エスティマのガラスコーティング

当店でも数多く施工させていただいているエスティマですが
その中でも特に人気のカラーがブラック(202)です。
こちらは5年ほど経過しておりましたが、しっかりとリフレッシュして
大事に乗り続けたいというオーナー様のご希望で、Newリボルト・プロ
の施工となりました。
ボンネットの左半分が下地処理前、右半分が「リボルト アジャスト システム」
にて下地処理を行った後です。
下地処理前の左側は、傷やシミ、酸化劣化によって塗装面が荒れて白ボケして
ツヤが失われていますが、下地処理を終えた右側は黒さを取り戻しクッキリと
透明になっているのがお分かりいただけると思います。
ガラスコーティングにおいて、被膜形成前の下地処理でどれだけ「塗装本来の
美しさを引き出すことができるか」が最終的なクオリティに直結します。
ただやみくもに塗装を削るようなポリッシングでは、傷自体は取ることが
できても塗装そのものを傷めてしまい、決して美しい塗装面には仕上がりませ
んし、膜厚が薄くなり塗装が弱くなってしまいます。
「最小限の磨きで、最大限に塗装の美しさを引き出す」
日々研究努力をを重ね、常にここにこだわって行きたいと思います。
IMG_0831.jpg
110423ESTIMA03.jpg
110423ESTIMA06.jpg
車のガラスコーティング ラディアス郡山


進化したNew Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)

先日リボルト・プロを施工させていただきましたR35GTRのボンネットです。
一般的な施工店では、仕上げが難しく敬遠されがちなスーパーブラック(ソリッド)ですが
ラディアス独自の下地処理技術である「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」
によって、塗装に余計な負荷をかけることなく傷を除去し、塗装そのものの美しさを引き出しています。
従来の下地処理では、塗装を削り落とすことによってしか傷を取り去ることができませんでした。
この工法ですと、傷を除去することはできても同時に塗装の膜厚を減らす結果となり、塗装が弱くなって
しまうという問題がありました。
また、ポリッシャーによる磨き傷やオーロラマークと呼ばれるバフの痕跡が残りやすいとういう欠点も
ありました。
ラディアスグループでは、以前からこうしたデメリットの多い従来の研磨方法に疑問を持っており
「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という塗装に優しい独自の下地処理
システムを採用し、施工された各オーナー様から高い評価をいただいておりましたが、このたび
研究、検証を重ねてさらに進化した「NEW Revolt adjust system(ニュー リボルト アジャスト システム)」
を完成させました。
これは、専用に開発したポリッシャーとバフ、特殊コンパウンドの採用により、基本的には1工程で傷を
しっかりと除去しながら塗装面を平滑化し、肌理を整えて仕上げまで持っていくことができる画期的な
まさに次世代の下地処理システムです。
これにより今まで以上に塗装にやさしく、磨き傷とはまったく無縁の美しいガラスコーティングが可能に
なりました。
【施工前】
ボンネット1
【施工後】
ボンネット2
『下地処理による美しい塗装面づくり + 良質のガラス被膜の形成』の両方が高いレベルで融合してはじめて
クオリティの高いガラスコーティングが生まれます。
車のガラスコーティング ラディアス郡山


中古車を購入しましたが・・

福島県須賀川市にお住まいのH様より
メールでお問い合わせをいただきました。
----------------------------------------------
コーティングについてあまり詳しく知りません。
私の車は中古で買ったのですがいたるところに水あかがあってとても気になっています。
細かい傷もあります。
そのような車でも水あかが取れて光沢のある状態でコーティングを施して頂けるものなのでしょうか。
----------------------------------------------
ラディアス郡山の渡辺と申します。
この度はお問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます。
お車を中古でご購入されて、傷や水アカなどが気になるということでございますね。
ブラックは、美しい反面汚れや傷が目立ちやすく、お手入れが大変というところが
ありますね。
塗装の状態にもよりますが、よほど大きなダメージを負ってしまっていなければ
かなり良い状態まで復活させることは可能です。
コーティング前の下地処理塗装によって、塗装についてしまった傷や汚れなどを
でき得る限り取り除き、表面を整えて塗装本来の状態にしてから、ガラスの保護被膜を
形成するのがガラスコーティングです。
ワックスやポリマーなどと比較して耐久性にすぐれ、美観を長期的に維持できるという
メリットがあります。
コーティングをしたら何もしなくてもボディをきれいに保てるということはありませんが
コーティング施工後は、セオリーにしたがった正しい洗車を継続されれば、美しさを長く
楽しむことができます。
車のガラスコーティング ラディアス郡山


高圧洗浄機の使用について

福島県二本松市にお住まいのW様より
コーティング後の洗車について
メールでご質問を頂戴しました。
--------------------------------------------------—
こんばんは。
洗車にケルヒャーの高圧洗浄機の使用はどうでしょうか?
使って良い場合は、注意点を教えて下さい。
--------------------------------------------------—
ラディアス郡山の渡辺です。
洗車の際高圧洗浄機の使用は、まったく問題ありません。
予備洗浄やすすぎなどには、とても重宝すると思います。
ただ高圧洗浄機は、たとえどんなに圧力があっても除去できるのは
表面の大きめの泥や埃などに限定され、塗装に悪い影響を与える
汚染物質までは洗い落とせません。
したがって、洗車の手順としましては、高圧洗浄機を使って予備洗浄を
行った後、ご説明させていただきましたようにシャンプーを使用して
柔らかいマイクロファイバークロスで優しくこすってしっかり洗い落とすことが
必要になります。
高圧洗浄機は、あくまで補助的なものとお考えいただいた方がよろしいと思います。
洗車の手順
1. 高圧洗浄機による予備洗浄
2. シャンプーを使ったマイクロファイバークロスでしっかり手洗い
3. 充分なすすぎ
4. メンテナンスリキッド(少量で可)を使用した拭きとり
ということになります。
この際、水やシャンプーを絶対に乾かさないことが重要です。
もし乾いてしまったらもう一度乾いた面を洗い直して下さい。
セオリーにしたがった洗車で、長く美しさをお楽しみいただきたい願っております。
ご不明な点などございましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。
車のガラスコーティング ラディアス郡山