安全を願って。ボルボ V70のガラスコーティング

ボルボ V70 (アイスホワイト)

福島県 郡山市 T 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ボルボ V70 アイスホワイト フロントバンパー1

ボルボ V70 アイスホワイト ボンネット1

ボルボ V70 アイスホワイト フロントバンパー2

ボルボ V70 アイスホワイト ホイール1

ボルボ V70 アイスホワイト ヘッドライト

ボルボ V70 アイスホワイト ボンネット2

ボルボ V70 アイスホワイト ホイール2

ボルボ V70 アイスホワイト テールレンズ

ボルボ V70 アイスホワイト フロントグリル

ボルボ V70 アイスホワイト ヘッドライト2

リボルト郡山の渡辺淳一です。

ボルボといえば、安全性に強いこだわりを持ち、常に高水準のセーフティを追求する自動車メーカーとして有名ですね。長年に渡り乗員の安全が第一という理念を貫き、車の安全面での発展において、世界に多大な貢献をしてきたことは言うまでもありません。

特に50年以上前に開発した3点式シートベルト、この発明でボルボは特許を取りましたが、のちにこの特許を各自動車メーカーに無償で公開しています。いつも車を運転する時には必ず締めるシートベルトですが、もしボルボが特許を無償で公開していなかったら、今のように普及はしていなかったかもしれませんね。利益より少しでも多くの人々が安全に乗れるようにとの考えでこの決断を下したボルボ 、本当に素晴 らしいことですね。

さて、こちらはアイスホワイトのボルボ V70です。オーナー様は今回のご購入にあたりコーティングをお考えの時、やるからにはクオリティの確かな専門店でということでお問い合わせいただき、お任せくださいました。お車は納車になられてからすぐにご入庫いただきましたが、全体的に洗車傷程度の細かな傷が多く見られました。ディーラーの試乗車であったとお伺いしていましたので、ある程度こういった状態は予想していましたが、やはり塗装面はこれら無数の細かい傷の影響により、艶、輝きともいまひとつの様子でした。

試乗車は常にきれいにしていなければならないため、毎日のように洗ったり拭いたりが繰り返されますが、このお手入れというのが実際のところ行き届いていない場合がほとんどです。当店ではこれまでにも試乗車は多数施工させていただきましたが、ほぼ例外なく今回のように傷が多くありました。ただ、傷といっても拭き傷レベルのものは一般的に傷と認識されるものではないと思いますが、お車を大切にきれいに乗りたいとお考えの方にとっては見過ごせないものであるはずです。

オーナー様のご期待にお応えすべく、この塗装にマッチした技法を用いて、塗装負荷を抑えながら入念に下地処理を施しました。これによってボディ上の小傷が除去されるだけでなく、アイスホワイトそのものの良さも余すところなく引き出されます。下地処理を終えたV70は白さが変わり、クリアで眩い輝きへと生まれ変わりました。

最良の状態に整ったボディには、「リボルト・プロ」をコーティング。低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線からの影響を軽減させる効果を持つトップコートを形成させ、独自開発の2層式ガラスコーティングによってお車をしっかり保護いたします。

今後はセオリーに沿った定期的な洗車により、長い期間に渡りこの美しさを維持していただけると思います。

この度のご用命誠にありがとうございました。

 

 

 


イタリアの美意識が息づく。アルファロメオ ジュリエッタのカーコーティング

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ (アルファレッド)

福島県 いわき市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ

 

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド フロントバンパー1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド フロントバンパー2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット3

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド エンブレム

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ホイール1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ホイール2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド リアバンパー

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド グリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

スポーティーなシルエットにイタリアの美意識と遊び心が息づくアルファロメオ ジュリエッタ。オーナー様は同じアルファロメオのミトからのお乗り換えとなりました。以前所有されていたミトも、4年ほど前に当店にて「リボルト・プロ」を施工させていただいており、このたび2台目のご依頼です。

お車は、納車されてからおよそ1ヶ月経過してのご入庫となりましたが、オーナー様は塗装面に残存するラップガードの跡を気になさっていました。そもそもラップガードとは、新車を傷や汚れから守る目的で貼られるフィルム状の保護シートなのですが、貼り付け時のシワや保管している期間の環境などが要因となり跡が残ってしまうことがあります。特に長期在庫になっていた輸入車にはこういったことがよくあります。こちらのジュリエッタには、傷のように見えるものや段差が生じていてシミ状になっているものなど、様々な形のラップガード跡がルーフとボンネットを中心に多数見受けられました。

オーナー様のお話によりますと、納車前にディーラーにてサービスでボディコーティングを施工してくださったとのことでしたが、ラップガードの跡については消すことができない致し方ないものという見解の説明を受けたそうです。しかし、実際は問題なく除去できるものがほとんどであり、コーティング専門店のリボルトではその点における知識と技術も備えておりますのでご安心ください。

塗装面にあるラップガード跡を適切な処理により丁寧に取り除き、その上でアルファレッドの性質を捉えた下地処理技法によって、このカラーならではの鮮烈な輝きを存分に引き出しました。そして万全の状態となったボディには、リボルト独自開発の2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を形成いたしております。低分子硬化型・ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果 ( UVカット機能 )のあるトップコートにより、この輝きに透明感と膜厚感が生まれ、お車は保護されます。

これからは今まで通りのセオリーに沿った定期的な洗車によって、今回のジュリエッタも長期に渡って美しい状態を維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。