すべては下地処理で決まります。メルセデスベンツVクラスのカーコーティング

 

このたびグループのブランド統一に伴い、当店「ラディアス郡山」も「リボルト郡山」へと名称が変更になりました。運営会社及びスタッフには変更ございませんので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

メルセデスベンツ V220d ( ロッククリスタルホワイト )

福島県 会津若松市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

メルセデスベンツ V220dの施工が完了しました。

メルセデスベンツV220d左ヘッドライト

メルセデスベンツV220d右側面前方

メルセデスベンツV220dボンネット

メルセデスベンツV220d右ヘッドライト

メルセデスベンツV220d右フェンダー

メルセデスベンツV220d左フェンダー

メルセデスベンツV220d右クォーター

メルセデスベンツV220d右側面後方

メルセデスベンツV220dルーフ

メルセデスベンツV220d正面左

こちらのV220dはディーラー試乗車でした。納車後それほど間もないご入庫となりましたが、全体に細かい傷が目立ちました。試乗車は常にきれいにしていなければならないため、毎日のように洗ったり拭いたりが繰り返されます。ただ、そのお手入れは必ずしも良いといえるものではないのが実際のところで、今まで当店にご入庫いただきました試乗車のケースをあげてみると、そのほとんどは洗車傷をはじめとした小傷が多く付いていました。

このような洗車傷レベルのものは、一般的には傷と認識されるものではないと思いますが、美しさにこだわる方にとってはどうしても気になるものです。当グループ独自の下地処理技術は、そんなこだわりを持ったオーナー様のお気持ちにもきっとお応えできることと思います。安心してお任せ下さい。これらは難なく処理して本来の姿、輝きにすることができます。

メルセデスベンツの塗装は、硬いといわれるドイツ車の塗装のなかでも特に硬い傾向がありますが、今回のV220dのロッククリスタルホワイトは少し柔らかめです。ちょっと意外でしたが、硬めのドイツ車の塗装に合わせた技法では必要以上に塗膜に負荷をかけてしまう恐れがあるため、柔らかめの塗装に相性の良い技法で下地処理を施しました。

目立っていた細かい傷がスッキリなくなり、塗装面が最良の輝きとなった後は、全体に低分子・完全硬化型ガラス濃度100%のベースコートを定着させ、さらにその上に紫外線軽減効果のあるトップコートでボディを包みます。これによりしっとりした艶が加わり、お車は保護されます。

今後はセオリー通りの洗車を継続することで、長い期間に渡ってこの艶をお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


店舗サイン一新しました

リボルト郡山の渡辺淳一です。

このたびグループのブランド統一に伴い、当店もラディアス郡山からリボルト郡山へと名称が変更になりました。

リボルト郡山となって3週間あまり経過していましたが、ようやく店舗サインも一新いたしました。なかなか天候に恵まれず遅れてしまいましたが、これでひと安心です。

以前のラディアスはイエローのロゴマークと文字でしたが、それに対し今度のリボルトはロゴマークがライトブルー、文字はホワイトです。より洗練されスマートになった感じがします。

リボルト看板その1

リボルト看板その2

リボルト看板その3

リボルト看板その4

これからもお客様に喜んでいただけるように、いっそうのクオリティ向上に努めてまいります。どうぞよろしくお願いします。

 


凛としたデザイン。マツダ デミオのカーコーティング

 

このたびリボルトブランドへの統一に伴い、当店「ラディアス郡山」も「リボルト郡山」へとブランド変更となります。運営会社及びスタッフには変更ございませんので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

マツダ デミオ ( ジェットブラックマイカ )

福島県 郡山市 K 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

マツダ デミオの施工が完了しました。

マツダ デミオ 正面左

マツダ デミオ 正面右

マツダ デミオ 右側面前方

マツダ デミオ ボンネット左

マツダ デミオ 右ヘッドライト

マツダ デミオ ボンネット

マツダ デミオ 右側面

マツダ デミオ 右側面後方

マツダ デミオ リアバンパー

マツダ デミオ フロントバンパー

マツダの人気カラー、ジェットブラックマイカのデミオです。足回りもマットブラックのホイールを装着され、黒できめたスタイルです。一体感があり、デミオの凛としたデザインをさらに引き立てています。

お車は新車から9 ヶ月ほど経過していました。小傷は比較的少ないものの、ルーフやボンネットには軽度の水シミが付着していて、その影響でボディはやや白っぽくくすんで見えました。この状態を独自の下地処理技術 ( リボルト・アジャストシステム ) によって改善し、本来の輝きへと変えていきます。

下地処理を進めるにあたって、塗装の性質を把握していなければならないのはもちろんですが、使用するコンパウンド、バフ、ポリッシャーの特性や扱い方についても正しく理解していることが必要です。適切に使いこなすことができなければ、磨き傷などを残してしまい、逆に美観を損ねてしまうことにもなりかねません。

その塗装に合ったコンパウンド、バフ、ポリッシャーを組み合わせ、これらの持っている性能を十分に発揮できるよう適切に扱うことで、はじめてクオリティの高い仕上がりをご提供させていただくことができます。

今回もデミオのジェットブラックマイカの性質に特化した技法により、付着している小傷や水シミを処理し、本来の輝きを表現させた上でリボルト・プロ被膜を形成いたしております。

今までのくすみがきれいになくなり、クッキリと透明感ある美しさになったデミオにオーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。