タグ別アーカイブ: トヨタ

「意外と盲点」新車の窓ガラス

リボルト郡山の渡辺淳一です。

新車の窓ガラスの内側、見過ごされがちですが実は意外と汚れています。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ 新車 フロントガラス1

こちらは納車当日にご入庫いただきました新車のフロントガラスです。上記の画像に分かりやすく青い枠で囲んだ部分がありますが、これはガラスをマウントする際に付いた吸盤の跡と思われます。また、全体的に白っぽく曇っていて本来あるべきクリアな映り込みではありません。これは外側ではなく内側の状態です。

盲点となっている部分かもしれませんが、新車の窓ガラスはこのようになっている場合がメーカーを問わずよく見られ、その他にもフロントガラスは納車前まで内側にステッカーやシールの類が貼られていたりしますので、これらの糊が部分的に残っていることもあります。

リボルト郡山では、コーティング施工において窓ガラスの内側も全ての面を丁寧に拭き上げます。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ 新車 フロントガラス2

窓ガラスの内側もケアしてあげることで、お車の美観をより高めることに繋がります。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


「イメージ一新」トヨタ カムリのガラスコーティング

リボルト郡山の渡辺淳一です。

トヨタ カムリのご入庫です。今年のフルモデルチェンジで大胆にイメージを一新し、先代モデルの堅実な佇まいからよりアグレッシブでクーペのような伸びやかなデザインとなりました。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ フロントバンパー1

ボディカラーのアティチュードブラックマイカも、これまたカムリによく映えますね。モデリスタのエアロパーツと相まって、華やかなフォルムをいっそう魅力的に演出しています。

オーナー様からは、納車のめどがお分かりになり次第すぐにご予約をいただき、お車は納車日にお持ち込みくださいました。一見するときれいなものの、専用の高輝度照明下でボディをチェックしてみると、やはり新車とはいえ拭き傷、洗車傷程度の細かい傷やイオンデポジットは見受けられ、塗装面は万全ではありません。これらは目立ちにくいものですが、本来の美しさを損ねている要因です。

通常ですと分かりにくいマイナス要因も、当店では見逃すことなく処理いたします。次の画像は、施工前後の比較のため撮影したルーフとボンネットの一部です。

Before

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工前ルーフ

After

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工後ルーフ

Before

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工前ボンネット

After

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ 施工後ボンネット

アティチュードブラックマイカの質にマッチした下地処理で小傷や水シミなどを除去し、この塗装そのものの良さを引き出してあげると、カムリの印象はご入庫時と比べて大きく変わりました。やや白っぽく曇りがかっていた塗装面から一転、色の深みとわずかな青みも感じられるようになり、マイカの粒子もクッキリ表れます。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ フロントバンパー2

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ ホイール1

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ モデリスタ リアバンパー1

美しく整ったボディには「リボルト・プロ」を形成させて、この状態を保護するとともに艶と輝きにも厚みを与えています。伸びやかで華やかなスタイルがさらに引き立ち、まるで吸い込まれるような光沢に包まれたカムリ。お引き取りにいらしたオーナー様にもお喜びいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


「美しくもデリケート」ブラック 202

リボルト郡山の渡辺淳一です。

トヨタ定番の人気カラー、202のブラック。黒の漆をイメージしたとされるソリッドカラー、下地処理で塗装面を整えることで他のどのカラーでも表現することができない吸い込まれるような深い艶と光沢に生まれ変わります。

ただ、ご存知の方も多いと思いますが、202のブラックは非常に繊細な塗装です。プロのコーティング施工店といえども、この塗装を磨き傷を残さずに美しく仕上げられるショップは数少ないです。技術力がはっきり表れる塗装でもあります。

トヨタ カムリ 左側面前方

トヨタ クラウン マジェスタ 202 ブラック ボンネット

トヨタ プリウスα ブラック 右上

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 右フェンダー

当店では、繊細な202のブラックも磨き傷を残さずに本来の美しさを最大限に引き出すことができますので、お悩みの方はぜひお問い合わせくださいませ。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


一歩先を行くデザイン。トヨタ プリウスのカーコーティング

 

このたびリボルトブランドへの統一に伴い、当店「ラディアス郡山」も「リボルト郡山」へとブランド変更となります。運営会社及びスタッフには変更ございませんので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

トヨタ プリウス ( ホワイトパールクリスタルシャイン )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

トヨタ プリウスの施工が完了しました。

トヨタ プリウス ボンネット左

トヨタ プリウス 正面右

トヨタ プリウス 右フェンダー

トヨタ プリウス 右側面

トヨタ プリウス 右側面後方

トヨタ プリウス 右クォーター

トヨタ プリウス リア右

トヨタ プリウス トランク

トヨタ プリウス リア左

トヨタ プリウス 正面左

4代目プリウスが発表された当初、写真を見てびっくりしました。正直なところちょっとやりすぎなのではと感じましたが、最近は見慣れてきてそれまでの印象はすっかりなくなりました。今までにない斬新なデザインで、とにかく完成度が高く素晴らしいです。ハイブリッドカーの先駆者といえるプリウスですが、デザインの面でも一歩先を行く存在なのだと思います。さすが世界のトヨタです。

今回のプリウスは納車から間もないご入庫となりました。コンディションは比較的良好できれいな新車といったところでしたが、独自の下地処理技術とリボルト・プロ被膜の形成によって、きれいな新車からひときわ美しい新車へと変貌しました。

下地処理で塗装面を最良に仕上げた後、全体に形成させるリボルト・プロ被膜は、お車に特有のしっとりした艶を与えます。分子量が小さく塗装表面の凹凸にしっかり入り込むことができるため、より強固な定着が可能となり抜群の耐久性を誇ります。また、防汚性はもちろん紫外線を軽減させる効果もあるので、保護性能においても一般的なガラスコーティングにくらべて大きなアドバンテージがあります。

これからは付いてしまった汚れも固着しにくくなりますので、セオリーに沿った洗車をすることでみるみる落ちていきます。きっと楽しんでお手入れしていただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


真のスーパーホワイトへ。トヨタ ランドクルーザー プラドのカーコーティング

トヨタ ランドクルーザー プラド ( スーパーホワイトⅡ )

福島県 西白河郡 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ

 

ラディアス郡山の渡辺淳一です。

トヨタ ランドクルーザー プラドの施工が完了しました。

トヨタ ランドクルーザー プラド 正面左

トヨタ ランドクルーザー プラド 左側面前方

トヨタ ランドクルーザー プラド 右ヘッドライト

トヨタ ランドクルーザー プラド 右側面前方

トヨタ ランドクルーザー プラド ボンネット前方

トヨタ ランドクルーザー プラド ボンネット右

トヨタ ランドクルーザー プラド 左フェンダー

トヨタ ランドクルーザー プラド 左側面後方

トヨタ ランドクルーザー プラド バックドア

トヨタ ランドクルーザー プラド 正面右

トヨタのホワイトといえばホワイトパールクリスタルシャインが定番ですが、こちらのプラドはスーパーホワイトⅡです。個人的にソリッドの白はスポーツカーによく似合うイメージがありますが、プラドをはじめSUVの力強いスタイルにもピッタリだと思います。

状態は新車ということもあり良好ではありましたが、塗装のくもりが予想以上に強く全体がモッサリしていました。トヨタの塗装は傾向的に新車時のくもりが少なめですので、これはちょっと意外でした。他に小傷や水シミなどの気になる部分は見られなかったので、くもりを除去するのに特化した方法で下地処理を行います。

今回のスーパーホワイトⅡですが、やはりトヨタの塗装クオリティで質感は高く、くもりは多いものの肌はきめ細かく、適度な硬さがありました。研磨を進めていくと、くもりがみるみる消えてまばゆい輝きに変わっていきます。全ての塗装面を整えリボルト・プロ被膜を形成させると、プラドの力強いボディラインが強調され、ご入庫時を大きく凌ぐ美しさに変わりました。

仕上がりをご覧になられたオーナー様もその違いを実感され、お喜びになりました。

この度は誠にありがとうございました。

 

車のガラスコーティング ラディアス郡山