「磨いてこそのマツダの塗装」CX-5のガラスコーティング

リボルト郡山の渡辺淳一です。

ここ数年で当店ではマツダ車の施工が大幅に増加しました。CX-5は、その中でも特に多く、国産SUVではトヨタ ハリアーと1、2位を争う施工台数となっています。クリーンディーゼル VS ハイブリッドといったところでしょうか。

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ ボンネット2

オーナー様はボルボ V60からのお乗り換えです。V60は他社にてコーティング施工されましたが、今回のCX-5のご購入の際に当店のホームページをご覧になり、納車前に一度ご来店いただきました。お話をお伺いしながら、下地処理をはじめ独自開発のコーティング剤「リボルト・プロ」についても詳しく説明させていただき、ご納得されて即ご予約をいただきました。

納車当日にお預かりしましたこちらのCX-5。近年のマツダの塗装は水性塗料で塗膜が薄いのですが、硬めでしっかりしています。ただ、塗装自体のボケが強く、下地処理にも工夫が必要です。この点を十分に踏まえ、エターナルブルーマイカの質に最適なポリッシャー、バフ、コンパウンドを組み合わせ、ひとつひとつのパネルをキワまで丁寧に磨き上げました。

下地処理を施したことで塗装のボケはスッキリ解消され、一段と透明度が増したエターナルブルーマイカのボディ。このカラーそのものの美しさも十分に感じられるようになり、ご入庫時を大きく上回る光沢に包まれたお車には、この状態を長期的に維持しやすくするために、2層式ガラスコーティングの「リボルト・プロ」を形成させています。

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ ボンネット3

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ ホイール1

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ ヘッドライト

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ ホイール2

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ リアバンパー

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ テールレンズ

マツダ CX-5 エターナルブルーマイカ バックドア

塗装面はもちろん、未塗装樹脂パーツやメッキ類、ヘッドライト、テールレンズ、ナンバープレートなどもしっかり保護いたしました。

マツダの塗装といえば、マシーングレーは専門業者の手によって磨くと、美しさがさらに際立つという同社の塗装技術部の話が知られていますが、それ以外のカラーにも同じことが言えますね。磨いてこそのマツダの塗装だと思います。

これからは汚れも固着しにくく、落としやすくなりますので、セオリー通りの洗車を継続することによって、長い期間に渡りこの美しさをお楽しみいただけると思います。

この度のご用命誠にありがとうございました。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


洗車には断然マイクロファイバークロス!

リボルト郡山の渡辺淳一です。

車をきれいに維持していく上で欠かせない洗車ですが、みなさんは普段何を使って洗っていますか?

スポンジ、ムートンなど色々ありますが、コーティング専門店の視点から見るとその中でもマイクロファイバークロスが一番のお勧めです。

170218 マイクロファイバークロス2

170218 マイクロファイバークロス3

マイクロファイバークロスは、繊維が極細で髪の毛の100分の1程度であり、それが高密度で編み込まれています。断面図を見ると、繊維がエッジのある多角形であるため、スポンジやムートンなどと比べて汚れの下まで食い込み、ボディ上の微細な付着物までしっかりと絡めとることができます。

洗車の目的は付着した砂埃や泥などを落とすだけではなく、塗装面に悪影響を与える汚染物質をしっかり取り除くためでもあります。

170218 マイクロファイバークロス1

もちろんスポンジやムートンなどを使うのも間違いではありませんが、ボディ上の細かな汚れまでしっかり取り除いてあげるという点では、やはりマイクロファイバークロスに優位性があります。

複数枚用意し、汚れ具合に応じて定期的に新しいものに交換しながらお使いいただければと思います。また、使う際には必ず水に濡らして十分になじませてからお使いください。乾いたままだと洗いづらく、本来の威力を発揮しにくくなります。

その他、スポンジなどでは落としにくい汚れにも威力を発揮します。例えば、夏場によくあるボンネットやフロントバンパーへの虫の固着。高速道路を走った後にふと見てみたら、もうびっしり。なんていうこともありますね。このようなベタッと付いてしまった虫も、マイクロファイバークロスを使えば比較的簡単に落ちるんです。

また、シャンプーで洗う時だけでなく、すすいで水を拭き上げるのにもマイクロファイバークロスの使用がお勧めです。この段階でも、水道水に含まれているカルキやミネラル分、また、最後に残ったわずかな汚れも拭き取ることができます。

ぜひお試しくださいませ。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


再塗装後のお車

リボルト郡山の渡辺淳一です。

修理のためお車を再塗装する場合がありますが、その際にはバフ目やオーロラマークなどの磨き跡が残ってしまうケースがほとんどです。こちらの画像は再塗装後にご入庫いたしましたフォード マスタングのボンネットですが、色がソリッドの黒ということもあり、無数の磨いた痕跡が目立ちます。

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック ボンネット 施工前

丁寧に塗装されていましたが、ここからバフ目やオーロラマークを処理して、塗装自体の美しさをさらに引き出してあげるのが我々コーティング専門店の仕事です。専用の高輝度照明の下、このソリッドブラックの質に最適なコンパウンド、バフ、ポリッシャーを組み合わせ、塗装負荷を抑えながら入念に研磨を行います。

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック ボンネット 施工後

磨いた痕跡はスッキリなくなり、クリアな映り込みとなったボンネット。光沢も一段とアップしました。

同様の状態にあったクォーターパネルの施工前後もご覧ください。

Before

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック クォーターパネル 施工前

After

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック クォーターパネル 施工後

画像以外にも全体的に磨き跡は見られましたが、もちろんしっかり処理し、全ての塗装面を美しく整えた上で「リボルト・プロ」を形成いたしました。

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック フロントバンパー

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック ボンネット1

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック ホイール1

フォード マスタング GTクーペプレミアム ブラック リアバンパー

ワックスなどの表面的な光沢ではなく、塗装本来の美しさを十分に感じられる奥行きのある輝きに包まれたマスタング。

ソリッドの黒はわずかな小傷などでも目立ちやすく、塗装面の状態が最も分かりやすいカラーでもあります。扱い方もシビアで、プロのコーティング施工店といえども磨き跡を残さず美しく仕上げられるショップは数少ないです。下地処理の技術力がはっきり表れます。

当店では繊細なソリッドブラックはもちろんのこと、再塗装されたお車もさらに美しく仕上げさせていただきます。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


未塗装樹脂パーツにも効果あり

リボルト郡山の渡辺淳一です。

当店で使用している独自開発のコーティング剤「リボルト・プロ」は、未塗装樹脂パーツにも効果を発揮します。

未塗装樹脂パーツは年数の経過に伴い徐々に劣化が進み、白っぽくなっていくことがよくありますが、「リボルト・プロ」を形成させることでこの現象を長期的に抑えることができます。

スバル インプレッサXV クリスタルホワイトパール グリル

スバル インプレッサXV クリスタルホワイトパール 右ドア1

スバル インプレッサXV クリスタルホワイトパール ホイール1

スバル インプレッサXV クリスタルホワイトパール ホイール

スバル インプレッサXV クリスタルホワイトパール フロントバンパー

こちらのスバル インプレッサXVは、塗装面の美しさだけでなく未塗装樹脂パーツもしっとりした深みのある黒さに変わり、白と黒のコントラストが映えるより引き締まった姿となりました。

特に未塗装樹脂パーツが比較的多く使用されているお車は、この部分が美観を高めるためのポイントでもあります。今後は「リボルト・プロ」ならではの耐久性と保護性能により、黒の樹脂パーツも白っぽくなりにくく、この状態を長い期間に渡ってお楽しみいただけると思います。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


「意外と盲点」新車の窓ガラス

リボルト郡山の渡辺淳一です。

新車の窓ガラスの内側、見過ごされがちですが実は意外と汚れています。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ 新車 フロントガラス1

こちらは納車当日にご入庫いただきました新車のフロントガラスです。上記の画像に分かりやすく青い枠で囲んだ部分がありますが、これはガラスをマウントする際に付いた吸盤の跡と思われます。また、全体的に白っぽく曇っていて本来あるべきクリアな映り込みではありません。これは外側ではなく内側の状態です。

盲点となっている部分かもしれませんが、新車の窓ガラスはこのようになっている場合がメーカーを問わずよく見られ、その他にもフロントガラスは納車前まで内側にステッカーやシールの類が貼られていたりしますので、これらの糊が部分的に残っていることもあります。

リボルト郡山では、コーティング施工において窓ガラスの内側も全ての面を丁寧に拭き上げます。

トヨタ カムリ アティチュードブラックマイカ 新車 フロントガラス2

窓ガラスの内側もケアしてあげることで、お車の美観をより高めることに繋がります。

 

福島・郡山でカーコーティング・ガラスコーティングならリボルト郡山へ

カーコーティングのお見積り・お問い合わせはこちらから

車のコーティング専門店 リボルト郡山
住所:〒963-8071 福島県郡山市富久山町久保田我妻20-5
TEL :024-954-7210
営業時間:AM9:30~PM7:00(定休日:水曜日)


カーコーティング・プロショップ/リボルト郡山のオフィシャルブログ