タグ別アーカイブ: ミニ

今も息づく伝統のデザイン。ミニクーパーSのカーコーティング

BMW ミニ クーパーS ( ディープブルー/ホワイト )

福島県 郡山市 G 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

BMWミニクーパーS 右フェンダー

BMWミニクーパーS 正面左

BMWミニクーパーS 左フェンダー

BMWミニクーパーS ボンネット

BMWミニクーパーS ボンネット左

BMWミニクーパーS 右側面前方

BMWミニクーパーS 右側面

BMWミニクーパーS 右クォーター

BMWミニクーパーS 右側面後方

BMWミニクーパーS 左側面後方

リボルト郡山の渡辺淳一です。

丸みを帯びた愛嬌のあるスタイルが特徴的なミニ。歴代のミニから続くこのデザインは現在も受け継がれていて、運転が楽しめるという面で魅力的なのはもちろん、とにかくこのデザインが好きという方もたくさんいらっしゃると思います。

お車は新車登録からおよそ2ヶ月経過してのご入庫となりました。まず気になったのが、全体に多くある洗車傷をはじめとした小傷や水シミです。また、一部にラップガードの糊が残留しているのも見られました。

「新車=塗装面は100%の状態」というわけではありません。特に輸入車の場合は輸送や保管状況において、環境的にどうしても厳しい面があります。そういった点からも、塗装本来の美しさを十分に引き出すためには適切な下地処理が必須といえます。

当グループ独自の高度な下地処理技術(Revolt adjust system)は、あらゆる塗装の状態や性質に対応することが可能です。ミニのディープブルー/ホワイトの性質を踏まえ、なおかつ新車の塗装面に合わせた技法を用いて研磨を進めていきます。

傾向的に癖がなく適度に硬さもあるミニの塗装。下地処理によって小傷や水シミが取り除かれたことで、ご入庫時を大きく凌ぐ美しい状態となりました。

最良のコンディションに整えたお車には、完全硬化型二層ガラスコーティングの「リボルト・プロ」被膜を形成いたします。分子量が小さく塗装表面の凹凸にもしっかり入り込むため、強固に定着し耐久性は抜群です。また、紫外線軽減機能も備わっていますので、紫外線からもボディを守ります。

これからはセオリーに沿った洗車を継続することで、長い期間に渡って美しい状態をお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


BMW ミニ クーパーS クロスオーバー オール4のガラスコーティング

BMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4(ブライトイエロー/ブラック)

福島県白河市 I様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県白河市よりお越しのI様の ミニ クーパーS クロスオーバー オール4が仕上がりました。

BMW MINI クーパーS クBMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4 正面左

BMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4 左斜め前

BMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4  右サイド

BMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4  ボンネット

BMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4 左フェンダ

BMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4 右サイド後方

BMW MINI クーパーS クロスオーバー オール4 ルーフ

オーナー様こだわりのミニ。カラーは、ブライトイエロー&ブラックとひときわ目立ちます。オーナー様に大事にされて、きれいな状態を維持されてきましたが、3年が経過しそろそろリフレッシュということでご入庫いただきました。
丁寧に扱われていたとはいえ、月日の経過とともにやはり全体に小傷やイオンデポジットが目立ち始め、クスミもでてきているようです。

このような塗装の状態からピカピカに仕上げるには言うまでも無く下地処理(磨き)が必要です。それでは下地処理とはどんな作業なのでしょうか。簡単に説明したいと思います。

塗装の厚みは防錆のサフェーサーから表面のクリアーまで含めてだいたい0.08ミリから0.15ミリ程度です。コピー用紙2枚分の厚さが0.12ミリですから、クルマの塗装は想像以上に薄いと感じられると思います。下地処理が可能なのは、この0.12ミリのうちの塗装表面のクリアー塗装といわれる0.02ミリ〜0.03ミリの透明な層です。ただし0.03ミリすべてを磨いたらクリアーは無くなってしまいますから、塗装の強度を考えると実際に処理できるのはせいぜい0.001ミリ〜0.005ミリ位でしょうか。塗装のためには、塗装を極力減らさない下地処理(磨き)が理想であることは言うまでもありません。傷やシミを処理しながら塗装を減らさずに、しかも磨き傷を入れることなく塗装そのものの美しさを引きだす。なかなか繊細な作業ですが、この下地処理の善し悪しがコーティングのクオリティを決定づける最も重要なポイントとなります。

こちらI様のミニも塗装の特性と状態に合わせて、機材やケミカルを選択し最適な技法で下地処理を行うことで、ブライトイエローの微妙な色合いとソリッドブラックの深い美しさを引きだすことができました。

本来の美しさを取り戻した塗装面には、もちろんラディアスの最高峰の完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」にて保護被膜を形成致しております。

車の塗装の特性や状態は一台一台違いますので、カーコーティングは、高みを目指すほど難しい作業となりますが、これからも日々研究と努力を重ね、お客様にお喜びいただけるよう施工品質の向上に努めて参りたいと思います。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


BMW ミニ クロスオーバー仕上がりました

山形県村山市よりお越しのO様のBMW ミニ クーパーS クロスオーバーが仕上がりました。

遠方よりのご来店誠にありがとうございます。このところ山形のオーナー様のご入庫も増えてまいりました。

残念ながら東北では、弊社郡山店がラディアス唯一の店舗でございます。
「遠くても来た甲斐があった」とお喜びいただけますようラディアスにしかできない最高のクオリティをご提供させていただきますので、遠方のオーナー様、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

さて、こちらのミニ クーパーS クロスオーバー、弊社では早くも3台目のご入庫となりました。
カラーはいずれもライトホワイトでルーフとドアミラーがブラックです。

ところで、この2色のカラーの下地処理、どちらも同じ手法をとっているわけではありません。

一般的な「磨いてツヤだし」レベルでは特に問題にしないのでしょうが、ラディアスの下地処理は「塗装本来の美しさを最大に引き出す」ことを、目的としています。
ですから、同じメーカーであってもカラーが違えば塗装の特性も違ってきますので、より美しく仕上げるためにそれぞれのカラーに合わせて機材やケミカルを変え、繊細な下地処理を行っています。
また、おなじカラーであってもパネルの材質によって下地処理のやり方を変えています。

O様のミニ クロスオーバーも、カラーや材質によって下地処理を変えて仕上げ、美しく仕上がった塗装面には、分子構造から全面的に見直してリニューアルしたNew リボルト・プロのデュアルプロテクションにて保護被膜を形成しガッチリ保護致しました。

お引き取りにお越しになられたO様ご夫妻には「トロントロンですね~」と大変ご満足頂くことができました。洗車も楽しくなりますので、休日は是非お二人仲良く洗車して下さいね。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

110828MINI_CO07.jpg
110828MINI_CO01.jpg
110828MINI_CO05.jpg
110828MINI_CO03.jpg
110828MINI_CO09.jpg

車のガラスコーティング ラディアス郡山


BMW ミニ クーパーS 仕上がりました

BMW ミニ クーパーS(ピュアシルバー)
栃木県那須町 N様
ガラスコーティング
Newリボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
栃木県那須町よりお越しのN様のBMWミニクーパーSが仕上がりました。
N様は、ご購入後6年が経過しボディ全体についた洗車傷が気になってきたので、
一度きちんとリセットして大事に乗り続けたいとのことで、ご入庫下さいました。
大事に乗られていたとはいえ、6年経過した塗装面は年数なりの劣化や小傷が見られ、
ソリッドブラックのルーフは、特に傷やシミが目立つ状態でした。
傷やシミをきれいに処理することは大事ではありますが、それらを追うあまり必要
以上に塗膜を落としてしまっては、塗装の質感も変わってしまいますし、塗装が弱く
なりダメージを受けやすくなってしまいます。
ラディアスの「Revolt adjust system(リボルトアジャストシステム)」は、
従来の「削る」工法とは一線を画す塗装の膜厚も考慮した独自の繊細な下地処理技術で、
しっかりと傷やシミなどを除去しながら、、新車~経年車、国産車や輸入車を問わず
最小限の研磨で、最大限に塗装の美しさを引き出します。
もちろん、ミニの水性塗料にもベストマッチであることは、言うまでもありません。
一般的にシルバーは、ツヤや輝きが分かりにくいカラーと言われますが、ベストな
下地処理と次世代コーティングの「New リボルト・プロ」によってご覧のような
別格の美しい仕上がりとなりました。
「New リボルト・プロ」は、低分子量タイプであるため美しさもさることながら、
塗装面の隅々まで深く浸透密着し、従来の高分子量タイプのコーティングであるシラン系、
ポリシラザン系、シロキサン系などと比較して汚れの付きにくさや耐久性においても
圧倒的なアドバンテージがあります。
月日が経過するほど、その性能の良さを実感していただける本物のガラスコーティング
であると自信を持っておすすめすることができます。
お引き渡しの際は、オーナーのN様には「感動しました!ありがとうございます」と
大変お喜びいただくことができました。これほどお喜びいただけるなんて、施工させて
いただいた私も本当に「感動しました!」
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
110605MINI03.jpg
110605MINI04.jpg
110605MINI06.jpg
110605MINI08.jpg
110605MINI09.jpg
110605MINI01.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山


BMW ミニ クロスオーバー仕上がりました

BMWミニ クロスオーバー(ライトホワイト)
福島県郡山市 M様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工
福島県郡山市よりお越しのM様のBMWミニ クロスオーバーが仕上がりました。
先日の山形県米沢市のS様に続いて、福島県のクロスオーバー納車第1号の施工となりました。
大きい大きいと言われるミニ クロスオーバーですが、ランクルからのお乗り換えのオーナー
様にとっては、ぐぐっと大幅なサイズダウンとなりますね。
サイズダウンとはいってもこちらもクーパーS、爽快な走りは健在ですし、フルタイム4WDの
オール4ですから冬期の積雪やアイスバーンが多い福島県では心強い限りですね。
エコカー減税の対象車だけあって燃費も良く、オーナー様によると通常走行で15Km/Lは走る
そうです。
愛車のお引き取りには、奥様とご一緒にジョギングがてらお出で下さいましたが、ご夫婦ともに
若々しくご健康そのもので、オーナー様と同年齢の私も自分のぐうたらな生活を見直さなければ
と少し焦りを感じてしまいました。
M様の新しい愛車ミニ クロスオーバーとのカーライフが、素晴らしいものになりますよう心より
お祈り致しております。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
110514MINI_CO09.jpg
110514MINI_CO03.jpg
110514MINI_CO06.jpg
110514MINI_CO07.jpg
110514MINI_CO04.jpg
110514MINI_CO00.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山