流麗なボディーラインが美しい、ジャガーXJ-S V12コンバーチブルのガラスコーティング

ジャガー XJ-S V12 コンバーチブル(トパーズ)

福島県郡山市 S様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

福島県郡山市よりお越しのS様のジャガーXJ-S V12コンバーチブルが仕上がりました。

ジャガー XJ-S V12 コンバーチブル(トパーズ)正面右

ジャガー XJ-S V12 コンバーチブル(トパーズ)ボンネット正面

ジャガー XJ-S V12 コンバーチブル(トパーズ)左前方

ジャガー XJ-S V12 コンバーチブル(トパーズ)ボンネット左

ジャガー XJ-S V12 コンバーチブル(トパーズ)テール左

ジャガー XJ-S V12 コンバーチブル(トパーズ)左クォーター

オーナーのS様は、メルセデスをはじめとして、デイムラー ダブルシックスやベントレー ターボなど乗り継いでこられ、今回ご入庫いただきましたXJ-S V12 コンバーチブルは、2台目のXJ-Sだそうです。
車好きなら誰しも、好きな車に囲まれた生活を夢見るものですが、現実に華麗な車遍歴を重ねてこられたS様、本当にうらやましい限りでございます。

さて、こちらのXJ-S、オーナー様の手によって内外装とも入念にお手入れされ、コンディションは上々でございました。
ただ塗装は、どうしても経年劣化と小傷によるクスミが見られ、やや白っぽく感じられました。
塗装が修復を受けているパネルもありましたので、施工前にしっかりチェックしてから下地処理に入ります。
膜厚に注意しながら傷やシミを除去し、丹念に磨き上げて行きます。磨き上げるといいましても、それは繊細な作業で塗装に負担をかけるような面圧をかけて削るようなものではありません。あくまで優しく、塗装肌の凹凸を均一に磨き上げる下地処理です。
独自の下地処理で本来の美しさを取り戻したXJ-Sにリボルト・プロの硬化型ガラス被膜を定着させますと、透明感溢れるトパーズとなり、流麗なボディーラインがいっそう引き立つ仕上がりとなりました。

車の塗装は、年数の経過とともに劣化が進んで艶や輝きが失われて行きますが、しっかりと下地処理を行ってからコーティングすることで、見違えるように美しく変身させることができます。

お引き渡しの際、オーナー様には大変お喜びいただくことができました。美しいXJ-Sを眺めながらのティータイムは、オーナー様にとって至福のひとときとなることでしょう。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です