メルセデスベンツ E320ステーションワゴン(オプシディアンブラック)のコーティング

メルセデスベンツ E320 ステーションワゴン W211(オプシディアンブラック)

福島県郡山市 M様
ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのM様の、メルセデスベンツE320ステーションワゴンが仕上がりました。

メルセデスベンツE320ステーションワゴン ボンネット右上

メルセデスベンツE320ステーションワゴン 左前方

メルセデスベンツE320ステーションワゴン 右クォーター

メルセデスベンツE320ステーションワゴン エンブレム

メルセデスベンツE320ステーションワゴン 右ヘッドライトからボンネット

メルセデスベンツE320ステーションワゴン 左サイドから

こちらの2005年モデルのE320ステーションワゴンは、オーナー様が新車でご購入され、大事にお乗りになられていらっしゃいましたが、6年が経過したため、そろそろリフレッシュということでご入庫くださいました。

メールでお問い合わせいただいた後、実際にご来店いただいてお車の状態を拝見させていただきますと、窓ガラスからボディーに至るまで水シミががびっしりと固着し、ざらついていて本来の色つやからは、ちょっと遠い状態にありました。

オーナー様もこの固着してしまった水シミを気にされておりましたが、この水シミを何とかしなければ、美しい仕上がりは望めそうにありません。

洗車後、付着している鉄粉、塗装ミスト、ピッチタールなどを除去し、モール、ドアヒンジや隙間などに堆積した頑固な汚れもクリーニングします。
通常、ここから研磨作業に入るのですが、問題はこの水シミです。
ここではまず、特殊なケミカルを使って、シミを除去する方法をとりました。この方法ですと水シミの素であるカルシウムやミネラル分を溶解させることができますので、塗装に負担をかけずにシミを除去することができます。

ケミカルで大方のシミを除去した後、研磨作業に進み、傷や進行したシミで荒れてしまった塗装面を「塗膜を削る」従来型の技法ではない、新たに開発した欧州車の塗装に最適な独自の下地処理によって滑らかに仕上げ、シミ、傷を除去するだけではなく、メルセデスの塗装本来の美しさをしっかり引き出しました。

下地処理によって本来の姿となったオプシディアンブラックは、無溶剤、濃度100%の「New リボルト・プロ」のガラス被膜を形成させることによって、透明な被膜感たっぷりの仕上がりとなりました。

お引き渡しの際、オーナー様は大変お喜びになり「いやー凄い。大したもんだ」とお褒めいただくことができました。
駐車場などでは、ツヤも輝きも他の車とは明らかに違いますから、ちょっとした優越感に浸れることでしょう。
この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です