伝統のスポーツサルーン。マセラティ クアトロポルテのカーコーティング

マセラティ クアトロポルテ GTS (ネロリベーレ)

福島県 郡山市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット1

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット2

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット4

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ グリル

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ヘッドライト

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ リアバンパー1

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ リアバンパー2

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ リアバンパー3

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ テールレンズ

マセラティ クアトロポルテ GTS ネロリベーレ ボンネット3

リボルト郡山の渡辺淳一です。

イタリアのスーパースポーツカーブランドとして、フェラーリやランボルギーニと肩を並べるマセラティ。クアトロポルテはそのマセラティから1960年代に誕生し、半世紀に渡り歴史を積み重ねてきたいわば同社を代表する存在と言えます。マセラティならではの美しく気品あるデザインはもちろんのこと、フェラーリと同じイタリア北部にあるマラネロ工場で製造されているエンジンにも惹かれます。ご入庫いただいた際、こちらのクアトロポルテ GTSが奏でていたV8の排気音は、官能的で刺激にあふれていました。

さて、お車は2014年式で新車から約3年が経過しています。コンディションをチェックしてみると、年数経過なりの微細な汚れの蓄積や細かい傷などが全体に見られ、これらの影響のためボディはくすんでいました。クアトロポルテの優美なフォルムを存分に味わっていただくために、まずは下地処理で塗装面を万全に整えていきます。

今回のクアトロポルテ GTSのネロリベーレ、緻密で適度に硬さのある塗装です。かつてのイタリア車の塗装は、カラーによっては癖や磨きにくい感じがありましたが、クアトロポルテの場合は5代目の頃からそういった傾向は徐々に見られなくなり、近年はドイツ車の塗装に近い質感になってきているように感じます。ネロリベーレの持ち味を最大限に表現させるために最も相性の良い技法で下地処理を施すと、今まのくすみが消え去りクリアで深みのある塗装面に変わりました。美観を損ねていた細かい傷なども除去されたことで、メタリックの存在感も増して輝きに奥行きが生まれます。

下地処理を経て美しく仕上げられたボディには、低分子・ガラス濃度100%の硬化型被膜であるベースコートと、紫外線軽減効果(UVカット機能)のあるトップコートを形成させ、2層式ガラスコーティングの「リボルト・プロ」でこの状態をしっかり保護いたします。また、これにより膜厚感が加わりますので、お車の艶と輝きがさらに引き立ちます。
お引き渡しの際には、ご入庫時を遥かに凌ぐ美しさとなったクアトロポルテ GTSに、オーナー様にも喜んでいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


メルセデスのファーストクラスSUV。GLSのカーコーティング

メルセデスベンツ GLS350d 4マチック スポーツ
( ダイヤモンドホワイト )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト フロントバンパー1

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト フロントバンパー2

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト ホイール1

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト ボンネット1

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト ボンネット2

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト ヘッドライト

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト 右ドア

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト リアバンパー

メルセデスベンツ GLS 350d 4マチック スポーツ ダイヤモンドホワイト フロントバンパー4

リボルト郡山の渡辺淳一です。

メルセデスベンツのファーストクラスSUV、GLSのご用命です。オーナー様には以前も同じメルセデスのMLをご入庫いただいており、「リボルト・プロ」施工後のMLの美しさとお手入れのしやすさにご満足いだだき、この度のお乗り換えにより2台目をお任せくださいました。

さて、こちらのGLSのボディカラーはメタリックカラーのダイヤモンドホワイトです。メルセデスの白は、他にもソリッドのカルサイトホワイトやポーラーホワイトなどがありますが、これらソリッドホワイトの澄んだ輝きとはまた違う、煌びやかな輝きが持ち味のホワイトメタリック。今回も下地処理によってこのダイヤモンドホワイトの良さを存分に引き出していきます。

お車のコンディションを確認してみると、スクラッチ傷などの目立ったダメージは見られなかったものの、何かワックスの類がベッタリと塗られている感じがあり、全体的にもやっと曇りがかっていました。メタリックの煌きがほとんど表れていない様子です。

これを改善し、塗装面を本来あるべき美しい状態にするために欠かせないのが下地処理です。小傷や水シミなどのダメージを取り除くことだけが下地処理の目的ではなく、その塗装が持つ艶と輝きを余すところなく表現させるのも大きな目的です。

まず洗車し、専用のケミカル類を用いてワックスの類に含まれる油脂分を完全に落としていきます。その上で改めてボディをチェックしてみると、今まで油脂分で目立ちにくかった修正跡であるオーロラマークが所々に露見しました。これらもボディをもやっとさせていた原因です。

ありのままの状態となった塗装面には、負荷を抑えながら丁寧に下地処理を施し、存在するオーロラマークを一掃いたします。これによりメタリックの煌きも格段に増して、ダイヤモンドホワイトという名にふさわしい上品な輝きとなりました。塗装面がクッキリと艶感たっぷりの美しさに整った後は、2層プロテクション「リボルト・プロ」の形成に入ります。低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線からの影響を軽減させる効果を持つトップコートにより、ボディをしっかり保護いたします。

今後はこれまで通りのセオリーに沿った洗車を継続していただくことによって、今回のGLSも長い期間に渡ってこの輝きをお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


ドライバーズファーストの最上級サルーン。BMW7シリーズのカーコーティング

BMW 740i Mスポーツ ( マジェリングレーメタリック )

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック フロントバンパー1

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ボンネット1

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ボンネット2

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ヘッドライト

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ホイール1

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック ホイール2

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック リアバンパー

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック テールレンズ

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック トランク

BMW 740i Mスポーツ マジェリングレーメタリック キドニーグリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

現行モデルのBMW 7シリーズがデビューした当初、多くの先進技術と革新的な新機能が大きな話題となりました。一般的に最上級サルーン は、後席が特等席というイメージが浸透しているかと思いますが、そこは常にドライビングプレジャーを追求するBMW。その意味で、7シリーズは自らがハンドルを握ってこそ、真価を存分に味わえるのだと思います。

さて、ご入庫いただきましたこちらの740i Mスポーツですが、最高のクオリティに仕上げるためにまず重要になるのが下地処理です。どれほど優れたコーティング剤であってもそれを塗布するだけでは、お車に十分な艶、輝きは表れません。下地処理によってボディ上の微細な付着物や細かい傷、水シミなどを取り除くことではじめて美しい塗装面となり、コーティング剤の良さが生きてきます。

マジェリングレーメタリックのボディは、細かい傷や水シミなどのダメージは少なめで比較的良いコンディションでしたが、入念な下地処理によって美観を損ねるこれらマイナスの部分を見逃さず取り除くと、肌のきめが整い、一段と透明感が増した輝きとなりました。塗装面が万全の状態となったところで、リボルト独自開発の2層式ガラスコーティングである「リボルト・プロ」を形成いたします。低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートにより、さまざまな汚染物質からお車を長期的に守ります。

「リボルト・プロ」は作業性を犠牲にし、あくまでクオリティを最優先に開発されています。なかでも紫外線による影響を軽減させる機能は、他の量販タイプのガラスコーティングにはなかなかありません。今後はお引渡しの際にお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドを使用し、セオリー通りの洗車を継続することによって、この美しさを存分にお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


美しさの鍵を握るのは下地処理。アウディQ7のカーコーティング

アウディ Q7 ( オルカブラックメタリック )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アウディ Q7 オルカブラックメタリック フロントバンパー1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック フロントバンパー2

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ヘッドライト

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ボンネット1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ホイール1

アウディ Q7 オルカブラックメタリック ホイール2

アウディ Q7 オルカブラックメタリック 右ドア

アウディ Q7 オルカブラックメタリック リアバンパー

アウディ Q7 オルカブラックメタリック エンブレム

アウディ Q7 オルカブラックメタリック グリル

リボルト郡山の渡辺淳一です。

アウディ Q7のご入庫です。オーナー様は今回のQ7のご購入前に、同クラスのBMWやメルセデスベンツ、レクサスのSUVを何度も比較試乗されていましたが、そんな時、初めて試乗したQ7に今までにない大きなインパクトを受けられ、すぐに購入をお決めになったそうです。

さて、お車ですが、全体に洗車傷レベルのうっすらした小傷が多く見られ、予想していたよりもダメージが見られました。ご入庫いただいた際に、当店の高輝度専用照明下でオーナー様と状態を確認いたしましたが、「新車でもこんなに傷があるものなんですね。」とおっしゃっておりました。最良の美しさでお乗りいただけるように、まずは下地処理によってこの状態を改善し、オルカブラックメタリックが持っている輝きを存分に引き出していきます。

硬いと言われるドイツの自動車メーカーの塗装ですが、その中でも硬さにはいくぶん差があります。個体差もありますが、メルセデスベンツの塗装の硬さを10とすると、ポルシェ、アウディ、フォルクスワーゲンの塗装の硬さはだいたい7といったところでしょうか。また、どのメーカーにも言えることですが、塗装の質感には多少なりとも常に変化があり、同じカラーであっても数年前と今ではその性質はガラッと変わっているという場合もあります。そのためコーティング専門店としては、日々変わりゆく各メーカーの様々な塗装の性質に対応し、どんなカラーであってもそのものの良さ、持ち味を最大限に引き出すことができるように、下地処理の技法を常に研究し続けるということが必要不可欠になります。

Q7のオルカブラックメタリックの質感は、従来のオルカブラックパールエフェクトやファントムブラックパールエフェクトとほぼ同じ傾向がありました。性質に大きな変化は見られなかったため、今までこれらの塗装に用いてきた技法を踏襲しつつ、最新のポリッシャーとバフ、コンパウンドを組み合わせ、より最適化された下地処理でボディ上の小傷を除去いたしました。

全ての塗装面を美しく整えた後は、リボルト独自開発の2層プロテクションガラスコーティング「リボルト・プロ」の形成に入ります。低分子・ガラス濃度100%の硬化型被膜であるベースコートと、紫外線軽減効果のあるトップコートによって、お車に優れた保護性能が付加されると共に、膜厚感のあるしっとりした艶が生まれます。

当店こだわりの施工によって最上級の美しさとなったQ7に、オーナー様にもお喜びいただくことができました。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


スペシャルカラーのマイアミブルー。ポルシェ911ターボSのカーコーティング

ポルシェ 911 ターボS ( マイアミブルー )

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ボンネット1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ボンネット2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ヘッドライト1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー ヘッドライト2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー フロントバンパー1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー リアバンパー1

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー エンジンフード

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー リアバンパー2

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー テールレンズ

ポルシェ 911 ターボS マイアミブルー フロントバンパー3

リボルト郡山の渡辺淳一です。

ポルシェ 911の最高峰、ターボSのご用命です。ご入庫いただきマイアミブルーを纏ったその姿を実際に目の前にしますと、これがイメージしていた以上によく似合っていました。       こういったカラーが映えるのもポルシェ 911だからこそなのでしょう。ただでさえ視線を集めること間違いなしの911 ターボSにマイアミブルー。あまりに目立つ色のためか、オーナー様はディーラーの担当者の方から「本当にこの色でいいんですか?」と何度も確認されたそうです。

さて、お車は納車されてから少し期間が経過してのお預かりとなりましたが、状態を見て気になったのは全体的に多く付いていた細かい傷です。マイアミブルーはソリッドなだけに、たとえ浅めの小傷でもメタリックカラーに比べてどうしても目立ちやすいところがあります。よく黒や濃色系は傷が目立つと言われますが、こちらのような明るめの青や、赤などのソリッドカラーにも同じことが言えます。よって今回のターボSを本来あるべき美しさへと導くためには、塗装面に存在する無数の細かい傷をしっかり取り除くことが鍵となります。

その鍵を握るのは下地処理。この工程が仕上がりのクオリティに直結します。特に911伝統の丸みを帯びたフォルムは、ポリッシャーの当て方ひとつとっても多くの繊細な調整が求められますので、技術の差が如実に表れます。そういった意味で911をはじめポルシェの施工実績も豊富な当店は、経験に裏打ちされた下地処理による確かなクオリティをご提供させていただくことが可能です。

マイアミブルーは、ポルシェの塗装の中でも少し柔らかめのきめ細かい肌でしたので、通常の硬めのドイツ車の塗装を研磨するのとはまた違う技法を用いました。ポリッシャーの角度、面圧、回転数、動かすスピードを、パネルの形状に合わせてそれぞれ最適となるよう調整しながら、全ての塗装面を丁寧に研磨していきます。

下地処理を経て小傷が除去されると、それまでとはまるで違うまばゆくひときわ鮮やかな輝きに変わりました。塗装面を一点の曇りもなく美しく仕上げたことにより、躍動感のあるボディが一段と強調されます。その上で全体に「リボルト・プロ」被膜を定着させると、この状態が保護されると共に艶と輝きにさらなる厚みがもたらされます。

至高のハイパフォーマンスモデルに相応しいこの上ない美しさとなったポルシェ 911 ターボS。これからはセオリーに沿った定期的な洗車によって、付着した汚れもみるみる落ちていきます。きっとお手入れをするたびに、ますますお車への愛着が湧いてくることと思います。

この度は誠にありがとうございました。

 

 

 


カーコーティング・プロショップ/リボルト郡山のオフィシャルブログ