タグ別アーカイブ: ホワイト

白さが違います。ポルシェ マカンSのガラスコーティング

ポルシェ マカンS ( ホワイト )でご用命のN様

ガラスコーティング リボルト・プロ
ホイールコーティング

 

ポルシェ マカンS ホワイト フロントバンパー1

ポルシェ マカンS ホワイト ボンネット1

ポルシェ マカンS ホワイト フロントバンパー2

ポルシェ マカンS ホワイト ボンネット2

ポルシェ マカンS ホワイト ホイール1

ポルシェ マカンS ホワイト ホイール2

ポルシェ マカンS ホワイト 右ドア

ポルシェ マカンS ホワイト マフラー

ポルシェ マカンS ホワイト 左ドア

ポルシェ マカンS ホワイト ヘッドライト

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今、世界的に人気のコンパクトSUV。当店でもレンジローバー イヴォークやBMW X1、レクサス NXなど、コンパクトSUVはたくさん施工させていただいておりますが、最近はマカンのご用命も増えてきています。普段の街乗りにおける実用性を備えつつも、ポルシェならではのスポーティで高次元な走りが約束されていますから、ポルシェファンはもちろんクルマ好きなら誰もが惹きつけられると思います。

こちらのマカンSのオーナー様には、以前にもメルセデスベンツEクラス ステーションワゴンの施工をお任せいただいており、このたび2台目のご用命となりました。いつも遠方よりお越しいただきましてありがとうございます。約300キロのロングドライブ、マカンなら楽々ですね。

お車は納車されてから間もないお預かりとなりましたが、一部に塗装を修正した時に付いたと考えられる磨かれた痕跡があるものの、小傷や水シミは非常に少なく、輸入車の新車の中では比較的良好といえる状態です。パッと見るともちろんきれいと思えるレベルにありましたが、ここからリボルト独自の下地処理(Revolt adjust system)によって、塗装そのものが持つ美しさをもっと余すところなく表現させ、一般的な新車とは一線を画するクオリティへと引き上げます。

今回のマカンのホワイト、質感はやや硬質で肌のきめも細かく、ドイツ車らしい実直な塗装といった印象です。下地処理を進めていくと、こちらの研磨に素直に応えてくれる感覚がありました。肌をより滑らかに整え、ホワイトの良さ、持ち味を表現させていきます。そして磨かれた痕跡もしっかり取り除き美しく仕上げたボディには、低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートによる2層式の「リボルト・プロ」被膜を形成させ、お車を保護いたします。

仕上がりましたマカンは、下地処理によって余すところなく引き出されたソリッドのホワイト特有の眩い輝きに、「リボルト・プロ」の膜厚感あるしっとりした艶が加わり、ご入庫の際とは白さが違う別格の美しさとなりました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


フィットシャトル プリウス 仕上がりました

ホンダ フィットシャトル ハイブリッド(プレミアムホワイトパール)

福島県郡山市 F様

ガラスコーティング
リボルト・ライト

ホンダ フィツトシャトル ハイブリッドが仕上がりました。

フィツトシャトルは初のご入庫です。

フィツトハイブリッドの発売で、ハイブリッドがより身近になりましたが、ワゴンスタイルのシャトルがラインナップされて、ファミリー層にも選びやすくなりました。

トヨタのプリウスαとは価格差もありますので、今後の販売台数がどうなるのか興味があるところですね。

オーナーのF様には、昨年マツダ デミオのガラスコーティングを施工させいただきましたが今回フィットシャトルのご購入にあたり、再び当店をお選びいただきました。

デミオは1年以上経過した現在もツヤツヤの状態を保たれており、ガラスコーティングの良さを実感されていらっしゃるそうです。

周囲の人たちからも「きれい」「どこでコーティングしたの?」と聞かれることもしばしばでありがたいことに「ラディアス郡山」を宣伝して下さっているそうです。

今後ともどうかよろしくお願いします。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

110912FIT_SHUTTLE01.jpg
110912FIT_SHUTTLE02.jpg

臨時休業のお知らせ
9月15日㈭、16日㈮、18日㈰は、ラディアスグループの研修のためお休みさせていただきます。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


BMW ミニ クロスオーバー仕上がりました

山形県村山市よりお越しのO様のBMW ミニ クーパーS クロスオーバーが仕上がりました。

遠方よりのご来店誠にありがとうございます。このところ山形のオーナー様のご入庫も増えてまいりました。

残念ながら東北では、弊社郡山店がラディアス唯一の店舗でございます。
「遠くても来た甲斐があった」とお喜びいただけますようラディアスにしかできない最高のクオリティをご提供させていただきますので、遠方のオーナー様、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

さて、こちらのミニ クーパーS クロスオーバー、弊社では早くも3台目のご入庫となりました。
カラーはいずれもライトホワイトでルーフとドアミラーがブラックです。

ところで、この2色のカラーの下地処理、どちらも同じ手法をとっているわけではありません。

一般的な「磨いてツヤだし」レベルでは特に問題にしないのでしょうが、ラディアスの下地処理は「塗装本来の美しさを最大に引き出す」ことを、目的としています。
ですから、同じメーカーであってもカラーが違えば塗装の特性も違ってきますので、より美しく仕上げるためにそれぞれのカラーに合わせて機材やケミカルを変え、繊細な下地処理を行っています。
また、おなじカラーであってもパネルの材質によって下地処理のやり方を変えています。

O様のミニ クロスオーバーも、カラーや材質によって下地処理を変えて仕上げ、美しく仕上がった塗装面には、分子構造から全面的に見直してリニューアルしたNew リボルト・プロのデュアルプロテクションにて保護被膜を形成しガッチリ保護致しました。

お引き取りにお越しになられたO様ご夫妻には「トロントロンですね~」と大変ご満足頂くことができました。洗車も楽しくなりますので、休日は是非お二人仲良く洗車して下さいね。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

110828MINI_CO07.jpg
110828MINI_CO01.jpg
110828MINI_CO05.jpg
110828MINI_CO03.jpg
110828MINI_CO09.jpg

車のガラスコーティング ラディアス郡山


スバル WRX STI仕上がりました

スバル WRX STI(サテンホワイトパール)

福島県会津若松市 F様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県会津若松市よりお越しのF様のスバルWRX STIが仕上がりました。

オーナーのF様は、シビックタイプRからのお乗り換えです。

ディーラーでのコーティングも考えておられたそうですが、せっかくの新車なので「より質の高いコーティングを」という事で当店にご入庫下さいました。

もちろん在庫車ではありませんし、ディーラーさんも気を使っていたとみえて傷も少なくきれいな状態でしたが、施工前に、塗膜を計測しながら全体をチェックしておりますと、クォーターパネルからCピラーにかけて違和感を感じました。
良く確認しますとラインで何らかの不具合のため塗装修正されたと思われる痕跡がありました。塗装ミストも広範囲に残存し、Cピラーのプレスラインがミストによって途切れ途切れになっていました。

新車といえども100%の状態ではありません。ですから、ディーラーさんにおまかせの洗車して塗るだけのコーティングではやはり心配です。ましてや新車の塗装は程度の差こそあれ、「ボケ」があります。
せっかくコーティングするのでしたら、やはりしっかりとした「目」と「技術」を持ったコーティング専門店をお選びになられることをお勧め致します。

こちらのSTIは、修正痕をきっちりと処理し、スバル特有の強めの新車塗装のボケもすっきりとさせ、新車以上の新車にしてお引き渡しすることができて、オーナーのF様には「本当に変わりましたね」とお喜び頂くことができました。

セオリーにしたがった洗車を継続されれば、この美しさを長期的に保つことができます。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

110825WRXSTI10.jpg
110825WRXSTI00.jpg
110825WRXSTI07.jpg
110825WRXSTI09.jpg
110825WRXSTI04.jpg

車のガラスコーティング ラディアス郡山