タグ別アーカイブ: スポーツバック

「最高の美しさへと導く下地処理」アウディS3のガラスコーティング

アウディ S3 スポーツバック ( グレイシアホワイトメタリック )

福島県 いわき市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アウディS3スポーツバック ボンネット1

アウディS3スポーツバック ボンネット2

アウディS3スポーツバック 右フェンダー

アウディS3スポーツバック ヘッドライト

アウディS3スポーツバック グリル

アウディS3スポーツバック ホイール

アウディS3スポーツバック テールレンズ

アウディS3スポーツバック リアバンパー

アウディS3スポーツバック マフラー

アウディS3スポーツバック フロントバンパー

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アウディのハイパフォーマンスモデル、S3スポーツバックのご用命です。

納車されて間もない新車ということもあり、コンディションは良好でしたが、新車特有の塗装のくもりが見られ、全体的にややもっさりと霧がかかっているような様子でした。

塗装のくもりを取り除き、グレイシアホワイトそのものの美しさを十分に表現させるため、このカラーの性質に適した最も相性の良いポリッシャー、バフ、コンパウンドを組み合わせた下地処理によって、全ての塗装面を最高の輝きへと導いていきます。

リボルトの下地処理(Revolt adjust system)は、単に磨き込むわけではなく、オーナー様がこれからお車を長く大切にお乗りになることを前提に、数年先の塗装状態も考慮して行います。

塗膜の厚さを確保し、塗装負荷を抑えた必要最小限の研磨によって本来の輝きをしっかり引き出しますので、今の愛車を長くきれいに乗り続けていきたいとお考えのオーナー様もぜひ安心してお任せください。

今回のS3も、下地処理を施したことでややもっさりした様子から一転、肌のきめが整いこのカラーの持ち味である優美なメタリックが鮮明に表れ、しっとりした美しい艶に包まれました。

塗装そのものの良さを余すことなく表現させた後は、全体に低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線による影響を軽減させる効果のあるトップコートを形成させ、2層プロテクションの「リボルト・プロ」被膜で最良の状態に整ったお車を保護いたしております。

今後はセオリーに沿った洗車を継続することにより、長い期間に渡ってこの艶、輝きをお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


数年先まで見越した下地処理。アウディA3のカーコーティング

アウディ A3スポーツバック ( ミトスブラックメタリック  )

福島県 福島市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今回のアウディA3は、2015年式のディーラー試乗車でした。新車からおよそ1年経過していますが、予想していた以上に小傷や水シミが多く付いていて、オーナー様もその点を気にされていました。

こういった塗装面のダメージが目立つお車を磨く際に、研磨力の強い機材やコンパウンドを使用した磨き方があります。これは従来から用いられる効率的な方法ですが、その反面塗装への負荷が大きくなる傾向があるため、塗膜を必要以上に薄くしてしまうリスクもあります。

塗膜は薄くなればなるほど塗装自体の強度も弱まりますので、作業効率よりも今後数年先の塗装状態を考慮し、塗膜の厚さを十分に確保した研磨が理想的といえます。

「塗膜の厚さを確保しつつ、必要最小限の研磨で塗装面を最高の状態に整える」これが当グループの下地処理です。

下地処理前後のボンネットを比較してみます。

Before

アウディA3施工前その2

After

アウディA3施工後その2

当グループの下地処理は、塗装負荷を極力抑えながら小傷や水シミを処理することが可能です。質感はそのままに本来の輝きが表れます。

全ての塗装面を美しく整えた後は、全体にリボルト・プロ被膜を形成させ、お車をしっかり保護いたしております。

アウディA3フロントバンパー左

アウディA3ボンネット左

アウディA3左側面

アウディA3左フェンダー

アウディA3右側面前方

アウディA3右側面

アウディA3右側面後方

アウディA3左側面後方

アウディA3左クォーター

アウディA3正面右

お引き渡しの際には、深い艶に包まれたA3にオーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 


プレミアムコンパクトの代表格アウディA3のカーコーティング

アウディ A3 スポーツバック
(ファントムブラックパールエフェクト)

福島県郡山市 T様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ラディアス郡山の渡辺淳一です。

アウディA3スポーツバックの施工が完了しました。

アウディA3正面右

アウディA3フロントバンパー右

アウディA3ボンネット

アウディA3右側面前方

アウディA3正面左

アウディA3右側面

アウディA3右側面後方

アウディA3右クォーターパネル

アウディA3ボンネット左

アウディA3は、コンパクトなボディにプレミアム感が凝縮されていると思います。上品な外観や、高品質な素材を使用した内装、そして優れた走行性能など、どれをとってもその贅沢な仕様は、コンパクトクラスの中でも群を抜いています。

2012年式のこちらのアウディA3は、洗車傷や水シミの付着が目立つ状態にありました。その影響により、ボディカラーはファントムブラックパールエフェクトですが、やや白っぽく見えていて、ブラックの深みのある光沢やパールの美しさはまだ影を潜めていました。

プレミアムコンパクトの代表格であるA3ですから、それにふさわしいくらいのプレミアムな輝きにしなければなりません。ブラックの深みと、パールの美しさを十分に表現させる必要がありました。

そこで大切なのは下地処理です。仕上がりを決定づける非常に重要なこの工程は、塗装の性質に合わせて、そして塗装への負荷を極力かけないように行います。

決して質感は変えない優しい研磨によって、洗車傷や水シミを取り除くと、それまでの白っぽくややくすんでいたものがスッキリなくなり、ファントムブラックパールエフェクトの持つ良さが全体に表れました。

その上で低分子硬化型ガラス被膜であるリボルト・プロの被膜を形成させると、施工完了となります。どこから眺めても、プレミアムな輝きを放つA3に生まれ変わりました。

この度は誠にありがとうございました。

 

車のガラスコーティング ラディアス郡山


スタイリッシュ4ドアクーペ。アウディA5スポーツバックのガラスコーティング

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)

福島県石川郡 F様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県石川郡よりお越しのF様のアウディA5スポーツバックが仕上がりました。

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)右上

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)右正面

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)左上

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)左サイド前方

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)ボンネット

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)左サイド後方

アウディ A5スポーツバック(ガーネットレッドパールエフェクト)リア右

オーナーのF様は、マイナーチェンジ前のA5スポーツバックを探しておられましたが、ようやく希望のA5SBが見つかり、この度ご入庫いただきました。特にこだわったのはボディーカラーで、走行わずかなガーネットレッドパールエフェクトを見つけるのに苦労されたようです。

当初から弊社にてガラスコーティング施工のご予定でしたが、残念ながらお車は既に磨かれてしまっており、ボディー全体に研磨痕であるバフ傷とオーロラマークがびっしりと残った状態でした。当然ツヤもなく、色味も白ボケしたようにややピンクがかった印象です。

でも、心配ご無用です。ラディアスの下地処理は、それらの不具合もしっかりと修正することができます。蛍光灯や水銀灯では露見しないバフ傷やオーロラマークも、高輝度専用照明でしっかり確認しながら塗装に負担をかけない独自の技法で磨き上げて除去し、塗装そのものの美しさを引き出します。

下地処理で本来の色ツヤを取り戻した塗装面には、さらにリボルト・プロのガラス被膜を定着させます。リボルト・プロは、一般的なコーティング剤とは全く異なる低分子タイプであるため、塗装にしっかり入り込んで完全硬化しますので耐久性が大きく向上しておりますし、膜厚も従来品を大きく凌ぐ3~4㎛を確保しています。

仕上がったF様のA5スポーツバックは、色の深みと透明感が増し、アウディらしい上品なパネルの造形がクッキリと浮かび上がりました。

お引き取りに来られたオーナー様は「新車以上の艶と輝きだ」と大変お喜びになり、しばし満足げに見とれていらっしゃいました。これこそが、オーナー様がこだわられたガーネットレッドパールエフェクトですね。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


スタイリッシュ4ドアクーペ。アウディA5スポーツバック2.0TFSI クワトロ S-lineのカーコーティング

アウディ A5スポーツバック 2.0TFSI クワトロ S-line(グレイシアホワイトメタリック)

福島県福島市 K様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県福島市よりお越しのK様のアウディA5スポーツバックが仕上がりました。

Audi A5 sportback 2.0TFSI quattro S line(グレイシアホワイトメタリック)

Audi A5 sportback 2.0TFSI quattro S line(グレイシアホワイトメタリック)右正面

Audi A5 sportback 2.0TFSI quattro S line(グレイシアホワイトメタリック)ボンネット

Audi A5 sportback 2.0TFSI quattro S line(グレイシアホワイトメタリック)左サイド後方

Audi A5 sportback 2.0TFSI quattro S line(グレイシアホワイトメタリック)左フェンダ

Audi A5 sportback 2.0TFSI quattro S line(グレイシアホワイトメタリック)左サイド

流れるようなボディーラインが美しいアウディA5スポーツバック。クーペの美しさとセダンの機能性を合わせ持つこのクルマは、エクステリアもインテリアもアウディならではの上質感に満ちていて、人気があるのも納得です。

こちらは、グレイシアホワイトメタリックというカラーで、メタリックの粒子が非常に細かく均一であるため、パッと見はメタリックと気がつきにくいかも知れません。あえて押さえた感じがとても品が良く、A5スポーツバックのボディーにぴったりとマッチしています。

ラディアスが得意とする塗装の特性にベストな下地処理を施した後、リボルト・プロのガラス被膜で保護いたしますと、塗装の美しさばかりかプレスラインやパネルの形状もクッキリと浮かび上がり、A5スポーツバックの計算し尽くされた美しさを再認識することとなりました。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山