タグ別アーカイブ: ボディーがラスコーティング

人気沸騰。トヨタ プリウスαのボディーガラスコーティング。

トヨタ プリウスα(ブラック)

福島県伊達市 O様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県伊達市よりお越しのO様のプリウスαが仕上がりました。

トヨタ プリウスα ブラック 右上

トヨタ プリウスα ブラック 左斜め前方

トヨタ プリウスα ブラック ボンネット

トヨタ プリウスα ブラック 左サイド後方

トヨタ プリウスα ブラック 左フェンダー

トヨタ プリウスα ブラック 右上全体

オーナーのO様は、プリウスαのご購入にあたり、あるショップでのコーティングを検討されていらっしゃっいましたが、そのショップにカラーを「202ブラック」と伝えたところ施工を敬遠されてしまったそうです。

ソリッドカラーのブラックは、オーナー様のお手入れも大変ですが、施工する側の業者にとっても仕上げるのが難しいとされるカラーで、いわゆるこの「ソリ黒」を敬遠する業者も少なくありません。
専門の業者であってもソリッドブラックをしっかり仕上げられるお店は、本当に少ないのも確かです。

ラディアスでは、難しいとされるソリッドブラックであっても、最新で最良の研磨システムを確立しているため、まったく問題なく、ブラック本来の深みのある美しさを最大限に引き出すことができます。
ひとくちにブラックといっても、メーカーや状態によって塗装の特性は違います。もっと言えば、同じトヨタの「202ブラック」でも年式、車種などによって特性は微妙に違います。
これほど繊細な塗装ですから、仕上がりの善し悪しは、施工者の技量によって大きく左右されます。
ガラスコーティングの仕上がりの最大のポイントは、下地処理にありますから、ブラックをきちんと仕上げることができないような未熟なショップにコーティングを依頼しても、決してクオリティの高いガラスコーティングには到達できないといえます。
ガラスコーティングをお考えのオーナー様は、是非このあたりをご理解いただき、充分にご検討いただいてから施工するショップをお選びいただければと思います。

こちらのプリウスαのオーナーO様には、吸い込まれるほどの美しさとなった「202ブラック」の仕上がりを大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


アバルトマジック。プントエヴォのカーコーティング。

アバルト プントエヴォ(グリジオカンポボーロ)

福島県郡山市 U様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ

福島県郡山市よりお越しのU様のアバルト プント エヴォが仕上がりました。

アバルト プントエヴォ グリジオカンポボーロ 正面

アバルト プントエヴォ グリジオカンポボーロ 右前方

アバルト プントエヴォ グリジオカンポボーロ 右上

アバルト プントエヴォ グリジオカンポボーロ 左サイド

アバルト プントエヴォ グリジオカンポボーロ 左クォーター

アバルト プントエヴォ グリジオカンポボーロ 左フェンダー

環境や燃費に配慮し、新たにスタート&ストップシステムを搭載したアバルト プントエヴォですが、アバルトマジックと称されるラリー直系の俊敏な走りは健在で、いっそう進化しているようです。

こちらは、グリジオカンポボーロという淡いグレー系のソリッド、日本車ではちょっとお目にかかれないカラーですね。
実はこのグリジオカンポボーロ、はっきり申しまして、しっかりとした下地処理を行ってからのコーティングでないと本来の色の良さが半分も出ないカラーです。
ただ塗るだけのコーティングや、下地処理がお粗末なコーティングでは、特有の微妙な色合いを引き出すことができませんから、それなりのグレーにとどまります。
しかし、しっかりとした下地処理を行って本来の色合いを引き出すことができたなら、「これぞアバルト」といえる本当に魅力的なカラーに変身します。

ラディアスの下地処理は、塗装に圧力をかけて削る技法ではなく、塗装のうねりの凹凸も優しく均一に磨くことができる独自の下地処理で、塗装に負担をかけずに塗装そのものの美しさを引き出すことを可能にしています。

ベストな下地処理を行ってからリボルト・プロをまとったアバルト プント エヴォは、力強さと美しさをを兼ね備えた「これぞアバルト」となり、オーナー様には、大変お喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山