タグ別アーカイブ: プリウスα

圧倒的低燃費と抜群のユーティリティ、プリウスαのガラスコーティング。

トヨタ プリウスα(ホワイトパールクリスタルシャイン)

福島県南相馬市 S様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

今日ご紹介するお車は、トヨタ プリウスαです。
プリウスαは、低燃費、環境性能など先進の技術に広い室内空間を持ち、ユーティリティとトータルバランスの良さから凄い人気ですね。

トヨタ プリウスα(ホワイトパールクリスタルシャイン)左上全体

トヨタ プリウスα(ホワイトパールクリスタルシャイン)右サイド

トヨタ プリウスα(ホワイトパールクリスタルシャイン)正面左

トヨタ プリウスα(ホワイトパールクリスタルシャイン)ボンネット

トヨタ プリウスα(ホワイトパールクリスタルシャイン)右クォーター

トヨタ プリウスα(ホワイトパールクリスタルシャイン)右サイド後方

パールのきらめきが引き立つ透明感あふれる仕上がりとなりました。セオリーに従った洗車を継続することで、この美しさを長くお楽しみいただけます。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


オーナー様も感動。ひと味違うプリウスαのガラスコーティング。

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)

青森県 十和田市 K様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング

青森県十和田市よりお越しのK様のトヨタ プリウスαが仕上がりました。

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)右上全体

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)左前方

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)ボンネット

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)左サイド

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)ルーフ

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)リア

車好きのK様は、長く付き合って行ける車ということでプリウスαを購入され、こだわりのカスタマイズの最終仕上げとして弊社でのコーティングをお選び下さいました。
当初、地元青森や仙台でのコーティングもお考えだったそうですが、クオリティ最優先でショップを探した結果、ラディアス郡山での施工をお決め下さいました。

お車は、オーナー様のお手入れ上手のおかげで、付着しているのが常である水シミや洗車傷も比較的軽めのものでしたが、ボディーカラーのクリアーストリームメタリックは、「新車特有の塗装のボケ」によりオーナー様が期待していらっしゃったブルー系の発色が弱く、モッサリした感じで曇ったシルバーという印象でした。
トヨタの塗装は定評のあるところではありますが、このクリアーストリームメタリックに関しましては、今一つというのが正直なところです。

でも、心配はご無用です。新車の塗装のボケをクッキリさせ塗装本来の美しさを引き出すのが、ラディアスの下地処理です。
ラディアスの下地処理は、塗装肌の凹凸も負荷を掛けることなく均一に磨き上げることができますので、新車の塗装の質感を変えることなく塗装の美しさを最大限に引き出すことができます。
K様のプリウスαも独自の下地処理により、モッサリシルバーから正真正銘のクリアーストリームメタリックとなりました。
下地処理で本来の姿となったボディーに低分子硬化型ガラス被膜のリボルト・プロを定着させますと、塗装面は一層平滑化し陰影がでることでパネルの造形がすっきりと浮かび上がり、本当に美しい仕上がりとなりました。

お引き渡しの際、オーナー様は「来た甲斐があった。お願いして良かった」と美しく変貌を遂げた愛車を前に大満足のご様子でございました。

往復900Kmのロングドライブとなりました。遠方よりのご用命、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


ハイブリッド×スペース。人気沸騰プリウスαのカーコーティング。

トヨタ プリウスα

福島県いわき市 I様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県いわき市よりお越しのI様のプリウスαが仕上がりました。

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)正面右

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)ボンネット

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)左サイド

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)右サイド後方

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)右上全体

トヨタ プリウスα(レッドマイカメタリック)正面

オーナー様に納車されてから弊社にご入庫いただくまで、お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。
オーナー様のご希望に合わせて、納車後少しでも早く施工させていただくべく努力致してはおりますが、ガラスコーティング施工の性質上、予約状況によってはご入庫まで少々お時間をいただく場合もございます。
オーナー様にご満足いただくため、あくまでクオリティを第一として仕上げさせていただいておりますので、どうかご理解いただきたいと思います。
もちろん、ラディアス最高峰のコーティングコースであるリボルト・プロにつきましては、細部のクリーニング、下地処理としっかりと施工致しますので、納車から時間が経過したと致しましても仕上がりのクオリティに差が出るものではございませんので、どうかご安心下さいませ。

さてこちらは、このところご入庫が大変多くなっておりますプリウスαですが、今回ご入庫いただきましたのは、レッドマイカメタリックというトヨタらしい落ち着きのあるレッドです。

新車に見られる油分でこびりついた汚れををクリーニングしてから、下地処理で塗装本来の美しさを引き出します。微細な洗車傷とイオンデポジットを処理しながら磨き上げてから、硬化型二層被膜のリボルト・プロを定着させますと、さすが高品質のトヨタの塗装、施工させていただいた私自身が惚れ惚れしてしまうほど美しいレッドマイカメタリックとなりました。

お引き渡しの際、オーナー様は本当にお喜びになり「ブログに載せる」とたくさん写真を撮られていらっしゃいました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


人気沸騰。トヨタ プリウスαのボディーガラスコーティング。

トヨタ プリウスα(ブラック)

福島県伊達市 O様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県伊達市よりお越しのO様のプリウスαが仕上がりました。

トヨタ プリウスα ブラック 右上

トヨタ プリウスα ブラック 左斜め前方

トヨタ プリウスα ブラック ボンネット

トヨタ プリウスα ブラック 左サイド後方

トヨタ プリウスα ブラック 左フェンダー

トヨタ プリウスα ブラック 右上全体

オーナーのO様は、プリウスαのご購入にあたり、あるショップでのコーティングを検討されていらっしゃっいましたが、そのショップにカラーを「202ブラック」と伝えたところ施工を敬遠されてしまったそうです。

ソリッドカラーのブラックは、オーナー様のお手入れも大変ですが、施工する側の業者にとっても仕上げるのが難しいとされるカラーで、いわゆるこの「ソリ黒」を敬遠する業者も少なくありません。
専門の業者であってもソリッドブラックをしっかり仕上げられるお店は、本当に少ないのも確かです。

ラディアスでは、難しいとされるソリッドブラックであっても、最新で最良の研磨システムを確立しているため、まったく問題なく、ブラック本来の深みのある美しさを最大限に引き出すことができます。
ひとくちにブラックといっても、メーカーや状態によって塗装の特性は違います。もっと言えば、同じトヨタの「202ブラック」でも年式、車種などによって特性は微妙に違います。
これほど繊細な塗装ですから、仕上がりの善し悪しは、施工者の技量によって大きく左右されます。
ガラスコーティングの仕上がりの最大のポイントは、下地処理にありますから、ブラックをきちんと仕上げることができないような未熟なショップにコーティングを依頼しても、決してクオリティの高いガラスコーティングには到達できないといえます。
ガラスコーティングをお考えのオーナー様は、是非このあたりをご理解いただき、充分にご検討いただいてから施工するショップをお選びいただければと思います。

こちらのプリウスαのオーナーO様には、吸い込まれるほどの美しさとなった「202ブラック」の仕上がりを大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


トヨタ プリウスα 新色クリアーストリームメタリックを本当の美しさへ

トヨタ プリウスα(クリアーストリームメタリック)

福島県 郡山市 S様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのS様の トヨタ プリウスα(7人乗り)が仕上がりました。

トヨタ プリウスα クリアーストリームメタリック 正面左上

トヨタ プリウスα クリアーストリームメタリック 右全体

トヨタ プリウスα クリアーストリームメタリック 左フェンダー

トヨタ プリウスα クリアーストリームメタリック 左クォーター

トヨタ プリウスα クリアーストリームメタリック ルーフ

トヨタ プリウスα クリアーストリームメタリック 左全体

プリウスは多くの台数を施工させて頂いておりますが、今回は弊社初のプリウスα、カラーは新色のクリアーストリームメタリックということで、施工させて頂く私としましても楽しみにお待ちいたしておりました。

オーナーのS様は、こちらのプリウスαのコーティングにあたり、以前施工されたディーラーのコーティングがいまひとつ効果を実感できなかったこともあって、慎重にお店選びをされており、メールでお問い合わせいただいた上でご来店下さり、ご説明させていただいたコーティングの内容を充分にご理解ご納得されて、弊社での施工をお決め下さいました。

納車まで相当待たされるプリウスαですが、工場を出てからはからは、ロスなくオーナー様の元に届けられたこともあって、好ましくない環境下に寝かされることも、無用な洗車をされることもなかった様子で、ボディは良好な状態にありました。

ただ、定評のあるトヨタ車の塗装にしては、新車特有の「塗装のボケ」がやや強めに出ておりました。
新車の塗装の「ボケ」をとるにはいわゆる「磨き」は必要ですが、施工店によっては知識と技術が十分でなく、まったく代わり映えしなかったり、大切なホーロー層を無くしてしまうような乱暴な下地処理をするショップも見うけられるようです。

塗装には、メーカーや年式、カラーなどによって大きく特性に違いがあります。もっと言えば同じメーカー、同じ年式、同じカラーナンバーでも焼き付け温度や時間などの微妙な変化で、特性に違いが出る場合もあります。
これほどデリケートな塗装に対して、一色単に同じ技法を用いていては、到底レベルの高い下地処理は望めません。

ラディアスでは、このようなデリケートな塗装に対して、全国にあるラディアスグループでリアルタイムで情報を共有し、1台1台、塗装の特性にきめ細かに対応した下地処理を行っておりますので、一般的なショップとのクオリティの差は明らかです。

お引き渡しの際、オーナー様は「全然違いますね。納得です」と非常にお喜びいただくことができました。

この度はご用命いただききまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山