胸が高鳴るエキゾーストノート。アバルト595のガラスコーティング

アバルト 595( ビアンコガーラ )

福島県 郡山市 U 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アバルト595 正面左

アバルト595 前方右

アバルト595 左側面前方

アバルト595 ボンネット左

アバルト595 ボンネット右

アバルト595 右側面

アバルト595 左フェンダー

アバルト595 右側面後方

アバルト595 左側面後方

アバルト595 正面右

リボルト郡山の渡辺淳一です。

フィアット500をベースにハイチューンを施したアバルト595。ご入庫いただいた際、その力強く官能的なエキゾーストノートには痺れました。自分もいつかこういったクルマでエンジンサウンドに浸りながらドライブしてみたいです。

今回のアバルト595は新車です。オーナー様には納車日がお分かりになり次第すぐにご予約をいただいておりましたので、比較的早めにお預かりさせていただくことができました。リボルト・プロを施工すると、汚れが固着しにくくなり、付いてしまった汚れも洗車で簡単に落とせるようになるのはもちろんですが、独自の下地処理技術によって塗装そのものが持つ美しさを最大限に引き出しますので、何より艶、輝きが格段に良くなります。

新車の塗装には多少なりとも特有のくもりがあり、本来の美しさは適切な下地処理によってのみはじめて十分に引き出すことができます。よりハイレベルな仕上がりをご提供させていただくためには、一般的にはきれいな新車といえど下地処理は必須です。

こちらのアバルト595も、ボディカラーのビアンコガーラにマッチした技法で塗装面を最高のコンディションに引き上げ、リボルト・プロ被膜を形成いたしております。

今後は当店からお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドをお使いになり、セオリー通りの洗車を継続することで、長い期間に渡って美しい状態を維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


自己修復型塗装のお車にもぜひコーティングを!

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今回は自己修復型塗装のお車の施工についてです。

自己修復の特性を持つ塗装は、塗装の最表面のクリア層に柔軟性と弾力を持たせてあり、通常の塗装にくらべて日常使用で生じてしまう浅めの傷がつきにくくなっています。また、ついてしまってもある程度の浅めの傷なら、時間の経過とともに塗膜が変形し復元するという性質があります。

ただ、実際生じてしまった傷についてはイメージしているほど消えて元どおりにはならないというのが率直な感想です。今まで当店で施工させていただいた自己修復型の塗装のお車を振り返ってみても、ほぼ全て例外なく浅めの小傷は見られましたし、そこまで絶対的なものではないと思います。

本来の美しい状態を引き出し維持するためには、自己修復型の塗装だからといって過信せずに、小傷などを適切な下地処理によって除去し、コーティング被膜を定着させるのが必須です。

ここ数年、自己修復型の塗装は増えてきていますが、一般的に多く行われている従来型のコンパウンドや磨き方では、自己修復型塗装には適さなくなってきています。

そのため、自己修復型塗装の特性をしっかり踏まえた下地処理が求められます。

トヨタ クラウンアスリート ボンネット

トヨタ クラウンアスリート ルーフ

リボルトグループでは独自の下地処理技術の確立により、自己修復型の塗装であっても、その特性に合わせてコンパウンド、バフ、ポリッシャーを組み合わせ、塗装面をベストコンディションに整えコーティングいたします。

日産のスクラッチシールドやトヨタのセルフリストアリングコートなど、自己修復型の塗装(耐すり傷向上塗料)のお車もぜひお任せ下さいませ。

 


美しさを長期的に保つために。BMW X1のカーコーティング

BMW X1 xDrive25i ( ミネラルホワイト )

福島県 郡山市 S 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工

 

BMW X1正面左

BMW X1正面右

BMW X1ボンネット

BMW X1右側面前方

BMW X1右フェンダー

BMW X1左側面

BMW X1右側面

BMW X1右クォーター

BMW X1右側面後方

BMW X1フロントバンパー

リボルト郡山の渡辺淳一です。

納車されてから間もない新車のBMW X1のご用命です。最初に塗装面の状態を確認するため洗車してみると、水をかけたときの撥水の具合が異常に強く、何かワックスの類がベッタリ塗ってある様子がありました。どの段階で塗られたのかは特定できませんが、製造段階で修正を受けた際や新車整備センターでのチェックの段階、あるいは納車直前に塗られたりなど色々なケースが考えられます。

ワックスはたしかにボディに光沢を与えてくれますが、主に含まれているのは油脂分です。油は空気に触れると酸化がはじまり、酸化することで汚れを取り込みやすくなります。そのためほとんどは光沢もあまり長持ちはせず、酸化の影響により塗装面がくすんでしまうこともあります。

せっかくの新車をよりきれいに長く保つためにも、このワックスの類は早めに落としてしまい、酸化劣化しにくい無機のガラスコーティングで保護するのが効果的といえます。当グループが手がけた独自のコーティング剤であるリボルト・プロは、石油系溶剤などを一切含まない低分子・完全硬化型のガラス濃度100%の被膜です。耐久性、防汚性共に高いレベルで持ち合わせております。

こちらのX1、通常の洗車で油脂分を完全に落とすのは難しいため、洗車後に専用のケミカルを使って取り除き、まずはボディをありのままの状態にしました。すると今まで目立たなかった磨いた痕跡と思われるオーロラマークが一部にはっきりと露見しましたが、これは下地処理で問題なく除去し、コーティング被膜の形成にふさわしい美しい塗装面を創りあげます。そしてベストコンディションとなったお車をリボルト・プロ被膜で包み込み、しっかり保護いたしております。

今後はお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドをお使いになり、定期的に洗車をすることで、美しい状態を長期間に渡って維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


夏の洗車は気をつけて!

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

暑い日が続いています。洗車するにも大変な時期ですね。

ところで、洗車のときシャンプーや水を知らず知らずのうちに乾かしてしまってませんか?

乾いてしまうと、水分は蒸発しても水道水に含まれるカルキ、カルシウム等のミネラル分などがそのままボディに残留してしまいます。

実はこれがシミの大きな原因のひとつになります。

特に夏の時期の水道水は、消毒のための塩素濃度も高めになりますので、なおさら注意です。

日中の炎天下での洗車は避け、午前中早めの時間帯や夕方、曇りの日など、なるべく乾きにくい環境で洗うのがおすすめです。

乾きそうなところに時々水をかけながら洗ったり、ルーフの面積が大きいミニバンなどの場合は、まずルーフを洗ってすすいで拭きあげまで行ってから、ボンネットや側面を洗ったりするなどもひとつの方法です。

アウディA5洗車その1

アウディA5洗車その2

お車の美観を保つためにも、とにかく乾かさないように心がけて洗車していただければと思います。

 


すべては下地処理で決まります。メルセデスベンツVクラスのカーコーティング

 

このたびグループのブランド統一に伴い、当店「ラディアス郡山」も「リボルト郡山」へと名称が変更になりました。運営会社及びスタッフには変更ございませんので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

メルセデスベンツ V220d ( ロッククリスタルホワイト )

福島県 会津若松市 O 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

メルセデスベンツ V220dの施工が完了しました。

メルセデスベンツV220d左ヘッドライト

メルセデスベンツV220d右側面前方

メルセデスベンツV220dボンネット

メルセデスベンツV220d右ヘッドライト

メルセデスベンツV220d右フェンダー

メルセデスベンツV220d左フェンダー

メルセデスベンツV220d右クォーター

メルセデスベンツV220d右側面後方

メルセデスベンツV220dルーフ

メルセデスベンツV220d正面左

こちらのV220dはディーラー試乗車でした。納車後それほど間もないご入庫となりましたが、全体に細かい傷が目立ちました。試乗車は常にきれいにしていなければならないため、毎日のように洗ったり拭いたりが繰り返されます。ただ、そのお手入れは必ずしも良いといえるものではないのが実際のところで、今まで当店にご入庫いただきました試乗車のケースをあげてみると、そのほとんどは洗車傷をはじめとした小傷が多く付いていました。

このような洗車傷レベルのものは、一般的には傷と認識されるものではないと思いますが、美しさにこだわる方にとってはどうしても気になるものです。当グループ独自の下地処理技術は、そんなこだわりを持ったオーナー様のお気持ちにもきっとお応えできることと思います。安心してお任せ下さい。これらは難なく処理して本来の姿、輝きにすることができます。

メルセデスベンツの塗装は、硬いといわれるドイツ車の塗装のなかでも特に硬い傾向がありますが、今回のV220dのロッククリスタルホワイトは少し柔らかめです。ちょっと意外でしたが、硬めのドイツ車の塗装に合わせた技法では必要以上に塗膜に負荷をかけてしまう恐れがあるため、柔らかめの塗装に相性の良い技法で下地処理を施しました。

目立っていた細かい傷がスッキリなくなり、塗装面が最良の輝きとなった後は、全体に低分子・完全硬化型ガラス濃度100%のベースコートを定着させ、さらにその上に紫外線軽減効果のあるトップコートでボディを包みます。これによりしっとりした艶が加わり、お車は保護されます。

今後はセオリー通りの洗車を継続することで、長い期間に渡ってこの艶をお楽しみいただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


カーコーティング・プロショップ/リボルト郡山のオフィシャルブログ