今も息づく伝統のデザイン。ミニクーパーSのカーコーティング

BMW ミニ クーパーS ( ディープブルー/ホワイト )

福島県 郡山市 G 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

BMWミニクーパーS 右フェンダー

BMWミニクーパーS 正面左

BMWミニクーパーS 左フェンダー

BMWミニクーパーS ボンネット

BMWミニクーパーS ボンネット左

BMWミニクーパーS 右側面前方

BMWミニクーパーS 右側面

BMWミニクーパーS 右クォーター

BMWミニクーパーS 右側面後方

BMWミニクーパーS 左側面後方

リボルト郡山の渡辺淳一です。

丸みを帯びた愛嬌のあるスタイルが特徴的なミニ。歴代のミニから続くこのデザインは現在も受け継がれていて、運転が楽しめるという面で魅力的なのはもちろん、とにかくこのデザインが好きという方もたくさんいらっしゃると思います。

お車は新車登録からおよそ2ヶ月経過してのご入庫となりました。まず気になったのが、全体に多くある洗車傷をはじめとした小傷や水シミです。また、一部にラップガードの糊が残留しているのも見られました。

「新車=塗装面は100%の状態」というわけではありません。特に輸入車の場合は輸送や保管状況において、環境的にどうしても厳しい面があります。そういった点からも、塗装本来の美しさを十分に引き出すためには適切な下地処理が必須といえます。

当グループ独自の高度な下地処理技術(Revolt adjust system)は、あらゆる塗装の状態や性質に対応することが可能です。ミニのディープブルー/ホワイトの性質を踏まえ、なおかつ新車の塗装面に合わせた技法を用いて研磨を進めていきます。

傾向的に癖がなく適度に硬さもあるミニの塗装。下地処理によって小傷や水シミが取り除かれたことで、ご入庫時を大きく凌ぐ美しい状態となりました。

最良のコンディションに整えたお車には、完全硬化型二層ガラスコーティングの「リボルト・プロ」被膜を形成いたします。分子量が小さく塗装表面の凹凸にもしっかり入り込むため、強固に定着し耐久性は抜群です。また、紫外線軽減機能も備わっていますので、紫外線からもボディを守ります。

これからはセオリーに沿った洗車を継続することで、長い期間に渡って美しい状態をお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


「新車にこそ下地処理を」 フォード フィエスタのカーコーティング

フォード フィエスタ ( パンサーブラックメタリック )

福島県 伊達市 I 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

フォード フィエスタのご用命です。オーナー様には、以前から所有されていらっしゃる他のお車の施工もお任せいただいており、長年ご愛顧いただいております。いつもありがとうございます。

納車されて間もないご入庫となりました新車ですが、さっそく状態をチェックしていきます。

フォード フィエスタ 施工前ルーフ

フォード フィエスタ 施工前左ドア

ルーフと助手席側フロントドアの一部に磨いた痕跡がありました。これはオーロラマークといわれるもので、どのタイミングで付いたのか特定はできませんが、製造段階や新車整備センターで塗装の不具合などを修正する際に付いたものと考えられます。

フォード フィエスタ 施工前ボンネット

フォード フィエスタ 施工前右クォーター

小傷も所々に見られます。

実際、新車は完璧にきれいというわけではありませんので、磨いた痕跡や小傷が付いているのはある程度致し方ありませんが、お車の美観にこだわる方にとってはどうしても気になるものだと思います。これらを独自の下地処理技術を用いて入念に取り除き、まだ表れてはいない本来の美しさをしっかり引き出していきます。

フォード フィエスタ 施工後ルーフ

フォード フィエスタ 施工後左ドア

フォード フィエスタ 施工後ボンネット

フォード フィエスタ 施工後右クォーター

下地処理を施しオーロラマークや小傷が除去されたことで、ブラックに深みが増し、メタリックがよりクッキリと表れました。コーティング専門店ならではの下地処理で、一般的な新車の塗装面とは一線を画すクオリティに引き上げます。

塗装そのものの良さが存分に表れた後は、全体に2層プロテクションのリボルト・プロ被膜を形成いたします。

フォード フィエスタ 正面左

フォード フィエスタ ボンネット左

フォード フィエスタ ボンネット右

フォード フィエスタ ボンネット

フォード フィエスタ ヘッドライト

フォード フィエスタ リアバンパー

フォード フィエスタ リアバンパー左

フォード フィエスタ フロントバンパー

低分子・完全硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートで膜厚感のあるしっとりした艶が加わり、お車は保護されます。

オーナー様、いつも当店へのご用命誠にありがとうございます。

 


数年先まで見越した下地処理。アウディA3のカーコーティング

アウディ A3スポーツバック ( ミトスブラックメタリック  )

福島県 福島市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今回のアウディA3は、2015年式のディーラー試乗車でした。新車からおよそ1年経過していますが、予想していた以上に小傷や水シミが多く付いていて、オーナー様もその点を気にされていました。

こういった塗装面のダメージが目立つお車を磨く際に、研磨力の強い機材やコンパウンドを使用した磨き方があります。これは従来から用いられる効率的な方法ですが、その反面塗装への負荷が大きくなる傾向があるため、塗膜を必要以上に薄くしてしまうリスクもあります。

塗膜は薄くなればなるほど塗装自体の強度も弱まりますので、作業効率よりも今後数年先の塗装状態を考慮し、塗膜の厚さを十分に確保した研磨が理想的といえます。

「塗膜の厚さを確保しつつ、必要最小限の研磨で塗装面を最高の状態に整える」これが当グループの下地処理です。

下地処理前後のボンネットを比較してみます。

Before

アウディA3施工前その2

After

アウディA3施工後その2

当グループの下地処理は、塗装負荷を極力抑えながら小傷や水シミを処理することが可能です。質感はそのままに本来の輝きが表れます。

全ての塗装面を美しく整えた後は、全体にリボルト・プロ被膜を形成させ、お車をしっかり保護いたしております。

アウディA3フロントバンパー左

アウディA3ボンネット左

アウディA3左側面

アウディA3左フェンダー

アウディA3右側面前方

アウディA3右側面

アウディA3右側面後方

アウディA3左側面後方

アウディA3左クォーター

アウディA3正面右

お引き渡しの際には、深い艶に包まれたA3にオーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 


ホームページリニューアルのお知らせ

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

この度、リボルトグループのホームページがリニューアルいたします。

リボルト郡山も新しいホームページへの移行作業に伴い、しばらくの間ご不便をお掛けすることとなりますが、ご了承くださいませ。

もちろん移行期間中でも、お電話やメールでのお問い合わせは通常通り対応可能です。

アバルト500 正面左

ポルシェ911 リアバンパー

新しいホームページは、パソコンだけではなく、iPadやスマートフォンからもこれまで以上に見やすくなります。なるべく早くリニューアルできるように移行を進めていきますのでどうぞご期待ください。

よろしくお願いいたします。

 


胸が高鳴るエキゾーストノート。アバルト595のガラスコーティング

アバルト 595( ビアンコガーラ )

福島県 郡山市 U 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アバルト595 正面左

アバルト595 前方右

アバルト595 左側面前方

アバルト595 ボンネット左

アバルト595 ボンネット右

アバルト595 右側面

アバルト595 左フェンダー

アバルト595 右側面後方

アバルト595 左側面後方

アバルト595 正面右

リボルト郡山の渡辺淳一です。

フィアット500をベースにハイチューンを施したアバルト595。ご入庫いただいた際、その力強く官能的なエキゾーストノートには痺れました。自分もいつかこういったクルマでエンジンサウンドに浸りながらドライブしてみたいです。

今回のアバルト595は新車です。オーナー様には納車日がお分かりになり次第すぐにご予約をいただいておりましたので、比較的早めにお預かりさせていただくことができました。リボルト・プロを施工すると、汚れが固着しにくくなり、付いてしまった汚れも洗車で簡単に落とせるようになるのはもちろんですが、独自の下地処理技術によって塗装そのものが持つ美しさを最大限に引き出しますので、何より艶、輝きが格段に良くなります。

新車の塗装には多少なりとも特有のくもりがあり、本来の美しさは適切な下地処理によってのみはじめて十分に引き出すことができます。よりハイレベルな仕上がりをご提供させていただくためには、一般的にはきれいな新車といえど下地処理は必須です。

こちらのアバルト595も、ボディカラーのビアンコガーラにマッチした技法で塗装面を最高のコンディションに引き上げ、リボルト・プロ被膜を形成いたしております。

今後は当店からお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドをお使いになり、セオリー通りの洗車を継続することで、長い期間に渡って美しい状態を維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


カーコーティング・プロショップ/リボルト郡山のオフィシャルブログ