タグ別アーカイブ: アウディ

美しさの鍵を握るのは下地処理。アウディQ7のカーコーティング

アウディ Q7 ( オルカブラックメタリック )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アウディ Q7 オルカブラックメタリック フロントバンパー1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック フロントバンパー2

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ヘッドライト

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ボンネット1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ホイール1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ホイール2

アウディ Q7 オルカブラックメタリック 右ドア

アウディ Q7 オルカブラックメタリック リアバンパー

アウディ Q7 オルカブラックメタリック エンブレム

アウディ Q7 オルカブラックメタリック グリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アウディ Q7のご入庫です。オーナー様は今回のQ7のご購入前に、同クラスのBMWやメルセデスベンツ、レクサスのSUVを何度も比較試乗されていましたが、そんな時、初めて試乗したQ7に今までにない大きなインパクトを受けられ、すぐに購入をお決めになったそうです。

さて、お車ですが、全体に洗車傷レベルのうっすらした小傷が多く見られ、予想していたよりもダメージが見られました。ご入庫いただいた際に、当店の高輝度専用照明下でオーナー様と状態を確認いたしましたが、「新車でもこんなに傷があるものなんですね。」とおっしゃっておりました。最良の美しさでお乗りいただけるように、まずは下地処理によってこの状態を改善し、オルカブラックメタリックが持っている輝きを存分に引き出していきます。

硬いと言われるドイツの自動車メーカーの塗装ですが、その中でも硬さにはいくぶん差があります。個体差もありますが、メルセデスベンツの塗装の硬さを10とすると、ポルシェ、アウディ、フォルクスワーゲンの塗装の硬さはだいたい7といったところでしょうか。また、どのメーカーにも言えることですが、塗装の質感には多少なりとも常に変化があり、同じカラーであっても数年前と今ではその性質はガラッと変わっているという場合もあります。そのためコーティング専門店としては、日々変わりゆく各メーカーの様々な塗装の性質に対応し、どんなカラーであってもそのものの良さ、持ち味を最大限に引き出すことができるように、下地処理の技法を常に研究し続けるということが必要不可欠になります。

Q7のオルカブラックメタリックの質感は、従来のオルカブラックパールエフェクトやファントムブラックパールエフェクトとほぼ同じ傾向がありました。性質に大きな変化は見られなかったため、今までこれらの塗装に用いてきた技法を踏襲しつつ、最新のポリッシャーとバフ、コンパウンドを組み合わせ、より最適化された下地処理でボディ上の小傷を除去いたしました。

全ての塗装面を美しく整えた後は、リボルト独自開発の2層プロテクションガラスコーティング「リボルト・プロ」の形成に入ります。低分子・ガラス濃度100%の硬化型被膜であるベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートによって、お車に優れた保護性能が付加されると共に、膜厚感のあるしっとりした艶が生まれます。

当店こだわりの施工によって最上級の美しさとなったQ7に、オーナー様にもお喜びいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


「最高の美しさへと導く下地処理」アウディS3のガラスコーティング

アウディ S3 スポーツバック ( グレイシアホワイトメタリック )

福島県 いわき市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アウディS3スポーツバック ボンネット1

アウディS3スポーツバック ボンネット2

アウディS3スポーツバック 右フェンダー

アウディS3スポーツバック ヘッドライト

アウディS3スポーツバック グリル

アウディS3スポーツバック ホイール

アウディS3スポーツバック テールレンズ

アウディS3スポーツバック リアバンパー

アウディS3スポーツバック マフラー

アウディS3スポーツバック フロントバンパー

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アウディのハイパフォーマンスモデル、S3スポーツバックのご用命です。

納車されて間もない新車ということもあり、コンディションは良好でしたが、新車特有の塗装のくもりが見られ、全体的にややもっさりと霧がかかっているような様子でした。

塗装のくもりを取り除き、グレイシアホワイトそのものの美しさを十分に表現させるため、このカラーの性質に適した最も相性の良いポリッシャー、バフ、コンパウンドを組み合わせた下地処理によって、全ての塗装面を最高の輝きへと導いていきます。

リボルトの下地処理(Revolt adjust system)は、単に磨き込むわけではなく、オーナー様がこれからお車を長く大切にお乗りになることを前提に、数年先の塗装状態も考慮して行います。

塗膜の厚さを確保し、塗装負荷を抑えた必要最小限の研磨によって本来の輝きをしっかり引き出しますので、今の愛車を長くきれいに乗り続けていきたいとお考えのオーナー様もぜひ安心してお任せください。

今回のS3も、下地処理を施したことでややもっさりした様子から一転、肌のきめが整いこのカラーの持ち味である優美なメタリックが鮮明に表れ、しっとりした美しい艶に包まれました。

塗装そのものの良さを余すことなく表現させた後は、全体に低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線による影響を軽減させる効果のあるトップコートを形成させ、2層プロテクションの「リボルト・プロ」被膜で最良の状態に整ったお車を保護いたしております。

今後はセオリーに沿った洗車を継続することにより、長い期間に渡ってこの艶、輝きをお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


数年先まで見越した下地処理。アウディA3のカーコーティング

アウディ A3スポーツバック ( ミトスブラックメタリック  )

福島県 福島市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今回のアウディA3は、2015年式のディーラー試乗車でした。新車からおよそ1年経過していますが、予想していた以上に小傷や水シミが多く付いていて、オーナー様もその点を気にされていました。

こういった塗装面のダメージが目立つお車を磨く際に、研磨力の強い機材やコンパウンドを使用した磨き方があります。これは従来から用いられる効率的な方法ですが、その反面塗装への負荷が大きくなる傾向があるため、塗膜を必要以上に薄くしてしまうリスクもあります。

塗膜は薄くなればなるほど塗装自体の強度も弱まりますので、作業効率よりも今後数年先の塗装状態を考慮し、塗膜の厚さを十分に確保した研磨が理想的といえます。

「塗膜の厚さを確保しつつ、必要最小限の研磨で塗装面を最高の状態に整える」これが当グループの下地処理です。

下地処理前後のボンネットを比較してみます。

Before

アウディA3施工前その2

After

アウディA3施工後その2

当グループの下地処理は、塗装負荷を極力抑えながら小傷や水シミを処理することが可能です。質感はそのままに本来の輝きが表れます。

全ての塗装面を美しく整えた後は、全体にリボルト・プロ被膜を形成させ、お車をしっかり保護いたしております。

アウディA3フロントバンパー左

アウディA3ボンネット左

アウディA3左側面

アウディA3左フェンダー

アウディA3右側面前方

アウディA3右側面

アウディA3右側面後方

アウディA3左側面後方

アウディA3左クォーター

アウディA3正面右

お引き渡しの際には、深い艶に包まれたA3にオーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 


プレミアムコンパクトの代表格アウディA3のカーコーティング

アウディ A3 スポーツバック
(ファントムブラックパールエフェクト)

福島県郡山市 T様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ラディアス郡山の渡辺淳一です。

アウディA3スポーツバックの施工が完了しました。

アウディA3正面右

アウディA3フロントバンパー右

アウディA3ボンネット

アウディA3右側面前方

アウディA3正面左

アウディA3右側面

アウディA3右側面後方

アウディA3右クォーターパネル

アウディA3ボンネット左

アウディA3は、コンパクトなボディにプレミアム感が凝縮されていると思います。上品な外観や、高品質な素材を使用した内装、そして優れた走行性能など、どれをとってもその贅沢な仕様は、コンパクトクラスの中でも群を抜いています。

2012年式のこちらのアウディA3は、洗車傷や水シミの付着が目立つ状態にありました。その影響により、ボディカラーはファントムブラックパールエフェクトですが、やや白っぽく見えていて、ブラックの深みのある光沢やパールの美しさはまだ影を潜めていました。

プレミアムコンパクトの代表格であるA3ですから、それにふさわしいくらいのプレミアムな輝きにしなければなりません。ブラックの深みと、パールの美しさを十分に表現させる必要がありました。

そこで大切なのは下地処理です。仕上がりを決定づける非常に重要なこの工程は、塗装の性質に合わせて、そして塗装への負荷を極力かけないように行います。

決して質感は変えない優しい研磨によって、洗車傷や水シミを取り除くと、それまでの白っぽくややくすんでいたものがスッキリなくなり、ファントムブラックパールエフェクトの持つ良さが全体に表れました。

その上で低分子硬化型ガラス被膜であるリボルト・プロの被膜を形成させると、施工完了となります。どこから眺めても、プレミアムな輝きを放つA3に生まれ変わりました。

この度は誠にありがとうございました。

 

車のガラスコーティング ラディアス郡山


曲線美の結晶 アウディTTクーペのカーコーティング

アウディ TT クーペ(ファントムブラックパールエフェクト)

福島県福島市 T様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ラディアス郡山の渡辺淳一です。

福島県福島市よりお越しのT様のアウディTTクーペが仕上がりました。

アウディTTボンネット左

アウディTTボンネット右

アウディTT右側面前方

アウディTT左側面前方

アウディTTボンネットアップ

アウディTT右フェンダー

アウディTT右側面

アウディTT右側面後方

アウディTT左側面後方

アウディTTフロントバンパー左

アウディの中でもTTクーペは他のどのモデルにもない特徴的なデザインが目を引きます。丸みを帯びたルーフやノーズ、テールなど全体的に見られる曲線は、ホイールハウスの半円がモチーフとなっているそうです。

2008年式のこちらのTTクーペは、水シミは少ないものの、洗車傷をはじめ細かい傷が全体に多くあり、それらは目立つ状態にありました。

新車に比べて経年車の場合は、年数とともに塗装そのものの弾力が徐々になくなり硬化してくるため、傷などの処理もより注意を払わなければなりません。なかなか傷が取れないからといって磨きすぎは禁物です。

その塗装の特性を十分に考慮し、出来る限り塗装への負担を抑えて研磨を行うことが大切です。
入念な下地処理の上でリボルト・プロの被膜を形成させたTTクーペは、それまでの面影を感じさせないくらいの姿に変貌しました。

この度はご用命いただき誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山