胸が高鳴るエキゾーストノート。アバルト595のガラスコーティング

アバルト 595( ビアンコガーラ )

福島県 郡山市 U 様

ガラスコーティング リボルト・プロ
窓ガラス撥水加工
ホイールコーティング

 

アバルト595 正面左

アバルト595 前方右

アバルト595 左側面前方

アバルト595 ボンネット左

アバルト595 ボンネット右

アバルト595 右側面

アバルト595 左フェンダー

アバルト595 右側面後方

アバルト595 左側面後方

アバルト595 正面右

リボルト郡山の渡辺淳一です。

フィアット500をベースにハイチューンを施したアバルト595。ご入庫いただいた際、その力強く官能的なエキゾーストノートには痺れました。自分もいつかこういったクルマでエンジンサウンドに浸りながらドライブしてみたいです。

今回のアバルト595は新車です。オーナー様には納車日がお分かりになり次第すぐにご予約をいただいておりましたので、比較的早めにお預かりさせていただくことができました。リボルト・プロを施工すると、汚れが固着しにくくなり、付いてしまった汚れも洗車で簡単に落とせるようになるのはもちろんですが、独自の下地処理技術によって塗装そのものが持つ美しさを最大限に引き出しますので、何より艶、輝きが格段に良くなります。

新車の塗装には多少なりとも特有のくもりがあり、本来の美しさは適切な下地処理によってのみはじめて十分に引き出すことができます。よりハイレベルな仕上がりをご提供させていただくためには、一般的にはきれいな新車といえど下地処理は必須です。

こちらのアバルト595も、ボディカラーのビアンコガーラにマッチした技法で塗装面を最高のコンディションに引き上げ、リボルト・プロ被膜を形成いたしております。

今後は当店からお渡ししましたシャンプーとメンテナンスリキッドをお使いになり、セオリー通りの洗車を継続することで、長い期間に渡って美しい状態を維持していただけると思います。

この度は誠にありがとうございました。

 


自己修復型塗装のお車にもぜひコーティングを!

 

リボルト郡山の渡辺淳一です。

今回は自己修復型塗装のお車の施工についてです。

自己修復の特性を持つ塗装は、塗装の最表面のクリア層に柔軟性と弾力を持たせてあり、通常の塗装にくらべて日常使用で生じてしまう浅めの傷がつきにくくなっています。また、ついてしまってもある程度の浅めの傷なら、時間の経過とともに塗膜が変形し復元するという性質があります。

ただ、実際生じてしまった傷についてはイメージしているほど消えて元どおりにはならないというのが率直な感想です。今まで当店で施工させていただいた自己修復型の塗装のお車を振り返ってみても、ほぼ全て例外なく浅めの小傷は見られましたし、そこまで絶対的なものではないと思います。

本来の美しい状態を引き出し維持するためには、自己修復型の塗装だからといって過信せずに、小傷などを適切な下地処理によって除去し、コーティング被膜を定着させるのが必須です。

ここ数年、自己修復型の塗装は増えてきていますが、一般的に多く行われている従来型のコンパウンドや磨き方では、自己修復型塗装には適さなくなってきています。

そのため、自己修復型塗装の特性をしっかり踏まえた下地処理が求められます。

トヨタ クラウンアスリート ボンネット

トヨタ クラウンアスリート ルーフ

リボルトグループでは独自の下地処理技術の確立により、自己修復型の塗装であっても、その特性に合わせてコンパウンド、バフ、ポリッシャーを組み合わせ、塗装面をベストコンディションに整えコーティングいたします。

日産のスクラッチシールドやトヨタのセルフリストアリングコートなど、自己修復型の塗装(耐すり傷向上塗料)のお車もぜひお任せ下さいませ。