様自らが手洗い洗車をされるということで良好な状態ではありましたが、それなりの洗車傷、拭き傷などでくすんだ感じになっておりました。
下地処理でしっかりと小傷を除去し、本来の色ツヤを充分に引きだしてから、リボルト・プロにて保護被膜を形成しますとレクサスのフラッグシップセダンにふさわしい深い色合いとなり、他を圧倒する美しい姿となりました。
オーナー様も、ダークブルーマイカカラークリアというレクサスならではの高品位塗装の美しさを再認識されたようで、大変ご満足いただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


SUVの本質を追求。スバル フォレスターのガラスコーティング。

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)

福島県郡山市 T様

ガラスコーティング
リボルト・プロ

福島県郡山市よりお越しのT様のスバル フォレスターが仕上がりました。

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)右前方

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)ボンネット

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)左上方全体

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)右フェンダ

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)右クォーター

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)右サイド後方

スバル フォレスター(クリスタルブラックシリカ)正面右

スバルという自動車メーカーは、ポリシーがぶれない国内ではとても貴重なメーカーですね。一貫したクルマづくりの姿勢は本当に素晴らしいと思います。

今回ご紹介させたいただくのは、SUVの本質を追求したSUVフォレスターです。新しいこのモデルは、力強さに加えてより洗練されたデザインとなって、まさしくオン、オフ両用となりました。

お車は、洗車傷などの小傷がやや目立ちましたが、しっかりとした下地処理とリボルト・プロの保護被膜形成によって、フォレスターのイメージと同じく、美しさと強さを兼ね備えた仕上がりとなりました。

相変わらずスバルの塗装は、一筋縄ではいきません。同じカラーナンバーのクリスタルブラックシリカといっても、やはりその特性は、一定ではありません。一般的な艶出しレベルの下地処理ならあえて問題としないのでしょうが「美しさを追求する」ラディアスのクオリティを目指すと、やはり神経を使います。こだわりの繊細な下地処理の甲斐あって、オーナー様も驚くトロントロンの仕上がりとなりました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山