タグ別アーカイブ: ハイブリッド

トヨタの傑作ミニバン。エスティマ ハイブリッドのガラスコーティング。

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)

福島県会津若松市 K様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県会津若松市よりお越しのK様のトヨタ エスティマハイブリッドが仕上がりました。

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)左上

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)左サイド

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)ボンネット

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)左フェンダ

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)左サイド後方

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)左斜め前

トヨタ エスティマハイブリッド(アイスチタニウムマイカメタリック)右上

発売以来、ずっと人気を保ち続けるトヨタ エスティマ。卵形のスタイリッシュなフォルムは今でも新鮮で、他のミニバンにはない洗練された雰囲気を持っています。ボディーサイズも絶妙で、売れ続けるのも納得です。エスティマは、紛れもなくトヨタの傑作といえますね。オーナー様も2台目のエスティマ ハイブリッドで、弊社へも前車に続いてのご入庫となりました。

お車は、完璧なガレージ保管という恵まれた環境と、オーナー様のお手入れのおかげで、ボディーはきれいな状態でした。ただ、全体に納車される以前からついてしまっていたというイオンデポジット(水シミ)と洗車傷などの小傷の影響もあって、モヤッと曇った感じが残り、まだまだ美しくできる余地がありました。
前回の施工は、ブラック(202)で傷やシミも多めでしたが、今回はアイスチタニウムマイカメタリックの新車ですので、当然、下地処理で使用する機材もケミカルも技法も変えて下地処理を行いました。塗装の美しさを最大に引きだすという下地処理の目的は同じですが、それを確実に達成するためには、塗装の状態や特性に合わせた下地処理が非常に重要です。いかにして塗装に負担をかけずに美しく仕上げるか。今後も努力を続けて参りたいと思います。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


アウディ初のハイブリッド、アウディA6ハイブリッドのガラスコーティング。

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)

福島県安達郡 W様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県安達郡よりお越しのW様のアウディA6ハイブリッドが仕上がりました。

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)右上

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)右前方

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)ボンネット

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)ルーフ

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)リア左サイド

アウディ A6 ハイブリッド(グレイシアホワイトメタリック)左上

A6ハイブリッドは、2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンにモーターを組み合わせたアウディ初のハイブリッドです。
このクラスのハイブリッドもレクサスGS450hやBMWアクティブハイブリッド5など、魅力的な車がいろいろ出てきました。ハイブリッドのシステムや価格、装備など、このクラスのハイブリッドを購入を検討されているオーナー様にとっては、楽しい悩みとなりそうです。

さて、こちらW様のA6ハイブリッド、輸入車にありがちな修正痕もなく傷も少なめで状態は良好でした。しかし、グレイシアホワイトメタリックというこのカラー、塗装が曇ってすっきりしない感じで、いつものアウディの塗装と比べると今一つといったところでした。

アウディの塗装は、こんなものではありませんので、しっかりとした下地処理でアウディの塗装本来の美しさを引き出します。
一般的な施工店の下地処理技法では、塗装肌の高い部分に圧力がかかって削りすぎ、低い部分はしっかり磨けないという現象が起こります。ラディアスでは、特殊な動きをする機材に最適なバフとコンパウンドを組み合わせて塗膜を極力減らすことなく塗装肌の「うねり」を均一に磨き上げます。このやさしく均一に磨く技法により塗装の質感を変えることなく、塗装本来の美しさを最大限に引き出すことが可能となります。

塗装が本来の美しさを取り戻した後は、ラディアスオリジナルのリボルト・プロの強力な被膜を定着させます。リボルト・プロは、従来の量販型コーティング剤とは違い極めて短時間で完全硬化しますので、施工直後に雨が降っても洗車しても被膜に影響がでることはありません。また、低分子量タイプであるため塗装の隅々までしっかりと入り込みますので耐久性も大幅に向上しております。

お引き渡しの際、オーナー様には仕上がりの美しさを大変お喜びいただきましたが、後日、早速洗車されて「汚れが簡単に落ちて洗車が楽になった。撥水も素晴らしい」とお喜びのメールを頂戴致しました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


強さと優しさの高級車、トヨタ ヴェルファイア ハイブリッドのガラスコーティング。

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド(ブラック)

福島県郡山市 M様

ガラスコーティング
リボルト・プロ

福島県郡山市よりお越しのM様のトヨタ ヴェルファィア ハイブリッドが仕上がりました。

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 正面左

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック ボンネット

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 右フェンダー

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 右クォーター

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 右上

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ブラック 左フェンダー

最近のミニバンの進化には、本当に目を見張るものがあります。スタイル、走行性能は言うに及ばず、環境性能も高めたハイブリッドの登場で、さらにもう一段進化しました。
今や、若い世代から家族を大切にするファミリー層まで「憧れ」の存在になっています。

ステータスに満ちた高級車であるヴェルファイアですから、オーナーになられた皆様は、しっかりとしたクオリティの高いコーテイングを施工して、長く大事に乗りたいとお考えでしょう。

そんなオーナー様のご期待にお応えできる正真正銘のガラスコーティングは、ラディアスグループが誇る「リボルト・プロ」であると自信をもってお勧めすることができます。
「リボルト・プロ」は、独自に研究開発された塗装の美しさを最大限に引き出す下地処理技術と、低分子タイプで塗装に強力に密着し、今までにない耐久性と保護性能を実現した完全硬化型の濃度100%の「美しさ」と「強さ」を合わせ持った次世代コーティングです。

M様のヴェルファイア ハイブリッドは、ごまかしの利かないソリッドカラーの「ブラック202」でございますが、塗装の特性にベストマッチの下地処理で本来の色艶を引き出した後、クオリティを最優先で開発されたリボルト・プロのガラス被膜を形成し、しっかりと保護致しております。

仕上がりは202ならではの、ため息のでるような美しさとなり、お引き渡しの際M様には大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


「きれい」から「美しい」へ。アルファード ハイブリッドのガラスコーティング。

トヨタ アルファード ハイブリッド(ホワイトパールクリスタルシャイン)

福島県 須賀川市 Y様

ガラスコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県須賀川市よりお越しのY様のトヨタ アルファード ハイブリッドが仕上がりました。

トヨタ アルファード ハイブリッド 左前方

トヨタ アルファード ハイブリッド ボンネット

トヨタ アルファード ハイブリッド 右サイド後方

トヨタ アルファード ハイブリッド 左上全体

トヨタ アルファード ハイブリッド 左正面

トヨタ アルファード ハイブリッド 右フェンダー

トヨタの最高級ミニバン、アルファード。デザイン、居住性、走行性能とどれをとっても非常にハイレベルですが、今回のハイブリッドの導入で最先端の環境性能も手に入れましたね。
人気のアルファードのハイブリッドということで、ますます人気に拍車がかかりそうです。

さて、こちらのアルファード、お車の状態は、傷やシミも少なくきれいで良好な状態でした。
しかし、あえて言えば、肌がきれいな上に粒子も細かく整っているため、逆にパールの利きがいまひとつといった感もあります。

トヨタの定評あるホワイトパールクリスタルシャインの良さを最大に引き出すためには、塗装の特性にあわせた最適な下地処理を行うことが重要です。削るような粗い研磨は、絶対にしてはいけません。
ラディアスでは、「最小限の研磨で最高の美しさに到達する」ということにポイントをおいた下地処理を行っていますので、塗装に余計な負荷をかけることなく塗装そのものの美しさを引き出すことができます。

下地処理をしっかりと行ってから、硬化型二層被膜のリボルト・プロのガラス被膜を定着させたY様のアルファードは、「きれいだけどもう少し」といった状態から「パールが利いた上品な美しさ」へと大きく変貌を遂げました。

お引き渡しの際オーナー様は、その変化をはっきりと認識され、大変お喜びになりました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


鮮やかなアズールブルーが目覚めます。ホンダ フィット ハイブリッドのカーコーティング。

ホンダ フィット ハイブリッド(アズールブルー)

福島県 いわき市 S様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ

福島県いわき市よりお越しのS様のホンダ フィット ハイブリッドが仕上がりました。

ホンダ フィット ハイブリッド(アズールブルー)正面

ホンダ フィット ハイブリッド(アズールブルー)左前方

ホンダ フィット ハイブリッド(アズールブルー)ボンネット

ホンダ フィット ハイブリッド(アズールブルー)左サイド後方

ホンダ フィット ハイブリッド(アズールブルー)ルーフ

ホンダ フィット ハイブリッド(アズールブルー)左全体

こちらは、以前、弊社にて施工いただきましたCR-Zのオーナー様からのご紹介でご入庫くださいました。
ありがとうございます。

このところ、ハイブリッド車をご購入されるオーナー様が、本当に増えてまいりました。
今調べてみましたら、軽自動車を含む乗用車の新車販売台数に占めるハイブリッド車の割合が、2012年1月に初めて2割を超えたそうです。新車販売の5台に1台は、ハイブリッドということになりますから、それにしても凄いスピードで増えています。
それに比例して、弊社へご入庫いただく新車のお車も、必然的にハイブリッド車の割合が非常に高くなっております。
プリウスを筆頭に、プリウスα、フィット、フィットシャトル、フリード、レクサスCT、HS、RX・・それからアルファードHVなどのご予約もいただいております。

さて、こちらS様のフィットHVでございますが、ホンダの塗装の特徴である新車特有の「ボケ」が強く、極端に言えば、塗装の上に薄い曇りガラスをのせたようなはっきりしない感じでした。
この「ボケ」をすっきりさせなくては、到底美しい仕上がりは望めません。
ラディアスでは、新車の「ホーロー層」といわれる塗装表面の硬い部分を意識した、塗膜に負担がかからない均一でやさしい下地処理を行いますので、新車の塗膜を減らすことなくしっかりと塗装のボケを取り、塗装本来の美しさを引き出すことができます。

仕上がりましたS様のフィットは、ホンダの塗装に最適な下地処理とリボルト・プロによって目の覚めるようなアズールブルーとなり、オーナーのS様には大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山