キューブ  ビターショコラ

日産 キューブ
福島市 O様
ガラスコーティング
窓ガラス撥水加工
日産 キューブのガラスコーティングが仕上がりました。
新車で納車後すぐのご入庫でしたが、塗装にくもりがあり全体的にがモヤッとした印象でした。
この新車の塗装のボケを解消するとともに、ボンネットを中心に着いていた洗車傷を除去し、本来の塗装の美しさを引き出すための下地処理を行いました。
しかし、ここでむやみに磨いてしまうと、せっかくのホーロー層という塗装表面の硬い部分を失ってしまうので、工程ごとに最適なコンパウンド、バフ、ポリッシャーを選択し、慎重に作業を進めなければなりません。
下地処理完了後、ガラス被膜がしっかりと密着できるよう完全に脱脂作業を行って、コーティング被膜を定着させる工程に入ります。
温度、湿度に気を配りながら、最適なインターバルによってガラス被膜を硬化させますと、充分な膜厚を確保したガラス被膜の層が完成し、まさにウエットルックとなりました。
このガラス被膜は、モース硬度7相当の硬度を確保しており、強力な保護効果と耐久性を合わせ持っているため、長期間に渡り美観を維持することができます。
オーナー様にお引き渡しの際は、一目で納車時の状態との違いに驚かれ、大変お喜びいただくことができました。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。
091229cube00.jpg
091229cube02.jpg
091229cube05.jpg
091229cube07.jpg
091229cube03.jpg
091229cube01.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です