タグ別アーカイブ: ポルシェ

スペシャルカラーのマイアミブルー。ポルシェ911ターボSのカーコーティング

ポルシェ 911 ターボS ( マイアミブルー )

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ボンネット1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ボンネット2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ヘッドライト1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ヘッドライト2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー フロントバンパー1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー リアバンパー1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー エンジンフード

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー リアバンパー2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー テールレンズ

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー フロントバンパー3

リボルト郡山の渡辺淳一です。

ポルシェ 911の最高峰、ターボSのご用命です。ご入庫いただきマイアミブルーを纏ったその姿を実際に目の前にしますと、これがイメージしていた以上によく似合っていました。       こういったカラーが映えるのもポルシェ 911だからこそなのでしょう。ただでさえ視線を集めること間違いなしの911 ターボSにマイアミブルー。あまりに目立つ色のためか、オーナー様はディーラーの担当者の方から「本当にこの色でいいんですか?」と何度も確認されたそうです。

さて、お車は納車されてから少し期間が経過してのお預かりとなりましたが、状態を見て気になったのは全体的に多く付いていた細かい傷です。マイアミブルーはソリッドなだけに、たとえ浅めの小傷でもメタリックカラーに比べてどうしても目立ちやすいところがあります。よく黒や濃色系は傷が目立つと言われますが、こちらのような明るめの青や、赤などのソリッドカラーにも同じことが言えます。よって今回のターボSを本来あるべき美しさへと導くためには、塗装面に存在する無数の細かい傷をしっかり取り除くことが鍵となります。

その鍵を握るのは下地処理。この工程が仕上がりのクオリティに直結します。特に911伝統の丸みを帯びたフォルムは、ポリッシャーの当て方ひとつとっても多くの繊細な調整が求められますので、技術の差が如実に表れます。そういった意味で911をはじめポルシェの施工実績も豊富な当店は、経験に裏打ちされた下地処理による確かなクオリティをご提供させていただくことが可能です。

マイアミブルーは、ポルシェの塗装の中でも少し柔らかめのきめ細かい肌でしたので、通常の硬めのドイツ車の塗装を研磨するのとはまた違う技法を用いました。ポリッシャーの角度、面圧、回転数、動かすスピードを、パネルの形状に合わせてそれぞれ最適となるよう調整しながら、全ての塗装面を丁寧に研磨していきます。

下地処理を経て小傷が除去されると、それまでとはまるで違うまばゆくひときわ鮮やかな輝きに変わりました。塗装面を一点の曇りもなく美しく仕上げたことにより、躍動感のあるボディが一段と強調されます。その上で全体に「リボルト・プロ」被膜を定着させると、この状態が保護されると共に艶と輝きにさらなる厚みがもたらされます。

至高のハイパフォーマンスモデルに相応しいこの上ない美しさとなったポルシェ 911 ターボS。これからはセオリーに沿った定期的な洗車によって、付着した汚れもみるみる落ちていきます。きっとお手入れをするたびに、ますますお車への愛着が湧いてくることと思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


白さが違います。ポルシェ マカンSのガラスコーティング

ポルシェ マカンS ( ホワイト )でご用命のN様

ガラスコーティング リボルト・プロ
ホイールコーティング

 

ポルシェ マカンS ホワイト フロントバンパー1

ポルシェ マカンS ホワイト ボンネット1

ポルシェ マカンS ホワイト フロントバンパー2

ポルシェ マカンS ホワイト ボンネット2

ポルシェ マカンS ホワイト ホイール1

ポルシェ マカンS ホワイト ホイール2

ポルシェ マカンS ホワイト 右ドア

ポルシェ マカンS ホワイト マフラー

ポルシェ マカンS ホワイト 左ドア

ポルシェ マカンS ホワイト ヘッドライト

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今、世界的に人気のコンパクトSUV。当店でもレンジローバー イヴォークやBMW X1、レクサス NXなど、コンパクトSUVはたくさん施工させていただいておりますが、最近はマカンのご用命も増えてきています。普段の街乗りにおける実用性を備えつつも、ポルシェならではのスポーティで高次元な走りが約束されていますから、ポルシェファンはもちろんクルマ好きなら誰もが惹きつけられると思います。

こちらのマカンSのオーナー様には、以前にもメルセデスベンツEクラス ステーションワゴンの施工をお任せいただいており、このたび2台目のご用命となりました。いつも遠方よりお越しいただきましてありがとうございます。約300キロのロングドライブ、マカンなら楽々ですね。

お車は納車されてから間もないお預かりとなりましたが、一部に塗装を修正した時に付いたと考えられる磨かれた痕跡があるものの、小傷や水シミは非常に少なく、輸入車の新車の中では比較的良好といえる状態です。パッと見るともちろんきれいと思えるレベルにありましたが、ここからリボルト独自の下地処理(Revolt adjust system)によって、塗装そのものが持つ美しさをもっと余すところなく表現させ、一般的な新車とは一線を画するクオリティへと引き上げます。

今回のマカンのホワイト、質感はやや硬質で肌のきめも細かく、ドイツ車らしい実直な塗装といった印象です。下地処理を進めていくと、こちらの研磨に素直に応えてくれる感覚がありました。肌をより滑らかに整え、ホワイトの良さ、持ち味を表現させていきます。そして磨かれた痕跡もしっかり取り除き美しく仕上げたボディには、低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートによる2層式の「リボルト・プロ」被膜を形成させ、お車を保護いたします。

仕上がりましたマカンは、下地処理によって余すところなく引き出されたソリッドのホワイト特有の眩い輝きに、「リボルト・プロ」の膜厚感あるしっとりした艶が加わり、ご入庫の際とは白さが違う別格の美しさとなりました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


これぞポルシェ 。空冷911(964)ターボのガラスコーティング。

ポルシェ 911ターボ(964)

福島県 A様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県のA様のポルシェ911ターボ(964)が仕上がりました。

ポルシェ911ターボ(964)左正面

ポルシェ911ターボ(964)右前方

ポルシェ911ターボ(964)右サイド

ポルシェ911ターボ(964)ボンネット

ポルシェ911ターボ(964)左フェンダ

ポルシェ911ターボ(964)右サイド後方

ポルシェ911ターボ(964)左サイド後方

ポルシェ911ターボ(964)左クォーター

ポルシェ911ターボ(964)リア

ポルシェ911ターボ(964)左上全体

いつの時代も「最新のポルシェは、最良のポルシェ」と言われ続けてきましたが、「空冷のポルシェこそ最高のポルシェ」として、生産開始から50年以上経つ今でも人気は絶大で、衰えるどころかとどまることを知りません。このところの価格も天井知らずの感がありますね。

こちらA様の964ターボは、知り合いから譲り受けられた1991年式のモデルで、前オーナー様は「どんなことがあっても絶対に売らないで」と言ってA様にこのポルシェを託されたそうです。

お車はあらゆるチューンが施され、多くの速いクルマに乗ってこられたA様も「恐ろしいほど速い」とおっしゃる程です。それほど強烈な964ターボですが、前オーナー様は、クルマの美観という点には割と無頓着であったため、美しさにもこだわるA様によって美観も最高にということで弊社にご入庫くださいました。

1991年式ということで、塗装の状態は傷やシミ、補修の跡などもありましたので慎重に下地処理を行ってリセットし、リボルト・プロにて保護被膜を形成致しました。

オーナーのA様には、本当にお喜びいただくことができました。いつもご愛顧を賜り誠にありがとうございます。


ポルシェ パナメーラのカーコーティング。最高のキャララホワイトへ

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)

福島県 須賀川市 M様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング窓ガラス撥水加工

福島県須賀川市よりお越しのM様のポルシェ パナメーラが仕上がりました。

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)正面

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)ボンネット右

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)ボンネット左

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)左前方

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)左後方

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)フロントフェンダー

ポルシェ パナメーラ(キャララホワイト)フロント右

みんな大好きなポルシェ。もちろん私も大好きです。最高に美しく仕上げて、オーナー様には喜びと感動を味わっていただくことと致しましょう。

早速拝見致しますと、塗装の肌は、さすがにポルシェ。とてもきれいです。しかしながら、ポルシェのキャララホワイトらしい透明感がいまひとつ感じられず、なにかモッサリとした印象を受けました。
さらに専用照明でじっくりと見てみますと、塗装の肌の凹凸である「うねり」の凹の底の部分にクモリがでており、これがパナメーラの全体のシルエットをすっきり見せていない原因ということが分かりました。

パナメーラに相応しいハイクオリティなコーティングをご提供するためには、コーティングをする前の下地処理においてこのクモリを修正してクッキリとさせ、肌理を整えて塗装本来の美しさを最大限に引き出さなくてはなりません。

一般的に行われている従来型の下地処理である削る研磨では、塗装肌のうねりの凹凸の凸の部分により強い圧力がかかり、高い部分から削り落として行って低い部分に到達するので、凹の部分を磨こうとすると結果的に必要以上に塗膜を減らしてしまう恐れがあります。
そこで、こちらのパナメーラの下地処理については、そのような塗装を「削る」研磨の従来型の下地処理ではなく、塗装に負担をかけずに塗装肌のうねりの凹凸を均一に磨く独自の技術によって下地処理を行います。
この独自の下地処理技術は、新車の塗装の「質感」も変わることがありませんし、何と言っても仕上がりの美しさが違います。これにより、ポルシェのキャララホワイト本来の美しさをしっかりと引き出すことができました。

キャララホワイトの本当の姿を引き出した後は、硬化型ガラス被膜、リボルト・プロでしっかりと2層に保護被膜を形成します。
このリボルト・プロは、今までにない低分子量タイプのガラス被膜で、無溶剤、濃度100%を実現しており、十分な膜厚が確保できて塗装面に密着し、艶、輝き、耐久性などコーティング被膜に求められるあらゆる性能が、大幅に向上いたしております。

お引き渡しの際は、オーナー様には大変お喜びいただくことができました。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


ポルシェ911仕上がりました

ポルシェ 911 964(オークグリーン)
宮城県仙台市 W様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
エコカー全盛の折り、スポーツカーファンのオーナーの皆様は、少なからず肩身の狭い思いを
されているのではないでしょうか。
ましてや震災の自粛ムードの中、爆音を轟かせて走るのはちょっと勇気のいることと思います。
でも考えてみますと、何事も自粛ばかりでは元気も出ませんし、社会全体も沈滞ムードになって
しまい、復興を進めるためには決してに良い事とは言えないと思います。
日々、精一杯仕事をし、好きなことを思いきり楽しむ。
車好きなら遠慮なく車を楽しむべきと考えます。
それが消費を刺激し、経済が活性化して復興にもつながって行くのではないでしょうか?
少年の頃から夢見ていたポルシェを所有し、走らせる喜び。
それを現実のものにされたオーナー様には、存分に楽しんでいただきたいと思います。
いつか私もポルシェの快楽に浸れるよう、一生懸命車を磨き続けます。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
110516PORSCHE964_01.jpg
110516PORSCHE964_02.jpg
110516PORSCHE964_04.jpg
110516PORSCHE964_05.jpg
110516PORSCHE964_10.jpg
110516PORSCHE964_07.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山