タグ別アーカイブ: いわき

イタリアの美意識が息づく。アルファロメオ ジュリエッタのカーコーティング

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ (アルファレッド)

福島県 いわき市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ

 

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド フロントバンパー1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド フロントバンパー2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット3

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド エンブレム

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ホイール1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ホイール2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド リアバンパー

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド グリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

スポーティーなシルエットにイタリアの美意識と遊び心が息づくアルファロメオ ジュリエッタ。オーナー様は同じアルファロメオのミトからのお乗り換えとなりました。以前所有されていたミトも、4年ほど前に当店にて「リボルト・プロ」を施工させていただいており、このたび2台目のご依頼です。

お車は、納車されてからおよそ1ヶ月経過してのご入庫となりましたが、オーナー様は塗装面に残存するラップガードの跡を気になさっていました。そもそもラップガードとは、新車を傷や汚れから守る目的で貼られるフィルム状の保護シートなのですが、貼り付け時のシワや保管している期間の環境などが要因となり跡が残ってしまうことがあります。特に長期在庫になっていた輸入車にはこういったことがよくあります。こちらのジュリエッタには、傷のように見えるものや段差が生じていてシミ状になっているものなど、様々な形のラップガード跡がルーフとボンネットを中心に多数見受けられました。

オーナー様のお話によりますと、納車前にディーラーにてサービスでボディコーティングを施工してくださったとのことでしたが、ラップガードの跡については消すことができない致し方ないものという見解の説明を受けたそうです。しかし、実際は問題なく除去できるものがほとんどであり、コーティング専門店のリボルトではその点における知識と技術も備えておりますのでご安心ください。

塗装面にあるラップガード跡を適切な処理により丁寧に取り除き、その上でアルファレッドの性質を捉えた下地処理技法によって、このカラーならではの鮮烈な輝きを存分に引き出しました。そして万全の状態となったボディには、リボルト独自開発の2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を形成いたしております。低分子硬化型・ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果 ( UVカット機能 )のあるトップコートにより、この輝きに透明感と膜厚感が生まれ、お車は保護されます。

これからは今まで通りのセオリーに沿った定期的な洗車によって、今回のジュリエッタも長期に渡って美しい状態を維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


精悍なフォルムを引き立てる美しさ。レヴォーグSTIのカーコーティング

スバル レヴォーグ STI スポーツ ( クリスタルブラックシリカ )

福島県 いわき市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ フロントバンパー1

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ ボンネット1

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ ボンネット2

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ ボンネット3

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ ボンネット4

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ ホイール1

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ ホイール2

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ マフラー

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ リアバンパー

スバル レヴォーグ STI スポーツ クリスタルブラックシリカ フロントグリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

レヴォーグ STI スポーツのご用命です。オーナー様には以前から当店をご利用いただいており、このたびランクル200からのお乗りかえによりお任せくださいました。いつもありがとうございます。

納車されてから2週間ほど経過してのご入庫となりましたこちらのお車、まずは専用の高輝度照明下で状態をチェックしてみると、塗装の曇りがやや強く全体的に小傷も見られました。

ただ、実際のところ塗装の曇りや小傷などは、専用の高輝度照明を当てることではじめて露わになるレベルの目立ちにくいものです。しかしながら、そういった一般的には分かりにくいものを入念に取り除いていくことによって、塗装そのものが持つ美しさが一段と表れますので、確実に納車時を大きく凌ぐ艶、輝きに変わります。

スバルのクリスタルブラックシリカは、塗装が柔らかめで、曇りがやや強い傾向があります。この性質に特化した下地処理を行い、質感を保ちつつ肌はそのままにに曇りと小傷を除去いたしました。これによりクリスタルブラックシリカ本来の良さが存分に表れ、深みと透明感が格段に増した輝きとなりました。

下地処理によって整えられたボディには、低分子・完全硬化型2層ガラスコーティングの「リボルト・プロ」被膜を定着させ、お車を保護すると同時にさらなる艶を増し加えます。

精悍なフォルムがより一層引き立つ美しさを纏ったレヴォーグ STI スポーツ。仕上がりをご覧になられたオーナー様にもご満足いただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


「最高の美しさへと導く下地処理」アウディS3のガラスコーティング

アウディ S3 スポーツバック ( グレイシアホワイトメタリック )

福島県 いわき市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アウディS3スポーツバック ボンネット1

アウディS3スポーツバック ボンネット2

アウディS3スポーツバック 右フェンダー

アウディS3スポーツバック ヘッドライト

アウディS3スポーツバック グリル

アウディS3スポーツバック ホイール

アウディS3スポーツバック テールレンズ

アウディS3スポーツバック リアバンパー

アウディS3スポーツバック マフラー

アウディS3スポーツバック フロントバンパー

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アウディのハイパフォーマンスモデル、S3スポーツバックのご用命です。

納車されて間もない新車ということもあり、コンディションは良好でしたが、新車特有の塗装のくもりが見られ、全体的にややもっさりと霧がかかっているような様子でした。

塗装のくもりを取り除き、グレイシアホワイトそのものの美しさを十分に表現させるため、このカラーの性質に適した最も相性の良いポリッシャー、バフ、コンパウンドを組み合わせた下地処理によって、全ての塗装面を最高の輝きへと導いていきます。

リボルトの下地処理(Revolt adjust system)は、単に磨き込むわけではなく、オーナー様がこれからお車を長く大切にお乗りになることを前提に、数年先の塗装状態も考慮して行います。

塗膜の厚さを確保し、塗装負荷を抑えた必要最小限の研磨によって本来の輝きをしっかり引き出しますので、今の愛車を長くきれいに乗り続けていきたいとお考えのオーナー様もぜひ安心してお任せください。

今回のS3も、下地処理を施したことでややもっさりした様子から一転、肌のきめが整いこのカラーの持ち味である優美なメタリックが鮮明に表れ、しっとりした美しい艶に包まれました。

塗装そのものの良さを余すことなく表現させた後は、全体に低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線による影響を軽減させる効果のあるトップコートを形成させ、2層プロテクションの「リボルト・プロ」被膜で最良の状態に整ったお車を保護いたしております。

今後はセオリーに沿った洗車を継続することにより、長い期間に渡ってこの艶、輝きをお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


燃費だけじゃない、走りにこだわる専用チューンナップ。トヨタ G’s アクアのカーコーティング

トヨタ アクア(ブラックマイカ)

福島県いわき市 T様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

福島県いわき市よりお越しのT様の トヨタ G’s アクアが仕上がりました。

トヨタ G's アクア(ブラックマイカ)右上全体

150227AQUA_J01

トヨタ G's アクア(ブラックマイカ)左サイド

トヨタ G's アクア(ブラックマイカ)右サイド

トヨタ G's アクア(ブラックマイカ)ボンネット

トヨタ G's アクア(ブラックマイカ)ルーフ

トヨタ G's アクア(ブラックマイカ)右クォーター

トヨタ G's アクア(ブラックマイカ)リア左

アクアといえば、燃費や販売台数が話題になりますが、走りにこだわるオーナー様にとっては、専用のエクステリアやチューニングが施されたG’sは、うれしい限りですね。

環境性能を追求しながらも、個性としっかりとした走りを楽しめるアクアG’sは本当に魅力的で、お得感も充分です。

お車は、トヨタの安定した塗装クオリティということもあり、状態は良好なものでしたが、ブラックマイカ(209)に最も適した下地処理によって塗装そのものの美しさを引きだし、リボルト・プロにてガラス被膜を定着させますと、オーナー様も乗るのがもったいないとおっしゃるほどの美しさとなりました。

春も近づき、タイヤを履き替えてのドライブが待ち遠しいですね。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山

 

 


「大人のFRスポーツ」トヨタ86のガラスコーティング

トヨタ 86(サテンホワイトパール)

福島県いわき市 I様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

トヨタ86(サテンホワイトパール)左上全体

トヨタ86(サテンホワイトパール)左正面

トヨタ86(サテンホワイトパール)右サイド

トヨタ86(サテンホワイトパール)右フェンダ

トヨタ86(サテンホワイトパール)右斜め前

トヨタ86(サテンホワイトパール)右クォーター

トヨタ86(サテンホワイトパール)右サイド後方

トヨタ86(サテンホワイトパール)リア

福島県いわき市よりお越しのI様のトヨタ86が仕上がりました。

オーナーのI様は、50代前半。お仕事もプライベートに充実した生活を送っていらっしゃいます。トヨタとスバルが本気で作ったこのクルマは、そんなI様にふさわしい純粋にドライビングを楽しめる大人のスポーツカーと言えますね。

ご購入からすぐ、いろいろとカスタマイズされており、これからも好みの86に仕上げて行く予定だそうですが、まずはコーティングということでご入庫いただきました。

86の塗装肌は、いわゆるユズ肌と呼ばれる表面の凹凸のうねりが大きい部類の塗装で、アルミのボンネットは、柾目のような独特の肌をしています。また、塗装の「ボケ」も案の定かなり強めに出ている状態でした。

特有の塗装肌をむやみに削り落とすのではない、塗装肌を優しく均一に磨く下地処理によって、オリジナル塗装の質感を変えることなく塗装本来の美しさを充分に引きだしてから、低分子完全硬化型ガラス被膜のリボルト・プロで仕上げさせていただきました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山