これぞポルシェ 。空冷911(964)ターボのガラスコーティング。

ポルシェ 911ターボ(964)

福島県 A様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県のA様のポルシェ911ターボ(964)が仕上がりました。

ポルシェ911ターボ(964)左正面

ポルシェ911ターボ(964)右前方

ポルシェ911ターボ(964)右サイド

ポルシェ911ターボ(964)ボンネット

ポルシェ911ターボ(964)左フェンダ

ポルシェ911ターボ(964)右サイド後方

ポルシェ911ターボ(964)左サイド後方

ポルシェ911ターボ(964)左クォーター

ポルシェ911ターボ(964)リア

ポルシェ911ターボ(964)左上全体

いつの時代も「最新のポルシェは、最良のポルシェ」と言われ続けてきましたが、「空冷のポルシェこそ最高のポルシェ」として、生産開始から50年以上経つ今でも人気は絶大で、衰えるどころかとどまることを知りません。このところの価格も天井知らずの感がありますね。

こちらA様の964ターボは、知り合いから譲り受けられた1991年式のモデルで、前オーナー様は「どんなことがあっても絶対に売らないで」と言ってA様にこのポルシェを託されたそうです。

お車はあらゆるチューンが施され、多くの速いクルマに乗ってこられたA様も「恐ろしいほど速い」とおっしゃる程です。それほど強烈な964ターボですが、前オーナー様は、クルマの美観という点には割と無頓着であったため、美しさにもこだわるA様によって美観も最高にということで弊社にご入庫くださいました。

1991年式ということで、塗装の状態は傷やシミ、補修の跡などもありましたので慎重に下地処理を行ってリセットし、リボルト・プロにて保護被膜を形成致しました。

オーナーのA様には、本当にお喜びいただくことができました。いつもご愛顧を賜り誠にありがとうございます。


ニュルブルクリンクに君臨。ルノー メガーヌ RSのガラスコーティング。

ルノー メガーヌ ルノースポール(ノアールエトワールメタリック)

福島県 郡山市 Y様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのY様のルノー メガーヌRSが仕上がりました。

141027MEGANE00

141027MEGANE02

141027MEGANE01

141027MEGANE03

ルノー メガーヌRS 正面右下方

ルノー メガーヌRS 右サイド後方

ルノー メガーヌRS リア

ルノー メガーヌRS 右クォーター

ルノー メガーヌRS ボンネット

ルノー メガーヌRS 正面

ルノーメガーヌRSといえば、ニュルブルクリンクでFF市販車最速のタイムを叩き出したことで有名ですね。35GT-Rを所有されるオーナー様も、メガーヌRSにしかない速さと楽しさをとても気に入っておられるようです。

お車は、登録後2年ほど経過しており、ルーフやボンネットなど上面を中心に水シミとスクラッチ傷がびっしりと付いており、前オーナーが青空駐車で、手入れもあまり上手ではなかったことがうかがえました。

同じ欧州車でもルノーの塗装は、ドイツのメルセデスやBMWとは異なり、塗装が緻密ではなく脆弱な傾向がありますので、下地処理では注意が必要です。今回もルノーの塗装の特性に合わせた機材とケミカルを工程ごとに選択し、水シミや傷を処理しながら極力塗装に負荷をかけないように下地処理を行いました。本来の美しさを取り戻したノアールエトワールメタリックには、もちろん無溶剤、完全硬化型のリボルト・プロのガラス被膜を形成いたしております。

お引き渡しの際、オーナー様は大変お喜びになり、ニコニコ顔でお帰りいただくことができました。
ワックスやポリマーなどの油脂系の「照り」ではない「塗装そのものの本物の輝き」を存分にお楽しみくださいませ。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山