タグ別アーカイブ: ジュリエッタ

イタリアの美意識が息づく。アルファロメオ ジュリエッタのカーコーティング

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ (アルファレッド)

福島県 いわき市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ

 

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド フロントバンパー1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド フロントバンパー2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ボンネット3

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド エンブレム

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ホイール1

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド ホイール2

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド リアバンパー

アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ アルファレッド グリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

スポーティーなシルエットにイタリアの美意識と遊び心が息づくアルファロメオ ジュリエッタ。オーナー様は同じアルファロメオのミトからのお乗り換えとなりました。以前所有されていたミトも、4年ほど前に当店にて「リボルト・プロ」を施工させていただいており、このたび2台目のご依頼です。

お車は、納車されてからおよそ1ヶ月経過してのご入庫となりましたが、オーナー様は塗装面に残存するラップガードの跡を気になさっていました。そもそもラップガードとは、新車を傷や汚れから守る目的で貼られるフィルム状の保護シートなのですが、貼り付け時のシワや保管している期間の環境などが要因となり跡が残ってしまうことがあります。特に長期在庫になっていた輸入車にはこういったことがよくあります。こちらのジュリエッタには、傷のように見えるものや段差が生じていてシミ状になっているものなど、様々な形のラップガード跡がルーフとボンネットを中心に多数見受けられました。

オーナー様のお話によりますと、納車前にディーラーにてサービスでボディコーティングを施工してくださったとのことでしたが、ラップガードの跡については消すことができない致し方ないものという見解の説明を受けたそうです。しかし、実際は問題なく除去できるものがほとんどであり、コーティング専門店のリボルトではその点における知識と技術も備えておりますのでご安心ください。

塗装面にあるラップガード跡を適切な処理により丁寧に取り除き、その上でアルファレッドの性質を捉えた下地処理技法によって、このカラーならではの鮮烈な輝きを存分に引き出しました。そして万全の状態となったボディには、リボルト独自開発の2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を形成いたしております。低分子硬化型・ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果 ( UVカット機能 )のあるトップコートにより、この輝きに透明感と膜厚感が生まれ、お車は保護されます。

これからは今まで通りのセオリーに沿った定期的な洗車によって、今回のジュリエッタも長期に渡って美しい状態を維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


本来の鮮烈な輝きへ。アルファロメオ ジュリエッタのカーコーティング

 

このたびリボルトブランドへの統一に伴い、当店「ラディアス郡山」も「リボルト郡山」へとブランド変更となります。運営会社及びスタッフには変更ございませんので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

アルファロメオ ジュリエッタ ( アルファレッド )

福島県 福島市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アルファロメオ ジュリエッタの施工が完了しました。

アルファロメオ ジュリエッタ正面左

アルファロメオ ボンネット左

アルファロメオ ジュリエッタ正面右

アルファロメオ ジュリエッタボンネット

アルファロメオ ジュリエッタ右側面前方

アルファロメオ ジュリエッタ右フェンダー

アルファロメオ ジュリエッタ右側面

アルファロメオ ジュリエッタ右側面後方

アルファロメオ ジュリエッタ右クォーターパネル

アルファロメオ ジュリエッタフロントバンパー

こちらは2015年式のアルファロメオ ジュリエッタです。オーナー様はご購入から約1年が経過し、そろそろリフレッシュしてお乗りになりたいとのことでご用命いただきました。

ぱっと見るとコンディションは良さそうでしたが、専用の高輝度照明下で確認してみると、全体に小傷が多く、ボンネットやルーフにはバフ目やオーロラマークといった複数の磨いた痕跡が見つかりました。

特に磨いた痕跡は厄介で、屋外では分かりにくいいものの、太陽光などの光の当たり具合でふと気づくことがあります。新車時に他社コーティングを施工されていたジュリエッタでしたが、下地処理が万全ではなかったことが考えられます。

下地処理はガラスコーティングの仕上がりを決めてしまうといっても良いくらい大切な工程です。お店によっては今回のように磨いた痕跡を残したまま仕上げてしまうケースもありますが、当店ではこれを残さず、またすでに付いている場合も取り除いて、塗装そのものの美しさを存分に表現させます。

アルファレッドの性質に合ったポリッシャー、バフ、コンパウンドを組み合わせ、じっくりと研磨を進めていくと、それまでのバフ目、オーロラマークをはじめ、小傷もスッキリなくなり、本来の鮮烈な輝きに変わっていきます。全てのパネルが美しく仕上がったところで、最後にリボルト・プロ被膜の形成です。耐久性や防汚性に優れるだけでなく、紫外線軽減機能も備わっているこの低分子硬化型ガラス被膜により、ボディがしっかり保護されます。

お引渡しの際には、オーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 


美と官能のイタリアンスポーツ。アルファロメオ ジュリエッタのガラスコーティング。

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)

福島県郡山市 T様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

ラディアス郡山の渡辺秀紀です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
お正月はのんびりと過ごしました。飲んで食べてちょっとお腹まわりが気になりますが、仕事はエンジン全開で行きたいと思います。

さて今日は、アルファロメオ ジュリエッタのご紹介です。

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)右前方

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)ボンネット

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)左サイド

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)左サイド後方

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)ルーフ

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)正面

35年ぶりに復活したアルファのコンパクトスポーツ ジュリエッタ、軽快な走りと一目でアルファと分かる個性的なデザインはファンのハートを鷲掴みにしているようです。オーナーもT様も、すっかりアルファの魅力に取り憑かれていらっしゃるようです。

お車は、新車でご購入後ご入庫いただきましたので、それなりの状態にはありましたが、やはり輸入車の宿命である小傷が多く見られました。また、塗装の「ボケ」もあり、本来のアルファレッドからは程遠い状態でした。
最高レベルに仕上げられたアルファレッドはこんなものではありません。オーナー様にお喜びいただくため、アルファの塗装の特性に合わせた下地処理をしっかり行って、鮮烈なアルファレッドにいたしましょう。

アルファの塗装は、当然のことながらメルセデスやBMWとは特性が異なりますので、下地処理に使用するポリッシャーはもちろん、コンパウンドやバフも変える必要があります。単にツヤだしレベルであればこだわる必要もないかもしれませんが、ラディアスの下地処理は「塗装そのものの美しさを最大限に引き出す」ことを目的としていますから、使用するものも選び抜きます。バフひとつとっても素材、形状、厚さ、硬さからポリッシャーやコンパウンドとの相性なども考えなければなりません。

こうしてT様のジュリエッタもポリッシャー、コンパウンド、バフなどを選び、それらの能力をフルに生かす技法で下地処理を行ってから低分子完全硬化型のリボルト・プロで保護被膜を形成致しますと、塗装の色ツヤの美しさが増しただけでなく、パネルの造形がクッキリとし美しいシルエットが浮かび上がりました。

お引き渡しの際、オーナー様は仕上がりに大満足され、「うーん。この存在感」と、しばし愛車に見とれていらっしゃいました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


Cセグメントに新風。アルファロメオ ジュリエッタのボディーガラスコーティング

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)

福島県いわき市 O様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県いわき市よりお越しのO様のアルファロメオ ジュリエッタが仕上がりました。

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)正面

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)ボンネット

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)左サイド前方

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)右サイド後方

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)リアエンブレム

アルファロメオ ジュリエッタ(アルファレッド)右上

アルファロメオと言いますと、個性的なデザインや走りの面が話題の中心で、安全性や実用性においては今一歩という評価が多かったのですが、ジュリエッタは、その点においてもこのクラスでトップを行くゴルフ超えを目指して作られているようです。
となると、この雰囲気のあるデザインに最新メカニズム搭載で、安全性や実用性も大幅に向上したジュリエッタはかなり魅力的ですね。世界的にも新たなファンが拡大して行くことは間違いなさそうです。

こちらのジュリエッタ、納車されてまもなくのご入庫でしたが、傷とシミで塗装の状態はあまり芳しいものではありませんでした。
輸入車の場合、輸送や保管状況などどうしても厳しい環境におかれますから、シミや小傷が多くあるのが普通ですし塗装の不具合を直すために日本に到着後、修正を受けていることも多くあります。

こだわりを持って選びぬいたお車ですから、ピッカピカで乗りたいものですね。
ラディアスでは、高輝度照明の下でそれらを見逃すことなくしっかりと処理し、塗装本来の美しさを充分に引き出してからガラスの保護被膜を形成いたします。

O様のジュリエッタもアルファの塗装にベストな下地処理によって傷やシミを処理し、塗装そのものの美しさを引き出してからリボルト・プロのガラス被膜を形成いたしますと、鮮やかさと深みが増しただけでなく、パネルの造形までもがすっきりと浮かび上がって、オーナー様も大満足の仕上がりとなりました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山