タグ別アーカイブ: フィアット

限定モデル、フィアット500Sエッセンツァのカーコーティング

フィアット 500S エッセンツァ (グレイポンペイ)

福島県郡山市 H様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ラディアス郡山の渡辺淳一です。

フィアット500Sエッセンツァの施工が完了しました。

フィアット500正面左

フィアット500フロントバンパー左

フィアット500右側面前方

フィアット500右側面

フィアット500ボンネット右

フィアット500ボンネット

フィアット500左フェンダー

フィアット500右側面後方

フィアット500左側面後方

フィアット500正面

フィアット500Sエッセンツァは、100台限定で発売されたモデルです。これまでも毎年限定モデルが発売されてきたフィアット500ですが、今年は例年になく多くの限定車が発表されているそうです。愛嬌のあるスタイルにイタリア車ならではのお洒落な雰囲気があり、どんなボディカラーでも似合うと思います。タイミングを逃したら二度と手に入らない限定車ですから、所有する喜びも格別ですね。

新車で状態は特に問題ありませんでしたが、ここからさらに美しく変わります。新車の施工は高いレベルのクオリティを求めていくと、塗装の性質に合わせた最適な下地処理が必要になります。

新車に下地処理を行う上で大切なのは、塗膜の厚さを十分に考慮し、質感はそのままに持っている良さを余すことなく表現させることです。経年車で傷やシミなどが多い場合とはまた違った方法で丹念に研磨していきます。

優しい研磨によって新車特有の塗装のくもりが取り除かれ、グレイポンペイの良さが表れると、プレスラインやうねりなどのパネルの形状が今までよりも際立ち、もっと美しく感じられるようになりました。最良に整えた塗装面にリボルト・プロの被膜を定着させると仕上がりです。

限定モデルにふさわしい、透明感と膜厚感たっぷりの特別な輝きに包まれました。

この度は誠にありがとうございました。

 

車のガラスコーティング ラディアス郡山


クラシックでエレガント。フィアット500Cツインエア ラウンジのカーコーティング。

フィアット500 TwinAir Lounge(ファンクホワイト)

福島県 郡山市 S様

ボディーガラスコーティング
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのS様の、フィアット500C ツインエア ラウンジが仕上がりました。

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右上全体

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右サイド

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)ボンネット

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)フロントグリル

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)リア左

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右サイド後方

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右クォーター

FIAT500C TwinAur Lounge(ファンクホワイト)右サイド下方

個性的なデザインが人気のチンクエチェントですが、開放的なスライディングルーフの500Cはさらにいいですね。シックなレッドのソフトトップが、クラシカルな雰囲気をいっそう洗練されたものにしています。特にトップを開けた時、折り畳んだヒダが見える後方からの眺めは本当に美しいです。

お車のカラーは、ファンクホワイトというパールホワイトです。洗車の後、こびりついた鉄粉、ピッチをさっぱり取り去り、下地処理では、納車前に磨かれたバフ傷も見られましたが、これもきれいに修正していねいに肌理を整えます。コーティング被膜には、もちろんリボルト・プロ。透明感と被膜感たっぷりの仕上がりとなりました。ファンクホワイトというパールホワイトは、かなりパールが利いていますが、リボルト・プロによってさらに塗装の品位が上がったと思います。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)のカーコーティング

フィアット 500 マジェンタ(マゼンタレッド)

福島県 I様

ボディーがラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県よりお越しのI様のフィアット500マジェンタが仕上がりました。

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)ボンネット左上

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)左前方

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)正面

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)ボンネット右

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)左クォーター

フィアット500 マジェンタ(マゼンタレッド)右上全体

眺めて乗って、とにかく楽しいチンクエチェントですが、こちらは100台限定のモデルで、カラーは鮮やかなマゼンタレッドです。
エンジンは、直列2気筒 マルチエア インタークーラーターボで、オーナー様によると「エンジンが活発で、バイクに乗っているみたいに楽しい」そうです。
小さくて軽く効率の良いこのエンジンは、確かにチンクエチェントにうってつけだと思います。これならチンクの魅力的な走りを存分に味わうことができるのではないでしょうか。

個性たっぷりのチンクエチェント マジェンタ。ラディアスのリボルト・プロで、さらに魅力的に仕上げさせていただきます。

早速、高輝度専用照明下でチェックさせていただきますと、仕方のないことですが、やはり塗装はボケボケです。
ガラス被膜を形成させる前の下地処理の段階で、この「塗装のボケ」をどれだけクッキリさせることができるかが、美しく仕上がるかどうかの鍵を握ります。

チンクエチェントも大変ご入庫の多いお車で、多くの台数を施工させていただいておりますが、お車の状態は一台一台違います。
ベストな下地処理を行うためには、データや経験を生かしながらも、あくまで個体に合わせた下地処理を行うことが重要です。
こちらのマゼンタレッドは、従来のチンクエチェントの塗装と同じ傾向ではありましたが、細かい部分の特性は微妙に違っておりましたので、今回は、面圧の調整で研磨がコントロールしやすいコンパウンドとバフをチョイスし、塗膜を減らすことのない優しい研磨でありながらも、きつめのボケをしっかり解消できる下地処理を行いました。

塗装の特性にマッチした技法によって下地処理を終えたあと、無溶剤、濃度100%の低分子タイプの硬化型ガラス被膜リボルト・プロを定着させますと、マゼンタレッド本来の色が姿を現し、クッキリ鮮やかで艶やかな仕上がりとなりました。
オーナー様、これが本来の「マゼンタレッド」です。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。


フィアット500仕上がりました

フィアット 500(ボサノバホワイト)
福島県伊達市 I様
ガラスコーティング
リボルト
窓ガラス撥水加工
福島県伊達市よりお越しのI様のフィアット500が仕上がりました。
このところのフィアット500の人気は凄いですね。
BMW ミニ、フォルクスワーゲン ポロなどとは一味違ったオシャレ度満点なところが人気のポイント
でしょうか。
ボディカラーもビタミニックオレンジ、パソドブレレッド、チャチャチャアズール、グリジオカンポボーロ
などチンクエチェントのデザインにぴったりの個性的なカラーが豊富です。
こちらはボサノバホワイトというソリッドのホワイトで、ソリッドカラーならではの柔らかな味わいのある
ホワイトですが、チンクのソリッドは曇りが強い傾向がありそのままコーティングしてもその色合いを充分
に引き出せませんので、チンクにベストな下地処理を行ってからガラス繊維素被膜のベースコート+トップ
コートの2層コートで仕上げております。
お引き渡しの際オーナー様は、美しく仕上がった愛車にしばし見とれてていらっしゃいました。
今後とも末長くお付き合い下さいませ。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
101230FIAT500_04.jpg
101230FIAT500_07.jpg
101230FIAT500_03.jpg
101230FIAT500_06.jpg
101230FIAT500_09.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山


アバルト 500仕上がりました

アバルト 500(グリジオカンポボーロ)
宮城県仙台市 A様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
宮城県仙台市よりお越しのA様の アバルト 500 が仕上がりました。
「サソリの毒」が入ったアバルト チンクエチェント。
本当に走らせてみたくなりますね。サソリの毒にはどんな刺激があるのでしょうか?
こちらのアバルトは、外観は非常に控えめでカラーも独特のソリッドのグレーということで
いかにもという感じではなく、いわばおとなのアバルトですね。
オーナー様のセンスが感じられます。
ご入庫された時点では、新車特有のボケがきつくモッサリとした感じで、ツヤがあまり感じられません
でしたが、下地処理できちんと曇りをとり本当のカラーを引き出すことができたら、仕上がりのクオリティは
格段にアップ致します。
ラディアスグループは全国に8店舗あるグループメリットを生かし、気候、メーカー、塗装などの
などあらゆる情報が集まってきますので、1台1台それぞれ異なる塗装の特性や状態にもリアルタイムで
施工に対応することが可能です。
こちらのイタリア車のグレーのソリッドという、ややクセのある塗装も下地処理からコーティング被膜の
形成までベストな方法で進めて、塗装本来の透明感あふれるツヤを最大限に引き出すことができました。
この度は仙台市よりのご用命、誠にありがとうございました。
101216ABARTH00.jpg
101216ABARTH04.jpg
101216ABARTH07.jpg
101216ABARTH06.jpg
101216ABARTH03.jpg
101216ABARTH02.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山