スタイリッシュ4ドアクーペ、アウディA5スポーツバックのボディーガラスコーティング。

アウディ A5スポーツバック(アイスシルバー)

福島県西白河郡 W様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県西白河郡よりお越しのW様の アウディ A5スポーツバック が仕上がりました。

アウディA5スポーツバック(アイスシルバー)正面左

アウディA5スポーツバック(アイスシルバー)右前方

アウディA5スポーツバック(アイスシルバー)ボンネット

アウディA5スポーツバック(アイスシルバー)右クォーター

アウディA5スポーツバック(アイスシルバー)左フェンダー

アウディA5スポーツバック(アイスシルバー)リア左

アウディA5スポーツバックは、クーペの美しさに快適性と実用性を兼ね備えた贅沢な車ですね。4ドアでありながら低くワイドに構えたスタイルに流れるようなルーフラインは、本当に美しいと思います。何よりアウディらしい優雅さというか品の良さは素晴らしいですね。

このスタイリッシュなアウディA5スポーツバック。ラディアスの「リボルト・プロ」でもっともっと美しく致しましょう。
こちらのA5は新車でご入庫いただきましたが、塗装は相変わらずハイレベルな仕上がりです。肌もきれいですし、ムラの見えやすいシルバー系のカラーでありながら、しっかりと塗られていてまったく問題がありません。
また、ボディーをすっぽりと覆ってしまうアウディ独自の新車時の保護カバーが効果を発揮してか、シミや小傷も少なめです。

しかし、ラディアスが目指すのは、新車以上の新車です。どんなに状態の良い新車であっても塗装にベストマッチの下地処理を行ってからコーティング被膜を形成致しますと、車は驚くほどの変貌を遂げるのです。
「新車に下地処理はいらない」などと言っているショップもあるようですが、それではそれなりのコーティングににしかなりません。いつも申しておりますように、ガラスコーティングのクオリティは、下地処理で決まるからです。

塗装の特性はメーカーによって違います。同じ欧州車でもBMWにはBMWの塗装に合った下地処理が必要ですし、アウディにはアウディの塗装に合った下地処理の仕方があります。それを正しく理解した上で最適な下地処理を行うことによって、塗装の持つ本当の美しさを最大限に引き出すことができるのです。

こちらのアウディもオーナーW様も「納車の時とは全然違う」と何度もおっしゃられたように、パネルの陰影がクッキリとし、造形も鮮やかに浮かび上がる最高に美しい仕上がりとなりました。

お伝えさせていただきましたお手入れを継続していただければ、この美しさを長期間に渡ってお楽しみいただくことができます。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


これがホントのギャラクシーブルーシリカ。スバル エクシーガのガラスコーティング。

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)

福島県石川郡 A様

ガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県石川郡よりお越しのA様のスバル エクシーガが仕上がりました。

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)左全体

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)ボンネット右より

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)ボンネット上

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)左正面

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)リア右

スバル エクシーガ(ギャラクシーブルーシリカ)右斜め前

こちらのエクシーガのA様は、弊社で施工いただきましたI様からのご紹介でご入庫くださいました。
A様は、車に精通したI様に全幅の信頼を寄せておられ、そのI様が「コーティングならラディアス」と太鼓判を押していたということに加え、弊社で施工されたI様の全てのお車を実際にご覧になり、仕上がりの美しさと汚れを寄せ付けないコーティング効果に納得されたことで「間違いない」とご自分のエクシーガをおまかせいただくこととなりました。

お車は、納車から1年半ほど経過していましたが、スバル特有の柔らかめの塗装ということもあり、スクラッチ傷や洗車傷が多めで猫のツメ跡も付いてしまっておりました。また、ルーフには水シミもできており、くすんで本来の状態にはありませんでした。

ここは腕の見せ所です。無闇に塗装を削るような荒い研磨ではなく、スバルの塗装の特性に最適なマシーンとコンパウンドを工程ごとに使い分け優しく磨き上げます。
下地処理において傷やクレーターを深追いして塗膜を減らしては意味がありません。深めの傷は傷の角を丸めてぼかし、洗車傷などの浅い傷は、さっぱりと除去します。下地処理の目的は塗装の持つ本来の美しさを最大限に引き出すことにあることを忘れてはいけません。
繊細かつ慎重に下地処理を進めますと、エクシーガは明らかに変わり、すでに美しい光沢をたたえています。

塗装本来の色つやを取り戻したエクシーガに「リボルト・プロ」の硬化型ガラス被膜を定着させますと、さらに陰影もはっきりし複雑な形状のボンネットなどは、まさにヌメヌメといった仕上がりとなりました。

お引き渡しの際、オーナー様には「頼んで良かった」と本当にお喜びいただくことができました。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山


美しさとお手入れの容易さを実現。トヨタ エスティマの「リボルト・プロ」コーティング

トヨタ エスティマ(ホワイトパールクリスタルシャイン)

福島県郡山市 O様

ボディーガラスコーティング
リボルト・プロ
ホイールコーティング
窓ガラス撥水加工

福島県郡山市よりお越しのO様のトヨタ エスティマが仕上がりました。

トヨタ エスティマ(ホワイトパールクリスタルシャイン)右上

トヨタ エスティマ(ホワイトパールクリスタルシャイン)左サイド

トヨタ エスティマ(ホワイトパールクリスタルシャイン)ボンネット

トヨタ エスティマ(ホワイトパールクリスタルシャイン)左サイド後方

トヨタ エスティマ(ホワイトパールクリスタルシャイン)左クォーター

トヨタ エスティマ(ホワイトパールクリスタルシャイン)左上全体

3代目エスティマは、2006年の発売以来6年が経過していますが、その間の改良やマイナーチェンジによって完成度は相当上がっていますね。パワーアップしたエンジンやシーケンシャルシフトを採用したトランスミッションをはじめ、高級感が増したインテリアやフロントを中心に精悍な印象を与える外観も魅力的です。

オーナーのO様は、フルモデルチェンジを待っておられたそうですが、延期となってしまい購入したいタイミングと合わないということで、5月のマイナーチェンジ後にご購入されました。
考えようでは、モデルチェンジ直後よりも末期のモデルの方が、あらゆる点で改善が加えられ品質が安定してしていますから安心して乗ることができますね。

さて、こちらのエスティマのカラーは、トヨタが誇るホワイトパールクリスタルシャイン(070)です。ホワイトパールクリスタルシャインは、定評のあるトヨタの塗装の中でも特に素晴らしいカラーで、色むらの無いきめ細かなパールの粒子の美しさには、本当に目を見張るものがあります。お手入れもしやすいこのカラーは、洗車に手間がかかりやすいミニバン系のお車には特にお勧めで、私がトヨタのミニバンを買うとしたら間違いなくこのカラーを選びます。

「リボルト・プロ」は、塗装面にしっかりとした下地処理を行って、塗装そのものの美しさを引き出してから硬化型のガラス被膜を形成しますから、トヨタの高品質な塗装は、いっそう透明感と膜厚感が増して非常に美しい仕上がりとなります。
もう一つ「リボルト・プロ」の大きな特徴として上げられるのが、お手入れの簡単さです。
汚れは塗装面に形成された硬いガラス被膜の上に乗るため、塗装に固着しにくくなり落としやすくなって洗車の際の労力と時間の短縮に大きく寄与します。
つまり「リボルト・プロ」は美しさとお手入れの簡単さを高次元で兼ね備えたガラスコーティングということが言えます。

お引き渡しの際、オーナー様には大変お喜びいただくことができましたが、セオリーにしたがった洗車を継続されれば、3年後、5年後の美しさが全然違いますよ。

この度はご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

車のガラスコーティング ラディアス郡山