タグ別アーカイブ: カーコーティング

「想い」と「情熱」マツダ デミオのカーコーティング。

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)

福島県郡山市 S様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

福島県須賀川市よりお越しのS様の マツダ デミオが仕上がりました。

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)左正面

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)左上全体

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)左サイド

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)ボンネット

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)右サイド

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)右正面

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)左サイド後方

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)左クォーター

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)左クォーター

マツダ デミオ(ダイナミックブルーマイカ)右フェンダ

販売絶好調のマツダ。以前は弊社でもマツダ車のご入庫は、あまり多くなかったのですが、CX-5の発売以降、すごい勢いでご入庫が増え、今では国産メーカーの中では、レクサス、トヨタに次ぐ施工台数となっています。確かにこのところのマツダは、クルマづくりの「想い」と「情熱」がストレートに伝わって来ますね。大きな変革を遂げたと思います。

こちらのデミオは、新車でそれなりにきれいではありましたが、やはりマツダ車特有の塗装の「ボケ」がきつくモッサリとして薄皮を被ったような状態でした。でも、塗装自体は薄いながらもしっかりしていますので、適切な下地処理で磨いてあげると本来の色がでてきます。
最適なコンパウンドとバフ、ポリッシャーを選択してあくまでやさしく磨き上げますと、眠っていたマイカの粒子がくっきりと現れて本来の美しい色合いとなりました。塗装面が整ったところで「リボルト・プロ」の完全硬化型ガラスを硬化させ、しっかりと保護被膜を形成致しました。

お引き渡しの際オーナー様は、納車時よりも格段に美しくなった姿にとても満足され、大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山

 

 


クラシックでエレガント。フィアット500Cツインエア ラウンジのカーコーティング。

フィアット500 TwinAir Lounge(ファンクホワイト)

福島県 郡山市 S様

ボディーガラスコーティング
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのS様の、フィアット500C ツインエア ラウンジが仕上がりました。

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右上全体

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右サイド

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)ボンネット

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)フロントグリル

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)リア左

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右サイド後方

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右クォーター

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右サイド下方

個性的なデザインが人気のチンクエチェントですが、開放的なスライディングルーフの500Cはさらにいいですね。シックなレッドのソフトトップが、クラシカルな雰囲気をいっそう洗練されたものにしています。特にトップを開けた時、折り畳んだヒダが見える後方からの眺めは本当に美しいです。

お車のカラーは、ファンクホワイトというパールホワイトです。洗車の後、こびりついた鉄粉、ピッチをさっぱり取り去り、下地処理では、納車前に磨かれたバフ傷も見られましたが、これもきれいに修正していねいに肌理を整えます。コーティング被膜には、もちろんリボルト・プロ。透明感と被膜感たっぷりの仕上がりとなりました。ファンクホワイトというパールホワイトは、かなりパールが利いていますが、リボルト・プロによってさらに塗装の品位が上がったと思います。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


新車乗用車販売台数トップを快走。トヨタ アクアのカーコーティング。

トヨタ アクア(ブラックマイカ)

福島県 いわき市 T様

カーコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

トヨタ アクア(ブラックマイカ)右上

トヨタ アクア(ブラックマイカ)左サイド

トヨタ アクア(ブラックマイカ)左フェンダー

トヨタ アクア(ブラックマイカ)左クォーター

トヨタ アクア(ブラックマイカ)ルーフ

トヨタ アクア(ブラックマイカ)右サイド全体

新車乗用車販売台数トップを快走する、トヨタ アクアのボディーガラスコーティングが仕上がりました。

カラーは、ブラックマイカ。ソリッドブラックの202は漆黒の美しさがありますが、こちらのブラックマイカも雲母がきらめく素晴らしいカラーですね。

お車は新車でございますが、新車の塗装に合わせた繊細な下地処理を行ってリボルト・プロの硬化型ガラス被膜を定着させることにより、マイカの美しさがいっそう引き立つ透明な仕上がりとなりました。

セオリーにしたがった洗車を継続することで、この美しさを長期的にお楽しみいただくことができます。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


インテリジェントスポーツセダン、レクサスIS350のカーコーティング

レクサス IS350(レッドマイカクリスタルシャイン)

福島県いわき市 O様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング

福島県いわき市よりお越しのO様のレクサス IS350が仕上がりました。

レクサス IS350(レッドマイカクリスタルシャイン)右上

レクサス IS350(レッドマイカクリスタルシャイン)左全体

レクサス IS350(レッドマイカクリスタルシャイン)右サイド

レクサス IS350(レッドマイカクリスタルシャイン)ボンネット

レクサス IS350(レッドマイカクリスタルシャイン)右クォーター

レクサス IS350(レッドマイカクリスタルシャイン)右サイド後方

オーナーのO様は、こちらのIS350を新車でご購入時にコーティングされましたが、5年が経過し塗装も年数なりにくすんできたため、新車時の艶と輝きを取り戻して大事に乗り続けたいということでご入庫いただきました。

お車は、比較的きれいに維持されていらっしゃいましたが、状態を細かくチェックをしていきますと固着物や鉄粉のほか、塗装ミストも付着しておりました。また、オーナー様ご本人がおっしゃっられるように小傷や水シミ、酸化劣化によるクスミも出ており、やや白っぽくなっている感じです。
幸い、致命的なスクラッチ傷や進行した酸性クレーターなどは無く、しっかりとした下地処理を行なってガラス被膜を形成をすれば、特級品のレクサスの塗装ですからかなりの仕上がりになることは、容易にイメージすることができました。

まずは、しっかりと洗車を行ってから細部をクリーニングし、鉄粉、塗装ミストの除去へと進めます。作業に当たっては、性能の良いケミカル選ぶことも重要ですが、やはり大事なのは「人の目と手」です。これらはなかなか時間のかかる作業ですが、決して手を抜くことなく一粒一粒根気よく除去していきます。

それから下地処理で傷やシミを処理しながら塗装面を磨き上げ、最高の状態に持って行きます。磨き上げると言いましてもラディアスの下地処理は、あくまで塗装に優しい繊細な磨きを行いますから、削って塗膜を薄くしてしまうようなことはありません。ハードな研磨で薄くなってしまった塗膜は元には戻りません。コーテイングの際の下地処理は、塗装の持つ美しさを最大限に引き出すことが目的であるということを忘れてはいけません。

下地処理で塗装本来の色ツヤを引き出した後は、リボルト・プロの完全硬化型のガラス被膜を定着させます。
リボルト・プロは、従来の量販タイプの高分子タイプのコーティング剤とは一線を画す低分子タイプの硬化型ガラス被膜であるため、塗装にしっかりと入り込み安定した被膜を形成します。そのため長期間効果を維持しやすいという特徴があります。また、3~4μという圧倒的な膜厚を確保できることで、被膜自体の耐久性が増し、塗装の保護効果という点でも大きなメリットがあります。

オーナー様にはご入庫いただくまで、だいぶお待たせしてしまいましたが「待った甲斐があった。素晴らしいです」と大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


ハイブリッド×スペース。人気沸騰プリウスαのカーコーティング。

トヨタ プリウスα

福島県いわき市 I様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県いわき市よりお越しのI様のプリウスαが仕上がりました。

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)正面右

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)ボンネット

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)左サイド

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)右サイド後方

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)右上全体

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)正面

オーナー様に納車されてから弊社にご入庫いただくまで、お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。
オーナー様のご希望に合わせて、納車後少しでも早く施工させていただくべく努力致してはおりますが、ガラスコーティング施工の性質上、予約状況によってはご入庫まで少々お時間をいただく場合もございます。
オーナー様にご満足いただくため、あくまでクオリティを第一として仕上げさせていただいておりますので、どうかご理解いただきたいと思います。
もちろん、ラディアス最高峰のコーティングコースであるリボルト・プロにつきましては、細部のクリーニング、下地処理としっかりと施工致しますので、納車から時間が経過したと致しましても仕上がりのクオリティに差が出るものではございませんので、どうかご安心下さいませ。

さてこちらは、このところご入庫が大変多くなっておりますプリウスαですが、今回ご入庫いただきましたのは、レッドマイカメタリックというトヨタらしい落ち着きのあるレッドです。

新車に見られる油分でこびりついた汚れををクリーニングしてから、下地処理で塗装本来の美しさを引き出します。微細な洗車傷とイオンデポジットを処理しながら磨き上げてから、硬化型二層被膜のリボルト・プロを定着させますと、さすが高品質のトヨタの塗装、施工させていただいた私自身が惚れ惚れしてしまうほど美しいレッドマイカメタリックとなりました。

お引き渡しの際、オーナー様は本当にお喜びになり「ブログに載せる」とたくさん写真を撮られていらっしゃいました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山