タグ別アーカイブ: BMW

ドライバーズファーストの最上級サルーン。BMW7シリーズのカーコーティング

BMW 740i Mスポーツ ( マジェリングレーメタリック )

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック フロントバンパー1

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ボンネット1

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ボンネット2

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ヘッドライト

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ホイール1

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ホイール2

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック リアバンパー

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック テールレンズ

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック トランク

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック キドニーグリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

現行モデルのBMW 7シリーズがデビューした当初、多くの先進技術と革新的な新機能が大きな話題となりました。一般的に最上級サルーン は、後席が特等席というイメージが浸透しているかと思いますが、そこは常にドライビングプレジャーを追求するBMW。その意味で、7シリーズは自らがハンドルを握ってこそ、真価を存分に味わえるのだと思います。

さて、ご入庫いただきましたこちらの740i Mスポーツですが、最高のクオリティに仕上げるためにまず重要になるのが下地処理です。どれほど優れたコーティング剤であってもそれを塗布するだけでは、お車に十分な艶、輝きは表れません。下地処理によってボディ上の微細な付着物や細かい傷、水シミなどを取り除くことではじめて美しい塗装面となり、コーティング剤の良さが生きてきます。

マジェリングレーメタリックのボディは、細かい傷や水シミなどのダメージは少なめで比較的良いコンディションでしたが、入念な下地処理によって美観を損ねるこれらマイナスの部分を見逃さず取り除くと、肌のきめが整い、一段と透明感が増した輝きとなりました。塗装面が万全の状態となったところで、リボルト独自開発の2層式ガラスコーティングである「リボルト・プロ」を形成いたします。低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートにより、さまざまな汚染物質からお車を長期的に守ります。

「リボルト・プロ」は作業性を犠牲にし、あくまでクオリティを最優先に開発されています。なかでも紫外線による影響を軽減させる機能は、他の量販タイプのガラスコーティングにはなかなかありません。今後はお引渡しの際にお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドを使用し、セオリー通りの洗車を継続することによって、この美しさを存分にお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


視線を奪う優雅なフォルム。BMW 640iグランクーペのカーコーティング

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ( ブラックサファイア )

福島市よりお越しのお客様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア フロントバンパー1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ボンネット1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ホイール1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ボンネット2

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ヘッドライト1

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア ヘッドライト2

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア キドニーグリル1BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア トランク

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア テールレンズ

BMW 640i グランクーペ Mスポーツ ブラックサファイア キドニーグリル2

リボルト郡山の渡辺淳一です。

伸びやかで優雅なフォルムが印象的な640iグランクーペ。BMWをこよなく愛するオーナー様は、他にも複数のBMWを所有されていらっしゃいます。このたび、その中の一台である5シリーズセダンからのお乗り換えとなりました。愛車のBMW、いつもご用命いただきましてありがとうございます。

ディーラーの展示車であったこちらの640iグランクーペ、コンディションとしては水シミは比較的少ないものの、洗車傷レベルの細かい傷は多く、色がブラックサファイアということもあっていくぶん目立っていました。

これらを除去し、ボディカラー本来の艶、輝きをしっかり表現させるのが下地処理です。ごまかしのきかないガラスコーティングは、この下地処理の技術が最終的な仕上がりに直結しますので、ハイクオリティな仕上がりとなるかはこの工程で決まると言っても過言ではありません。リボルトでは、あらゆる塗装の性質を網羅した独自の高度な下地処理技術(Revolt adjust system)を確立しておりますので、どんなカラーでもその持ち味、美しさを最大限に引き出すことが可能です。

BMWの塗装はどの車種も共通して硬めですが、肌の質感はそれぞれ微妙に異なります。1~4シリーズやXシリーズなどと比べると、6、7シリーズの肌はよりきめが細かい傾向があります。今回の640iグランクーペのブラックサファイアもまさにそうで、硬さときめ細やかさが相まったBMWの中でも一段と上質な塗装でした。

この性質に合う技法を用いて丁寧に下地処理を施したことで、水シミや細かい傷は一掃され、ブラックサファイアに今までにない透明感と深みが生まれました。メタリックもより鮮明に表れ、このカラーの持ち味を十分に引き出したら、この状態を保護すべく「リボルト・プロ」被膜をコーティングいたします。これによって膜厚感のあるしっとりした艶が増し加わり、美しく整ったお車がさらに引き立ちます。

今後はいつも通りのセオリーに沿った洗車を継続することにより、今回の640iグランクーペも長い期間に渡ってこの艶、輝きをお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


今も息づく伝統のデザイン。ミニクーパーSのカーコーティング

BMW ミニ クーパーS ( ディープブルー/ホワイト )

福島県 郡山市 G 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

BMWミニクーパーS 右フェンダー

BMWミニクーパーS 正面左

BMWミニクーパーS 左フェンダー

BMWミニクーパーS ボンネット

BMWミニクーパーS ボンネット左

BMWミニクーパーS 右側面前方

BMWミニクーパーS 右側面

BMWミニクーパーS 右クォーター

BMWミニクーパーS 右側面後方

BMWミニクーパーS 左側面後方

リボルト郡山の渡辺淳一です。

丸みを帯びた愛嬌のあるスタイルが特徴的なミニ。歴代のミニから続くこのデザインは現在も受け継がれていて、運転が楽しめるという面で魅力的なのはもちろん、とにかくこのデザインが好きという方もたくさんいらっしゃると思います。

お車は新車登録からおよそ2ヶ月経過してのご入庫となりました。まず気になったのが、全体に多くある洗車傷をはじめとした小傷や水シミです。また、一部にラップガードの糊が残留しているのも見られました。

「新車=塗装面は100%の状態」というわけではありません。特に輸入車の場合は輸送や保管状況において、環境的にどうしても厳しい面があります。そういった点からも、塗装本来の美しさを十分に引き出すためには適切な下地処理が必須といえます。

当グループ独自の高度な下地処理技術(Revolt adjust system)は、あらゆる塗装の状態や性質に対応することが可能です。ミニのディープブルー/ホワイトの性質を踏まえ、なおかつ新車の塗装面に合わせた技法を用いて研磨を進めていきます。

傾向的に癖がなく適度に硬さもあるミニの塗装。下地処理によって小傷や水シミが取り除かれたことで、ご入庫時を大きく凌ぐ美しい状態となりました。

最良のコンディションに整えたお車には、完全硬化型二層ガラスコーティングの「リボルト・プロ」被膜を形成いたします。分子量が小さく塗装表面の凹凸にもしっかり入り込むため、強固に定着し耐久性は抜群です。また、紫外線軽減機能も備わっていますので、紫外線からもボディを守ります。

これからはセオリーに沿った洗車を継続することで、長い期間に渡って美しい状態をお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


美しさを長期的に保つために。BMW X1のカーコーティング

BMW X1 xDrive25i ( ミネラルホワイト )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

 

BMW X1正面左

BMW X1正面右

BMW X1ボンネット

BMW X1右側面前方

BMW X1右フェンダー

BMW X1左側面

BMW X1右側面

BMW X1右クォーター

BMW X1右側面後方

BMW X1フロントバンパー

リボルト郡山の渡辺淳一です。

納車されてから間もない新車のBMW X1のご用命です。最初に塗装面の状態を確認するため洗車してみると、水をかけたときの撥水の具合が異常に強く、何かワックスの類がベッタリ塗ってある様子がありました。どの段階で塗られたのかは特定できませんが、製造段階で修正を受けた際や新車整備センターでのチェックの段階、あるいは納車直前に塗られたりなど色々なケースが考えられます。

ワックスはたしかにボディに光沢を与えてくれますが、主に含まれているのは油脂分です。油は空気に触れると酸化がはじまり、酸化することで汚れを取り込みやすくなります。そのためほとんどは光沢もあまり長持ちはせず、酸化の影響により塗装面がくすんでしまうこともあります。

せっかくの新車をよりきれいに長く保つためにも、このワックスの類は早めに落としてしまい、酸化劣化しにくい無機のガラスコーティングで保護するのが効果的といえます。当グループが手がけた独自のコーティング剤であるリボルト・プロは、石油系溶剤などを一切含まない低分子・完全硬化型のガラス濃度100%の被膜です。耐久性、防汚性共に高いレベルで持ち合わせております。

こちらのX1、通常の洗車で油脂分を完全に落とすのは難しいため、洗車後に専用のケミカルを使って取り除き、まずはボディをありのままの状態にしました。すると今まで目立たなかった磨いた痕跡と思われるオーロラマークが一部にはっきりと露見しましたが、これは下地処理で問題なく除去し、コーティング被膜の形成にふさわしい美しい塗装面を創りあげます。そしてベストコンディションとなったお車をリボルト・プロ被膜で包み込み、しっかり保護いたしております。

今後はお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドをお使いになり、定期的に洗車をすることで、美しい状態を長期間に渡って維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


今年で誕生100周年のBMW。3シリーズのカーコーティング

BMW 320i xDrive ( ミネラルホワイト )

福島県郡山市 T 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ラディアス郡山の渡辺淳一です。

BMW 320i xDriveの施工が完了しました。

BMW320ixDrive正面左

BMW320ixDriveボンネット左

BMW320ixDriveボンネット前方

BMW320ixDriveフロントバンパー左

BMW320ixDrive左フェンダー

BMW320ixDrive右フェンダー

BMW320ixDrive右側面

BMW320ixDrive右側面後方

BMW320ixDrive右クォーター

BMW320ixDriveフロントバンパー

今年で誕生100周年を迎えるBMW。象徴ともいえるキドニーグリルは1930年代からずっと使用されていて、今や誰もがこのグリルを見ただけでビーエムと分かります。グリルだけでメーカーが分かるほどのブランド力はさすがBMWです。

こちらは新車の320i xDriveです。まずはじめに脱脂洗車をしてから状態を確認してみると、どのパネルにも小傷が見られました。ご入庫時にはガードワックスで分かりにくくなっていましたが、それを落とすと意外に小傷などが目立つことがあります。特に輸入車に多いケースですが、それらは独自の下地処理技術によって難なく取り除くことができます。

BMWの塗膜は、傾向としてパネルによって厚みにばらつきがあり、ひとつのパネル内でも場所によってずいぶん違うことがあります。今回はまさにそのような状態の塗膜でした。どのメーカーのお車も、同じように所々で塗膜の厚さに多かれ少なかれ差はありますが、下地処理ではこの点についても注意が必要です。

塗膜の厚さとボディカラーの性質を踏まえて、それらに最も適した研磨で小傷を取り除いていくと、ミネラルホワイトそのものの良さが十分に表れ、全体が煌びやかな輝きに包まれました。

塗装面を整えた後は、最後にリボルト・プロ被膜を形成させて仕上がりです。これからはセオリーに沿った洗車を継続することで、長期に渡ってこの輝きを楽しんでいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

車のガラスコーティング ラディアス郡山